お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年6月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HWS, VLD
(共催) [詳細]
2020-03-06
13:00
沖縄 沖縄県青年会館 順序回路への故障注入に起因した不均一な頻度分布を持つ誤り出力を用いた故障利用解析
岡本拓実藤本大介奈良先端大)・崎山一男李 陽電通大)・林 優一奈良先端大VLD2019-128 HWS2019-101
暗号モジュールに対する故障利用解析は、故障注入とそれに伴い生ずる誤り出力の解析からなる。故障注入法としてクロックグリッチ... [more] VLD2019-128 HWS2019-101
pp.197-201
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
11:30
沖縄 沖縄県青年会館 LEDの個体識別における温度変化の影響
土屋彩夏藤 聡子李 陽崎山一男菅原 健電通大ICSS2019-72
大量生産された製品が持つ個体差を用いて,各個体を識別する技術が研究されている.照明から電子機器のインジケータに至るまで,... [more] ICSS2019-72
pp.25-29
ISEC 2019-05-17
11:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Analysis of Mixed PUF-TRNG Circuit Based on SR-Latches in FD-SOI Technology (from DSD 2018)
Jean-Luc DangerTelecom ParisTech)・○Risa YashiroUEC)・Tarik GrabaYves MathieuAbdelmalek Si-MerabetTelecom ParisTech)・Kazuo SakiyamaUEC)・Noriyuki MiuraMakoto NagataKobe University)・Sylvain GuilleySecure-ICISEC2019-3
本講演では、2018年8月29日から31日にチェコ共和国プラハで開催されたDSD 2018において発表されたJean-L... [more] ISEC2019-3
p.5
HWS 2018-04-13
15:25
福岡 九州大学医学部 百年講堂 基板電流センサと電源瞬断回路を利用した小面積レーザーフォールト注入攻撃対策
松田航平神戸大)・藤井達哉庄司奈津菅原 健崎山一男電通大)・林 優一奈良先端大)・永田 真三浦典之神戸大HWS2018-8
本稿では暗号コアに対するレーザーフォールト注入攻撃に対する小面積対策手法を提案する. 攻撃の検知については基板上に分散... [more] HWS2018-8
pp.41-44
HWS
(第二種研究会)
2018-03-03
14:45
沖縄 沖縄県青年会館 レーザーフォールト攻撃対策である電源遮断回路実装時のサイドチャネル耐性評価
郡 義弘藤本大介林 優一奈良先端大)・三浦典之永田 真神戸大)・崎山一男電通大
(事前公開アブストラクト) レーザーを用いた故障注入攻撃への対策手法として、暗号モジュールへのレーザー照射を検知すると回... [more]
HWS
(第二種研究会)
2017-06-13
09:50
青森 弘前大学 誤り暗号文を使わないAESへの故障利用攻撃
庄司奈津松村竜我菅原 健崎山一男電通大
(事前公開アブストラクト) 今日までAES暗号に対する故障差分攻撃が広く研究されてきた. しかし, デバイスにビットフリ... [more]
HWS
(第二種研究会)
2017-06-13
10:15
青森 弘前大学 ダイオードレーザーを用いた光によるサイドチャネル認証
松村竜我庄司奈津菅原 健崎山一男電通大
(事前公開アブストラクト) 認証を行う際, 攻撃者が正規の認証距離から延伸して位置の偽装を行うリレー攻撃が問題になってい... [more]
HWS
(第二種研究会)
2017-06-13
11:40
青森 弘前大学 Row Hammerに関する基礎実験
辰巳恵里奈菅原 健崎山一男電通大
(事前公開アブストラクト) DRAMの特定の行にアクセスが繰り返されると,アクセスしていないにも関わらず,隣接した行でビ... [more]
ICSS, ISEC, SITE, EMM
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2014-07-03
10:15
北海道 サン・リフレ函館 サイドチャネル認証に向けた基礎的考察
松原有沙李 陽電通大)・林 優一東北大)・崎山一男電通大ISEC2014-10 SITE2014-5 ICSS2014-14 EMM2014-10
近年電子マネーや入退出管理などの場面で,近距離無線通信を利用した認証技術が広く普及している.
