お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 171件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
11:15
ONLINE オンライン開催 高周波数帯超広帯域伝送による100 Gbps実現に向けた6G無線アクセス技術の一検討
須山 聡奥山達樹岸山祥久野中信秀浅井孝浩NTTドコモRCS2020-146
第6世代移動通信システム(6G)では,5Gで導入された28 GHz帯に代表されるミリ波帯を活用しつつ,さらに高い周波数帯... [more] RCS2020-146
pp.66-71
NS, RCS
(併催)
2020-12-18
13:25
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]6G時代に向けた高周波数帯分散アンテナシステムの検討について
内田大誠岩国辰彦北 直樹鬼沢 武NTT)・岸山祥久須山 聡永田 聡浅井孝浩ドコモNS2020-101 RCS2020-148
ビッグデータやAI普及にともなうサイバーフィジカル融合が進んでいる.XRデータやホログラフィ伝送などのデータ自体の大容量... [more] NS2020-101 RCS2020-148
pp.73-78
SRW 2020-08-25
14:40
ONLINE オンライン開催 [招待講演]5G Evolution & 6Gに向けたドコモの展望と取り組み
須山 聡岸山祥久浅井孝浩NTTドコモSRW2020-24
日本では,3.7 GHz帯,4.5 GHz帯,28 GHz帯を用いる5Gの商用サービスが2020年3月から開始された.2... [more] SRW2020-24
p.71
SAT, RCS
(併催)
2020-08-20
14:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]6Gに向けた移動通信のカバレッジ拡張 ~ 空・海・宇宙へ ~
岸山祥久NTTドコモSAT2020-17 RCS2020-81
 [more] SAT2020-17 RCS2020-81
p.43(SAT), p.19(RCS)
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-09
13:25
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた到来方向推定における精度向上に関する検討
加瀬裕也佐藤孝憲西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・来山大祐岸山祥久NTTドコモRCC2020-5 NS2020-34 RCS2020-68 SR2020-13 SeMI2020-5
種々のアレーアンテナを用いた電波の到来方向推定技術は,MUSICやESPRITなどの部分空間法,EMやSAGEなどの確率... [more] RCC2020-5 NS2020-34 RCS2020-68 SR2020-13 SeMI2020-5
pp.19-24(RCC), pp.19-24(NS), pp.61-66(RCS), pp.25-30(SR), pp.13-18(SeMI)
RCS 2020-06-24
15:20
ONLINE オンライン開催 TDDシステムにおけるインターリーバに紐づけされた受信ビームフォーミングを用いるIDMAに基づくランダムアクセス
村上陽太郎東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2020-28
本稿では,IDMA (interleave division multiple access)に基づくランダムアクセスに... [more] RCS2020-28
pp.31-36
RCS 2020-06-24
15:45
ONLINE オンライン開催 インターリーバ紐づけ型受信ビームフォーミングと送信チャネル等化を組み合わせたIDMAに基づくランダムアクセス
室城勇人東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2020-29
本稿では,インターリーバ分割多元接続(IDMA: interleave division multiple access... [more] RCS2020-29
pp.37-42
NS 2020-04-17
10:20
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]A Reliable Cooperative Operation Platform based on Mobile Edge Computing
Qinghao LiuTakafumi MoritaUTokyo)・Yoshihisa KishiyamaKensuke MiyachiTakahiro AsaiNTT Docomo, INC.)・Ping DuAkihiro NakaoUTokyoNS2020-5
 [more] NS2020-5
pp.43-49
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
12:35
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
[技術展示]5G Evolutionと6Gを見据えたドコモの取り組み
奥山達樹来山大祐野中信秀須山 聡岸山祥久奥村幸彦浅井孝浩NTTドコモRCS2019-330 SR2019-114 SRW2019-60
第5世代移動通信システム(5G)は世界中において商用サービスが開始されており,日本でも今年の春に商用サービスがいよいよ開... [more] RCS2019-330 SR2019-114 SRW2019-60
p.55(RCS), p.7(SR), p.7(SRW)
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
13:15
東京 東京工業大学
(開催中止,技報発行あり)
[依頼講演]5Gの高度化と6G
岸山祥久中村武宏NTTドコモRCS2019-357
 [more] RCS2019-357
pp.201-206
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-24
