お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 9件中 1~9件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2019-01-22
13:20
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]眼底画像に基づくDONFL(Dissociated Optic Nerve Fiber Layer)の病変経過予測の可能性の検討
上井康平角所 考岡留 剛関西学院大)・福山 尚五味 文兵庫医科大病院MI2018-72
眼底の内境界膜剥離術後に一定頻度で発現するDONFL(Dissociated Optic Nerve Fiber Lay... [more] MI2018-72
pp.49-52
AI 2018-08-27
15:50
大阪 大阪大学吹田キャンパス 少数地点における観測データからの不連続性を考慮した物理量場のベイズ推定
太田真人岡留 剛関西学院大AI2018-23
センサーで点観測される物理量について,いずれも校正されていない低精度センサーと,それらよりも 少数の高精度センサーを... [more] AI2018-23
pp.55-60
IBISML 2017-11-09
13:00
東京 東京大学 Regression Method for Noisy Inputs based on Naradaya-Watson Estimator constructed from Noiseless Training Data
Ryo HanafusaTakeshi OkadomeKwansei Gakuin Univ.IBISML2017-46
 [more] IBISML2017-46
pp.85-92
DE 2013-06-22
15:39
東京 青山学院大学アスタジオ LDAを用いたTweets分析による社会的感情の推定
大村政博角所 考岡留 剛関西学院大DE2013-9
実世界での動向を「リアルタイム」に捉えることを目的として,
感情表現に関係した形容詞を含むtweetsを時間単位で区切... [more]
DE2013-9
pp.17-22
USN, MoNA
(併催)
2009-01-22
16:10
愛知 名古屋工業大学(講堂会議室) 高密度なセンサネットワークにおけるデータ収集のための階層的クラスタリング手法の提案
岸野泰恵櫻井保志亀井剛次柳沢 豊前川卓也岡留 剛NTTUSN2008-73
本稿では,高密度なセンサネットワークにおいて高速にデータを収集するためのネットワークトポロジ決定手法について述べる.提案... [more] USN2008-73
pp.65-70
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2008-07-18
10:20
東京 東京電機大学(東京) 振動波と加速度センサを用いた物体間の接触関係の取得手法
柳沢 豊前川卓也岸野泰恵亀井剛次櫻井保志岡留 剛NTT
本稿では,実世界中の2つの物体が接触しているかどうかを,小型の低周波の振動モータと加速度センサを用いて検出する方法につい... [more] USN2008-25
pp.81-86
USN, IPSJ-UBI
(共催)
2007-07-20
13:00
東京 東京電機大学(東京) センサネットワーク環境におけるモノ参加型Weblogの実現
前川卓也柳沢 豊岡留 剛NTTUSN2007-30
本稿では,センサネットワーク環境を前提としたモノ参加型Weblogの設計と実装について述べる.
まず,センサネットワー... [more]
USN2007-30
pp.47-52
USN 2007-05-24
16:00
東京 東京電機大学(東京) s-room: 実世界リアルタイムコンテンツ化 ~ モノとコトに関する情報の生成とそのコンテンツ化 ~
岡留 剛岸野泰恵前川卓也柳沢 豊櫻井保志NTTUSN2007-6
「情報化以前の存在」である実世界の多種多様なモノとデキゴトに対して,加速度センサや照度センサなどのセンサとセンサネットワ... [more] USN2007-6
pp.25-30
DE 2006-07-13
11:25
新潟 ホテル泉慶 ユビキタスコンピューティング環境におけるセンサデータを用いたモノの状態推定について
前川卓也柳沢 豊服部正嗣岡留 剛NTT
本稿では,モノにセンサノードを添付するだけで,添付されたモノが何であるか,そしてそのモノが現在どのような状態にあるかを推... [more] DE2006-67
pp.101-106
 9件中 1~9件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会