お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
10:50
ONLINE オンライン開催 [招待講演]鳥類の聴覚と発声
岡ノ谷一夫帝京大SP2022-1
鳴禽類は、求愛と縄張り防衛の機能を持つさえずり(歌)を聴覚フィードバックにもとづき学習する。鳴禽類の歌は精緻な音響構造を... [more] SP2022-1
pp.1-2
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
13:00
ONLINE オンライン開催 鳴禽類の大脳基底核には聴覚発声ニューロンが存在する
鈴木祐佳東大)・柳原 真岡ノ谷一夫帝京大SP2022-5
鳴禽類の歌学習では発声運動情報と聴覚情報を統合する必要がある。大脳基底核に投射する運動前野 には、歌をうたったときと自己... [more] SP2022-5
pp.14-17
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 系列群化がリズム知覚に及ぼす影響
仁田 純近藤聡太郎橘 亮輔東大)・岡ノ谷一夫帝京大SP2022-7
音系列のうち音色が異なるもの同士は群化されにくい。このことがリズムパターンの知覚精度にも影響を与えるだろうか。本研究はこ... [more] SP2022-7
pp.24-25
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-17
15:00
ONLINE オンライン開催 オクターブ類似性の生起条件:ラットを対象とした検証
輿石りせる東大)・岡ノ谷一夫帝京大SP2022-12
 [more] SP2022-12
pp.47-48
IPSJ-MUS, IPSJ-SLP
(共催)
SP
(連催) [詳細]
2022-06-18
15:00
ONLINE オンライン開催 [ポスター講演]拍の主観的な強さ:心理物理学的手法による定量の試み
近藤聡太郎東大)・岡ノ谷一夫帝京大/東大)・橘 亮輔東大SP2022-20
拍子は音楽構造の中核をなす。1つの強い拍と幾つかの弱い拍をひとまとめにすることで拍子は知覚される。この拍の強さは主観的な... [more] SP2022-20
pp.88-89
HIP, VRPSY
(共催)
ITE-HI, ASJ-H
(共催)
(連催) [詳細]
2022-02-27
17:30
ONLINE オンライン開催 社会報酬による鳴禽の発声条件づけ:第二報
橘 亮輔東京大)・池渕万季理研)・岡ノ谷一夫東京大/理研)・柳原 真帝京大HIP2021-64
 [more] HIP2021-64
pp.32-36
SP, WIT, ASJ-H
(共催)
IPSJ-SLP
(連催) [詳細]
2021-10-19
15:10
ONLINE オンライン開催 鳴禽を対象とした社会的報酬による発声オペラント条件づけ
橘 亮輔東大)・池渕万季理研)・岡ノ谷一夫東大/理研)・柳原 真帝京大
 [more] SP2021-35 WIT2021-28
pp.58-60
HCS, HIP
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2017-05-16
16:10
沖縄 沖縄産業支援センター 高齢者は交通渋滞場面で怒りの接近動機づけ(攻撃性)が高まる ~ 近赤外線分光法(NIRS)による検討 ~
中田龍三郎名大)・久保(川合) 南海子愛知淑徳大)・岡ノ谷一夫東大)・川合伸幸名大HCS2017-13 HIP2017-13
怒りを構成する要素である接近の動機づけが高まると、前頭部の脳活動に左優勢の不均衡状態が生じる。この不均衡状態は怒りの原因... [more] HCS2017-13 HIP2017-13
pp.107-111
TL 2014-08-12
15:30
東京 東京大学 駒場キャンパス 18号館ホール The learning of an A^2 B^2 artificial grammar by adults and children in a go/no-go paradigm
Shiro OjimaUniv. of Tokyo/Shiga Univ.)・Kazuo OkanoyaUniv. of TokyoTL2014-19
(事前公開アブストラクト) The learning of an artificial grammar has been... [more] TL2014-19
pp.43-48
SP, IPSJ-MUS
(連催)
2014-05-25
11:30
東京 日本大学文理学部キャンパス 百周年記念館 [研究紹介] Adaptive adjustment of local temporal structure in song of Bengalese finches
Ryosuke O. TachibanaNeal A. HesslerKazuo OkanoyaUniv. of TokyoSP2014-44
 [more] SP2014-44
pp.407-410