10:20
広島 広島市青少年センター 低符号化率のターボ符号を適用したFaster-than-Nyquistを用いるOFDMのブロック誤り率特性
菖蒲谷 翼佐和橋 衛東京都市大)・樋口健一東京理科大)・岸山祥久NTTドコモIT2019-62 SIP2019-75 RCS2019-292
 [more] IT2019-62 SIP2019-75 RCS2019-292
pp.149-154
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
13:55
大阪 I-Siteなんば(大阪) 深層学習を用いた近接波の到来方向推定の検討
加瀬裕也西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・来山大祐岸山祥久NTTドコモRCC2019-39 NS2019-75 RCS2019-132 SR2019-51 SeMI2019-48
電波の到来方向推定は,移動通信におけるユーザの位置推定や各種レーダに応用される技術である.MUSICやESPRITといっ... [more] RCC2019-39 NS2019-75 RCS2019-132 SR2019-51 SeMI2019-48
pp.133-138(RCC), pp.159-164(NS), pp.155-160(RCS), pp.165-170(SR), pp.147-152(SeMI)
OCS, PN, NS
(併催)
2019-06-21
14:10
岩手 MALIOS(盛岡) 5GとMECを活用した協調運転システムの提案
リュウ ケイコウ東大)・岸山祥久NTTドコモ)・佐々木健吾中尾彰宏東大NS2019-41
近年、MEC(モバイル/マルチアクセス·エッジコンピューティング)を活用する超低遅延制御の研究が多く行われている。筆者ら... [more] NS2019-41
pp.35-40
RCS 2019-06-19
09:30
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル フルデュープレクスにおけるスロット単位のシンボル繰り返しを用いる物理チャネル多重法の特性
吉田和樹佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-37
フルデュープレクス(FD: Full Duplex)は,従来のハーフデュープレクス(HD: Half Duplex) F... [more] RCS2019-37
pp.1-6
RCS 2019-06-19
09:40
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル Faster-than-Nyquistを用いるOFDMにおける時間分割参照信号多重を用いたときのブロック誤り率特性
菖蒲谷 翼阿南光隆佐和橋 衛東京都市大)・岸山祥久NTTドコモRCS2019-38
本稿では,Faster-than-Nyquist (FTN) を用いる直交周波数分割多重(OFDM: Orthogona... [more] RCS2019-38
pp.7-12
RCS 2019-06-20
09:40
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル MIMOチャネルのヌル空間を用いたMIMO-OFDM信号の低演算量型PAPR抑圧法におけるピークキャンセラ信号構成法の検討
鈴木 拓鈴木幹人東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-64
筆者らの提案するMIMO (multiple-input multiple-output)チャネルのヌル空間を活用したM... [more] RCS2019-64
pp.161-167
RCS 2019-06-20
09:50
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 多段判定型早期再送を用いた低遅延ハイブリッドARQ法
谷山顕太郎東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-65
本稿では,筆者らが先に提案したチャネル復号前情報を用いた低遅延ハイブリッド自動再送要求(HARQ:hybrid auto... [more] RCS2019-65
pp.169-174
RCS 2019-06-20
10:00
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 重畳符号化を用いた早期再送に基づく低遅延ハイブリッドARQ法
三浦子嘉東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-66
本稿では,筆者らが先に報告したチャネル復号前情報を用いた早期再送に基づく低遅延ハイブリッド自動再送要求(HARQ:hyb... [more] RCS2019-66
pp.175-180
RCS 2019-06-20
10:10
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル IDMAを用いたランダムアクセスのユーザ検出とチャネル推定を考慮した特性評価
冨澤大毅東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-67
本稿では,第5世代移動通信システムにおいて非常に高い同時接続性を有するマシン型通信(mMTC: massive mach... [more] RCS2019-67
pp.181-187
RCS 2019-06-20
10:20
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル IDMAを用いたランダムアクセスに適した送信電力制御の一検討
宮田 翼東京理科大)・岸山祥久NTTドコモ)・樋口健一東京理科大RCS2019-68
本稿では,第5世代移動通信システムにおいて非常に高い同時接続性を有するマシン型通信(mMTC: massive mach... [more] RCS2019-68
pp.189-195
 171件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会