電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 12件中 1~12件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CCS 2017-11-10
13:30
大阪 大阪大学 [依頼講演]少数サンプル環境下における小脳の運動学習
徳田 功立命館大)・ホアン フー川人光男ATR
小脳は運動学習において重要な役割を担っていることが知られている。現実世界における学習対象は極めて大きな自由度を持っている... [more] CCS2017-30
pp.49-53
NC, NLP
(併催)
2017-01-27
10:00
福岡 北九州学術研究都市 産学連携センター 視標運動追跡課題遂行中の皮質電流を用いた時系列信号の再構成
森重健一富山県立大/ATR)・廣江総雄佐藤雅昭川人光男ATR
 [more] NC2016-55
pp.43-48
MBE, BioX
(共催)
2014-09-12
17:00
長野 信州大学 [ポスター講演]円滑性追跡眼球運動中のEEGを用いた眼電流と皮質電流の同時推定法の開発
桐林芳成森重健一富山県立大)・小川剛史佐藤雅昭川人光男ATR
本研究では,円滑性追跡眼球運動を行っているときのEEGデータから,眼電流とそれを実現する皮質電流を同時に推定し、両者を分... [more] BioX2014-22 MBE2014-45
pp.63-68
NC, MBE
(併催)
2014-03-17
15:00
東京 玉川大学 認知機能を変化させるための結合ニューロフィードバックトレーニング
山下 歩京大)・川人光男今水 寛ATR
本研究は,functional Magnetic Resonance Imaging(fMRI)による結合ニューロフィー... [more] NC2013-126
pp.215-220
ICD 2012-03-26
13:00
大阪 大阪大学銀杏会館 [招待講演]脳神経科学とブレインマシンインタフェース
川人光男ATR
ブレインマシン・インタフェース(BMI)は、脳が持っている感覚情報処理、中枢の意志決定、運動制御などの機能について、コン... [more] ICD2011-148
pp.19-24
NC, MBE
(併催)
2010-03-09
18:05
東京 玉川大学 歩行・姿勢リハビリテーションのための空電ハイブリッド式外骨格ロボットの提案
玄 相昊森本 淳ATR)・城垣内 剛アクティブリンク)・森 悦宏モリ工業)・水井晴次三極)・川人光男ATR
高齢者の運動支援や脊髄損傷,脳卒中患者の歩行・姿勢調節機能の再建およびリハビリテーションを目的とした新しい外骨格ロボット... [more] NC2009-115
pp.161-166
NC, NLP
(共催)
2008-06-27
10:55
沖縄 琉球大学 複数のノイズ源と大脳皮質の同時電流推定によるMEGアーチファクト除去
森重健一富山県立大)・川脇 大吉岡 琢佐藤雅昭川人光男ATR
心拍や眼球運動,筋活動に起因する磁場は脳活動を反映した磁場に比べて極めて大きく,本来計測したい脳活動の信号を歪めてしまう... [more] NC2008-19
pp.41-46
MBE, NC
(併催)
2007-12-22
16:35
愛知 名古屋大学 回避行動の再利用メカニズムを備えた強化学習のための関数近似器修正手法と多関節ロボットへの応用
山口明彦奈良先端大/ATR)・杉本徳和ATR)・川人光男ATR/奈良先端大
強化学習などの学習手法をロボットの運動学習に適用する際に問題となる学習コスト(転倒によるダメージなど)を軽減する一手法と... [more] NC2007-86
pp.87-92
NC 2006-10-11
11:25
奈良 奈良先端大 fMRI/MEG 統合解析による心的な視標運動追跡に関わる皮質電流源の推定
川脇 大柴田智広奈良先端大)・藤原祐介ATR/奈良先端大)・山下宙人佐藤雅昭川人光男ATR
我々は運動する視標を心的に追跡する際の神経機構を調査するために,二人の被験者を対象にMEG実験を行った.そして,計測した... [more] NC2006-48
pp.19-24
NC 2005-10-17
- 2005-10-18
京都 ATR 登上線維入力が小脳プルキンエ細胞の活動に与える影響
小林悠一奈良先端大)・川人光男ATR)・河野憲二京大)・小林 康阪大
 [more] NC2005-39
pp.13-17
NC 2005-10-17
- 2005-10-18
京都 ATR A method for removal of eye movement artifacts from MEG -- Simultaneous current source estimation of eyes and cortical activities from MEG and EOG data --
Yusuke FujiwaraNAIST/ATR)・Masa-aki SatoOkito YamashitaTaku YoshiokaATR)・Dai KawawakiTomohiro ShibataNAIST/ATR)・Kenji DoyaOIST/ATR/NAIST)・Keisuke ToyamaShimadzu)・Mitsuo KawatoNAIST/ATR
 [more] NC2005-53
pp.43-48
NC 2005-10-17
- 2005-10-18
京都 ATR マルチエージェント環境における共通なシンボルの生成
杉本徳和ATR/奈良先端大)・銅谷賢治ATR/奈良先端大/沖縄科技大)・川人光男ATR/奈良先端大
 [more] NC2005-44
pp.45-50
 12件中 1~12件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会