HIP, HCS
(共催)
HI-SIGCE
(連催) [詳細]
2013-05-30
14:00
沖縄 沖縄産業支援センター “あくびの伝染”に関する認知的・情動的共感機能の時間的遷移 ~ 事象関連電位を用いた検討 ~
久保賢太名大/JST)・岡ノ谷一夫東大/JST)・川合伸幸名大/JSTHCS2013-7 HIP2013-7
我々は,他者に対して無意識的に同調することがある。無意識的な表情やしぐさの伝染のほかに,あくびはその代表と考えられている... [more] HCS2013-7 HIP2013-7
pp.37-41
NC 2012-01-26
14:25
北海道 公立はこだて未来大学 リカレントネットワークによる複数のモダリティから成る感覚情報の統合 ~ 視聴覚に対する刺激の発生源特定問題 ~
山下 樹東大)・片平健太郎東大/JST)・五十嵐康彦東大)・岡ノ谷一夫JST/東大/理研)・岡田真人東大/理研NC2011-105
我々は,様々な感覚器官を用いることで周囲の状態を知覚している.我々の脳内では,どのようにして複数の感覚情報から周囲の情報... [more] NC2011-105
pp.47-52
NC 2011-10-20
13:10
福岡 九州大学大橋キャンパス 非線形パーセプトロンのためのノードパータベーション学習の統計力学
原 一之日大)・片平健太郎JST)・岡ノ谷一夫理研)・岡田真人東大NC2011-63
ノードパータベーション学習は確率的勾配法の一つであり,目的関数を定式化できない問題にも適用でき
る利点がある.我々は前... [more]
NC2011-63
pp.107-112
NC 2011-07-26
15:55
兵庫 神戸大学大学院工学研究科 マッチング行動を説明するベイズ的意思決定モデル
齋藤 大東大)・片平健太郎東大/理研/JST)・岡ノ谷一夫理研/JST)・岡田真人東大/理研/JSTNC2011-44
ヒトや動物の脳によって行われる意思決定プロセスが決定論的に行われているか, 確率論的に行われているかということは, 意思... [more] NC2011-44
pp.129-134
HIP, HCS
(共催)
2011-05-24
14:30
沖縄 沖縄産業支援センター 感情的な発話は発話者の感情を喚起する
野村光江JST)・岡ノ谷一夫JST/東大)・川合伸幸JST/名大
 [more]
NC, MBE
(併催)
2011-03-09
10:40
東京 玉川大学 マッチング則に従う意思決定の履歴依存性における指数フィルタ特性を説明するシナプス学習則
齋藤 大東大)・片平健太郎東大/理研/JST)・岡ノ谷一夫理研/JST)・岡田真人東大/理研/JSTNC2010-184
 [more] NC2010-184
pp.337-341
PRMU, HIP
(共催)
2010-06-24
17:20
青森 弘前大学文京町キャンパス 情動刺激に対する潜在的注意が眼球運動の方向に及ぼす影響
柏原考爾JST)・岡ノ谷一夫理研/JST)・川合伸幸名大/JSTPRMU2010-45 HIP2010-34
不随意性のマイクロサッカードは,空間的注意や認知課題等,人間の高次な脳機能と関連することが示唆されている.また,我々は,... [more] PRMU2010-45 HIP2010-34
pp.39-44
HIP, HCS
(共催)
2010-05-13
15:15
沖縄 沖縄産業支援センター 快・不快感を喚起する視覚刺激が眼球運動に及ぼす影響
柏原考爾JST-ERATO)・岡ノ谷一夫理研/JST-ERATO)・川合伸幸名大/JST-ERATOHCS2010-8 HIP2010-8
感情や情動の変化は,眼球運動と密接に関連する.また,不随意性のマイクロサッカードは,人間の高次な脳機能を反映する可能性が... [more] HCS2010-8 HIP2010-8
pp.41-46
HIP, HCS, MVE, WIT
(共催)
(第二種研究会)
2009-12-10
- 2009-12-12
北海道 札幌コンベンションセンター 顔刺激に対するネガティブ感情の想起が中枢及び末梢応答に及ぼす影響
柏原考爾JST)・岡ノ谷一夫理研/JST)・川合伸幸名大/JST
我々は,相手の表情から感情や情動の変化を推測することで,コミュニケーションを円滑にできる.しかし,日常生活の中で,顔に対... [more]
NC, NLP
(共催)
2009-07-14
13:00
奈良 奈良先端大 ノードパータベーション学習の統計力学
原 一之都立産技高専)・片平健太郎東大/理研/JST-ERATO)・岡ノ谷一夫理研/JST-ERATO)・岡田真人東大/理研/JST-ERATONLP2009-38 NC2009-31
ノードパータベーション学習は確率的勾配法の一つであり,目的関数を定式化できない問題にも適用できる利点がある.Werfel... [more] NLP2009-38 NC2009-31
pp.127-132
 25件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会