しかし攻撃者が,認証者と... [more]
ISEC2014-10 SITE2014-5 ICSS2014-14 EMM2014-10
pp.1-8
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2013-07-18
14:50
北海道 札幌コンベンションセンター Arbiter PUFのFPGA実装における評価手法と脆弱性
町田卓謙中曽根俊貴崎山一男電通大ISEC2013-18 SITE2013-13 ICSS2013-23 EMM2013-20
Physical Unclonable Function~(PUF)のハードウェア実装として回路の信号遅延差を利用するA... [more] ISEC2013-18 SITE2013-13 ICSS2013-23 EMM2013-20
pp.53-58
ISEC 2011-12-14
13:40
東京 機械振興会館 [招待講演]マスク対策AESに対する誤り暗号文を用いた故障感度解析 ~ CHES2011での発表のレビュー ~
李 陽太田和夫崎山一男電通大ISEC2011-66
 [more] ISEC2011-66
p.25
ISEC, LOIS
(共催)
2011-11-15
09:25
大阪 大阪電気通信大学 クロック間衝突を用いた楕円曲線暗号実装に対する故障感度解析
阪本 光李 陽太田和夫崎山一男電通大ISEC2011-49 LOIS2011-43
本稿では,クロック間衝突(Clockwise Collision)を用いた新たなフォールト解析攻撃手法を提案する. 一般... [more] ISEC2011-49 LOIS2011-43
pp.101-108
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
09:25
大阪 大阪大学 Triviumに対するセットアップタイミング違反にもとづく新しい故障差分攻撃
李 奇五味澤重友岩本 貢太田和夫崎山一男電通大IT2010-118 ISEC2010-122 WBS2010-97
本論文はストリーム暗号であるTrivium に対してセットアップタイム違反に基づく新しい故障差分解析(DFA)を報告する... [more] IT2010-118 ISEC2010-122 WBS2010-97
pp.333-339
ISEC 2010-09-10
16:35
東京 機械振興会館 回転操作が可能な視覚復号型秘密分散法の一般的構成法
岩本 貢李 陽崎山一男太田和夫電通大ISEC2010-49
本稿では,シェアを回転して重ね合わせることで複数の秘密画像を復号可能な視覚復号型秘密分散法について考える.本方式はDro... [more] ISEC2010-49
pp.67-74
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-04
13:25
長野 信州大学長野(工学)キャンパス [招待講演]強識別不可能性理論とSHA-3プロジェクト ~ ハッシュ関数設計のための理論研究と実装研究の現状 ~
太田和夫王 磊崎山一男電通大IT2009-96 ISEC2009-104 WBS2009-75
ハッシュ関数の証明可能安全性を議論するとき,理論的には強識別不可能性が重要である.一方,米国標準技術局(NIST)が20... [more] IT2009-96 ISEC2009-104 WBS2009-75
pp.159-166
ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC
(連催) [詳細]
2009-07-03
11:35
秋田 秋田大学 ゼロ知識性の完全化による'On the Fly'認証方式の効率化
サントソ バグス産総研)・太田和夫崎山一男電通大)・花岡悟一郎産総研ISEC2009-30 SITE2009-22 ICSS2009-44
 [more] ISEC2009-30 SITE2009-22 ICSS2009-44
pp.161-168
ISEC 2009-05-22
11:35
東京 機械振興会館 A Novel Construction Method for Visual Secret Sharing Schemes Allowing Rotation of Shares
Yang LiMitsugu IwamotoKazuo OhtaKazuo SakiyamaUniv. of Electro-Comm.ISEC2009-5
2006年に岩本らは復号に回転操作を用いる視覚復号型秘密分散法(VSS scheme) を提案した.しかしながら,彼らの... [more] ISEC2009-5
pp.29-36
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会