電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 43件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CQ, ICM, NS, NV
(併催)
2018-11-16
14:35
石川 金沢工業大学 扇が丘キャンパス ネットワーク図のモデル化とエディタの試作 ~ より円滑なネットワークインフラの構築と運用に向けて ~
中島徳雅鈴木彦文小形真平岡野浩三信州大
 [more]
KBSE, SC
(共催)
2018-11-10
14:00
  神戸大学 瀧川記念学術交流会館 多人数教育におけるUMLステートマシン図評価支援手法の提案
小形真平香山瑞恵岡野浩三信州大
 [more]
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2018-07-18
11:55
北海道 北海道・帯広市 とかちプラザ 視聴覚室/大集会室 STAMP/STPAの鉄道踏切「とりこ検知」例題に対するモデル検査適用と考察
楊 盼辛島 凛岡野浩三小形真平信州大
 [more] SS2018-6 KBSE2018-16
pp.31-36
KBSE 2018-05-25
13:30
東京 機械振興会館 洗練パターンの適用履歴に基づくゴール間の類似度算出手法
石川公一小形真平岡野浩三信州大)・鷲崎弘宜早大
再利用すべき既存ソフトウェア部品を派生開発の初期段階から見極めるために, ドキュメント上の要求間の類似を適切に捉えること... [more] KBSE2018-3
pp.7-11
SS 2018-03-06
11:30
沖縄 南大東島 STAMP/STPA単線列車例題に対する時間オートマトンモデル検査の適用と考察
岡野浩三小形真平楊 盼信州大)・岡本圭史仙台高専
近年情報システムの大規模化複雑化にともない,情報システムの事故原因解明や
事故そのものの事前防止策に注目があつまってい... [more]
SS2017-64
pp.1-6
KBSE 2018-03-01
17:00
沖縄 石垣市民会館 中ホール 自然語解析技術を用いた和文要求仕様の解析と音声によるレビュー支援法
岡野浩三高橋一真仲 悠介小形真平信州大)・関澤俊弦日大
ソフトウェア開発の要求仕様書は自然言語で記述されていることが多く,
曖昧さや矛盾を含んでいる可能性がある.そのため,テ... [more]
KBSE2017-52
pp.79-84
KBSE 2018-03-02
09:30
沖縄 石垣市民会館 中ホール 画面遷移モデリングとWebレイアウト設計の協業支援ツールの試作 ~ Front-End Frameworkを用いたWebsite Builderの併用 ~
岩堀航平・○小形真平岡野浩三信州大
本稿では,Webアプリケーション開発において,機能設計を主担当とする開発者とUI (User Interface)の設計... [more] KBSE2017-53
pp.85-90
SS 2017-03-09
11:50
沖縄 てんぶす那覇 Javaのメソッド等価性判定とその応用
岡野浩三信州大)・原内 聡三菱電機)・小形真平信州大)・関澤俊弦日大)・小原岳士信州大
Java プログラムのクラスにおいてequals メソッドとhashCode メソッドをコード実装者が実装することが,し... [more] SS2016-65
pp.31-36
KBSE 2017-01-23
12:35
東京 機械振興会館 SMart-Learning: DSLベースのUMLステートマシン図学習支援ツールの拡張 ~ 複数インスタンスのシミュレーション ~
小形真平岡野浩三香山瑞恵信州大
われわれはこれまで,ステートマシン図教育支援を目的にDSL(Domain Specific Language)ベースのU... [more] KBSE2016-31
pp.1-6
KBSE 2016-11-03
15:15
長野 信州大学 長野(工学)キャンパス 日本語表現の違いに基づく要求記述改善のための辞書構築
滝沢陽三茨城高専)・小形真平岡野浩三信州大
顧客が要求について同じ意味内容をより相手に伝わりやすくするための記述改善に必要な辞書情報の構築手法および支援ツールについ... [more] KBSE2016-26
pp.13-18
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-13
10:20
