お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LSJ
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2017-09-01
10:25
北海道 北海道大学 コヒーレント通信用フォトニック結晶部品の開発
川上彰二郎川嶋貴之千葉貴史居城俊和フォトニックラティス)・津田裕之慶大)・高橋 浩上智大OCS2017-30
積層形フォトニック結晶は基板上のパタン設計と積層条件の選択によって波長板,レンズ,偏波分離プリズムなどの機能を実現できる... [more] OCS2017-30
pp.39-44
OPE, LQE, CPM, EMD, R
(共催)
2013-08-30
15:15
北海道 サンリフレ函館 電磁波ビームの解析解とその物理的意味について
川上彰二郎仙台応用情報学研究振興財団R2013-59 EMD2013-65 CPM2013-84 OPE2013-88 LQE2013-58
 [more] R2013-59 EMD2013-65 CPM2013-84 OPE2013-88 LQE2013-58
pp.153-157
OCS 2013-07-25
17:45
東京 すみだ産業会館(東京) ストークス空間での多値化技術と大容量コヒーレント光伝送への応用
菊池和朗東大)・川上彰二郎フォトニックラティスOCS2013-28
光信号のストークスベクトルは,光の絶対位相に依存せず,$x$および$y$偏波間の位相差と振幅比で決定される。したがって,... [more] OCS2013-28
pp.49-54
LQE, CPM, EMD, OPE
(共催)
2008-08-28
10:35
宮城 東北大学 フォトニック結晶偏光素子と2次元偏光計測の応用
佐藤 尚川嶋貴之井上喜彦フォトニックラティス)・千葉貴史仙台応用情報学研究振興財団)・川上彰二郎フォトニックラティスEMD2008-32 CPM2008-47 OPE2008-62 LQE2008-31
自己クローニング型フォトニック結晶では、軸方向の異なる偏光子や波長板をモノリシック集積することが容易である。それらを受光... [more] EMD2008-32 CPM2008-47 OPE2008-62 LQE2008-31
pp.1-4
OPE, OME
(共催)
2006-11-15
15:45
東京 機械振興会館 自己クローニング型フォトニック結晶の波長フィルターへの応用
大寺康夫東北大)・井上喜彦フォトニックラティス)・三浦健太群馬大)・川上彰二郎フォトニックラティス
波板状誘電体多層膜構造である自己クローニング型フォトニック結晶の、波長フ
ィルターへの応用について述べる。前半ではシミ... [more]
OME2006-105 OPE2006-120
pp.35-40
ICD, SIP, IE, IPSJ-SLDM
(共催)
2006-10-27
15:25
宮城 宮城県・作並温泉・一の坊 パターン化偏光子を用いた偏光イメージングデバイスの開発と応用
太田晋一宮城県産技総合センター)・川嶋貴之井上喜彦本間 洋佐藤 尚フォトニックラティス)・川上彰二郎フォトニックラティス/仙台応用情報学研究振興財団)・長嶋 聖青木孝文東北大
CCDの1画素毎に透過偏光方向の異なる偏光子アレイを配置し、空間の偏光情報と輝度情報を同時に取得できる偏光イメージングカ... [more] SIP2006-115 ICD2006-141 IE2006-93
pp.85-90
CPM 2006-09-15
13:00
東京 機械振興会館 フォトニック結晶素子と光情報の記録,撮像,表示への応用
佐藤 尚フォトニックラティス)・小形哲也リコー)・川嶋貴之井上喜彦フォトニックラティス)・川上彰二郎フォトニックラティス/仙台応用情報学研究振興財団
フォトニック結晶とは,人工的に形成した微細な周期構造体からなる新しい光学材料である.自己クローニング法は生産性・再現性の... [more] CPM2006-79
pp.1-5
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会