お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN 2018-01-23
09:30
愛知 愛知県産業労働センター15F 愛知県立大学サテライトキャンパス 準天頂衛星システムを巨大災害発生急性期の救命情報に貢献させるためのダブル・ユース戦略
嶋津恵子毎田定弘産技大)・玉越大資首都大東京)・菅田徹也東大)・真壁健二首都大東京)・鈴木晴樹法政大IN2017-77
 [more] IN2017-77
p.43
ICTSSL 2016-06-15
10:25
宮城 東北大学 災害時アドホック通信の種類と特徴の整理
玉越大資首都大東京)・伊藤夏青横浜国大)・菅田徹也東大)・中嶋大智東京農工大)・岩崎愛樹神奈川大)・真壁健二首都大東京)・嶋津恵子産技大ICTSSL2016-11
巨大災害発生直後から72時間くらいまでの間,重篤な被災地では日常利用するブロードバンド回線が断絶状態になる.その結果,重... [more] ICTSSL2016-11
pp.57-61
SWIM 2014-11-29
14:15
東京 東京工芸大学 モデル駆動型データベース設計のケーススタディ ~ RERモデルの実用実験 ~
嶋津恵子慶大SWIM2014-21
 [more] SWIM2014-21
pp.41-45
SWIM 2014-11-29
14:40
東京 東京工芸大学 巨大災害超急性期用救命情報共有システムデザイン案
嶋津恵子慶大SWIM2014-22
 [more] SWIM2014-22
pp.47-51
CS, NS, IN
(併催)
2014-09-11
16:05
宮城 東北大学 電気通信研究所 2号館 [特別招待講演]巨大災害救命情報共有のためのハイパーMETHANEレポーティングシステム:デザイン構想
嶋津恵子JAXANS2014-88 IN2014-58 CS2014-46
 [more] NS2014-88 IN2014-58 CS2014-46
pp.55-60(NS), pp.57-62(IN), pp.33-38(CS)
SANE 2014-06-20
15:35
茨城 JAXA 筑波宇宙センター 準天頂衛星を通信基盤とした災害急性期救命支援システムのデザイン構想 ~ NATO開発METHANEレポーティングの国際対応版への拡張 ~
嶋津恵子JAXASANE2014-38
 [more] SANE2014-38
pp.85-90
MBE 2012-07-13
15:20
岡山 岡山大学 外来患者の病院内行動記録撮り実験の報告 ~ 実験概要と集計着手 ~
池田樹実彦慶大)・小野江 綾大成建設)・嶋津恵子慶大MBE2012-27
 [more] MBE2012-27
pp.21-24
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会