電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN, NS, RCS, SR, RCC
(併催)
2018-07-13
10:20
北海道 函館アリーナ 39GHz帯を用いた無線アクセスバックホール統合伝送の屋外伝送実験
岩渕匡史坪井 淳岸山祥久NTTドコモ)・Tingjian TianGuangmei RenLiang Guファーウェイ)・崔 洋高田輝文華為技術日本
2020年の商用サービス開始に向けて,第5世代移動通信システム(5G)の研究開発が加速している.2017年12月には3G... [more] RCS2018-117
pp.177-182
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
15:05
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク 39GHz帯を用いた長距離大容量伝送に関する5G屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Tingjian TianGuangjian WangLiang Gu高田輝文崔 洋華為技術日本
2020年の商用サービス開始に向けて,第5世代移動通信システム(5G)の研究開発が加速している.さらに今後は2020年以... [more] RCS2017-387
pp.375-380
RCS, SR, SRW
(併催)
2017-03-03
09:50
東京 東京工業大学 TDD下りリンクにおける大規模マルチユーザMassive MIMOの屋外伝送実験評価
齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Lei LuBojie LiWenliang LiangLiang Guファーウェイ・テクノロジーズ)・崔 洋鹿島 毅ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン
現在,第5世代移動通信システム(5G)の実現に向けた研究開発が活発化しており,特に超多素子アンテナを活用するMassiv... [more] RCS2016-323
pp.187-192
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
11:40
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 4.5GHz帯におけるMassive MIMOの特性に関する屋外伝送実験評価
齋藤祐也ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・王 新侯 暁林蒋 恵玲ドコモ北京研)・Lei LuBojie LiWenliang LiangLiang Guファーウェイ・テクノロジーズ)・崔 洋鹿島 毅ファーウェイ・テクノロジーズ・ジャパン
著者らはこれまでに,第5世代移動通信システム(5G)の実現に向け,eMBBおよびIoTを柔軟にサポートすることを目的とし... [more] IT2016-50 SIP2016-88 RCS2016-240
pp.25-30
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
14:20
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 5G無線アクセスにおける高信頼・低遅延通信に関する屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Guangmei RenTingjian TianLiang Gu崔 洋鹿島 毅ファーウェイ
様々な無線アプリケーションを収容するため,5G無線アクセスではモバイルブロードバンドの高度化に加え,多端末接続性や低遅延... [more] IT2016-59 SIP2016-97 RCS2016-249
pp.75-80
IT, SIP, RCS
(共催)
2017-01-19
14:55
大阪 大阪市立大学(杉本キャンパス) 5Gにおいて多様なアプリケーションを収容するMixed numerologyの周波数領域多重に関する屋外伝送実験
岩渕匡史ベンジャブール アナス岸山祥久NTTドコモ)・Dan WuTingjian TianLiang Gu崔 洋鹿島 毅ファーウェイ
5G無線アクセスでは,モバイルブロードバンドの高度化だけでなく多端末接続性や低遅延高信頼性もサポートし,様々なアプリケー... [more] IT2016-68 SIP2016-106 RCS2016-258
pp.129-134
WBS, IT, ISEC
(共催)
2009-03-10
15:15
北海道 公立はこだて未来大学(函館) LDPC符号を用いたMcEliece署名方式 ~ 実用性と安全性に関する評価 ~
山川茂紀中大)・崔 洋萩原 学古原和邦産総研/中大)・今井秀樹中大/産総研
現在広く使われているRSA暗号やElGamal暗号といった公開鍵暗号は,将来的に量子計算機の攻撃に耐えられなくなると考え... [more] IT2008-126 ISEC2008-184 WBS2008-139
pp.537-543
ISEC, IPSJ-CSEC, SITE
(共催)
2005-07-22
10:45
岩手 岩手県立大学 IDベース暗号の安全性定義とそれらの関係
楊 鵬花岡悟一郎崔 洋張 鋭Nuttapong Attrapadung松浦幹太今井秀樹東大
 [more] ISEC2005-46
pp.25-32
IT 2005-05-27
14:10
海外 Hawaii大学 Efficient Strong Multiple Encryption from Relaxed Conditions
Yang CuiKazukuni KobaraHideki ImaiUniv. of Tokyo
Security of communication systems could be enhanced by multi... [more] IT2005-30
pp.47-51
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会