北海道 北海道立道民活動センター シーケンス図のメーセージ順序の適正な修正手法
岡野浩三信州大)・原内 聡三菱電機)・田島洋介小形真平信州大
ソフトウェア開発において,品質を保証するための手法として設計の欠陥の検出,修正に関する多くの提案がされている.仕様設計の... [more] SS2016-2 KBSE2016-8
pp.7-12
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2016-07-13
15:10
北海道 北海道立道民活動センター SMart-Learning: DSLベースのUMLステートマシン図学習支援ツール
小形真平岡野浩三信州大
IoTシステムや組込みシステムの需要が高まり,ステートマシン図の学習の重要性は増している.ステートマシン図では,実際に生... [more] SS2016-5 KBSE2016-11
pp.49-54
SS 2016-03-11
14:15
沖縄 沖縄県立宮古青少年の家 一次元系における自己位置推定の振舞い検証に向けて
関澤俊弦日大)・岡野浩三信州大
組込みシステムが社会に広く普及するに伴い,その信頼性は重要となっている.モデル検査は信頼性保証技術の一つであり,様々なシ... [more] SS2015-100
pp.145-150
KBSE 2016-03-04
10:50
大分 由布市湯布院公民館 要求分析におけるユーザ操作記録によるユーザビリティ評価支援手法
後藤祐吾・○小形真平岡野浩三信州大
業務系Webアプリケーションではユーザビリティの内,ユーザエラー防止性と運用操作性が特に重要であり,これらを向上する手段... [more] KBSE2015-59
pp.63-68
KBSE 2016-03-04
18:30
大分 由布市湯布院公民館 画面遷移モデルと整合性を保つGUI設計支援手法
赤瀬智也小形真平岡野浩三信州大
業務系GUIアプリケーションでは,機能設計者が主体となって画面や入出力項目を決定するが,ユーザビリティを高めるためにはU... [more] KBSE2015-71
pp.131-136
KBSE 2015-09-25
11:15
大阪 大阪大学大学院情報科学研究科(吹田キャンパス) 画面遷移モデリングにおける関心事の分離法の検討 ~ 業務機能と使用性向上機能に着目して ~
小形真平紙森翔平信州大)・海谷治彦神奈川大)・岡野浩三信州大
モデル駆動開発による業務系Webアプリケーション開発の要求分析において,業務遂行に必須な機能(業務機能)と,運用操作性と... [more] KBSE2015-33
pp.33-38
KBSE, SS
(共催)
IPSJ-SE
(連催) [詳細]
2015-07-24
09:30
北海道 札幌市教育文化会館 UMLモデリング教育を支援するルールベースのクラス図採点支援ツール
宮島和音小形真平香山瑞恵岡野浩三信州大
UMLモデリング教育では,唯一の解がないモデルの採点とフィードバック作成に時間がかかる.本研究はクラス図を対象に,教師に... [more] SS2015-30 KBSE2015-23
pp.149-154
KBSE 2015-05-25
11:00
東京 機械振興会館 地下3階 B3-6会議室 画面遷移モデルに基づくシナリオ作成支援手法の検討
小形真平中村哲真岡野浩三信州大
要求仕様の妥当性確認を十分に行い,Model-Based Testing(MBT)手法に見られるように要求仕様から有効な... [more] KBSE2015-2
pp.7-12
SS 2015-05-12
09:15
熊本 熊本大学 再利用に基づく自動バグ修正における再利用候補の絞込に向けた調査
横山晴樹大田崇史堀田圭佑肥後芳樹阪大)・岡野浩三信州大)・楠本真二阪大
近年,自動的にバグ修正を行う手法として既存プログラム文の再利用に基づく手法が注目を集めている.
自動バグ修正は,ソース... [more]
SS2015-10
pp.47-52
SS 2015-03-09
13:50
沖縄 沖縄県青年会館 シーケンス図が持つメッセージ順序の曖昧性除去手法の提案
楠 野明岡野浩三楠本真二阪大
本稿は,仕様設計の段階で使用されるシーケンス図においてメッセージ順に関する欠陥を検出,および修正する手法を提案する.提案... [more] SS2014-62
pp.43-48
 43件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会