お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1~5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
09:55
北海道 北海道大学 FPGAを用いた処理のロボット向けコンポーネントと設計生産性評価
山科和史松本拓也大川 猛大津金光横田隆史宇都宮大PRMU2016-156 CNR2016-23
ロボットシステムの高機能化のために,複数かつ異なる種類のセンサから入力される大規模なデータを,短時間で処理することが求め... [more] PRMU2016-156 CNR2016-23
pp.23-28
CPSY, RECONF, VLD
(共催)
IPSJ-SLDM, IPSJ-ARC
(共催)
(連催) [詳細]
2017-01-24
16:15
神奈川 慶大日吉キャンパス [ショートペーパー]ニューラルネットワークのROS準拠FPGAコンポーネント化の初期検討
松本拓也山科和史大川 猛大津金光横田隆史宇都宮大VLD2016-89 CPSY2016-125 RECONF2016-70
自律移動ロボットに電力効率の高いFPGAによるニューラルネットワークを容易に搭載するために,ロボットシステム開発で標準的... [more] VLD2016-89 CPSY2016-125 RECONF2016-70
pp.133-134
RECONF 2016-09-05
13:10
富山 富山大学 FPGA処理をソフトウェアコンポーネント化する設計ツールcReCompの高機能化の検討
山科和史大川 猛大津金光横田隆史宇都宮大RECONF2016-24
我々は,開発コストの高いFPGAをロボットシステムへ容易に導入するために,ROS準拠FPGAコンポーネントを提案している... [more] RECONF2016-24
pp.1-6
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
2015-10-08
10:00
千葉 幕張メッセ ROS準拠FPGAコンポーネントを用いた遠隔制御ロボットカー
山科和史大川 猛宇都宮大)・佐野健太郎長洲航平田中大智東北大)・大津金光横田隆史宇都宮大CPSY2015-54
近年,ロボット技術の発展はめざましく高機能化が進んでいる。
なかでも、自律制御の必要な災害救助ロボットのようなロボット... [more]
CPSY2015-54
p.49
RECONF 2015-06-19
14:35
京都 京都大学 プログラマブルSoCを用いた画像処理ハードウェアのROS準拠コンポーネント化
山科和史大川 猛大津金光横田隆史宇都宮大RECONF2015-8
近年,ロボットには自律性が求められ,制御ソフトウェアは高度化・複雑化している.こうしたロボットはバッテリー駆動が望ましく... [more] RECONF2015-8
pp.41-46
 5件中 1~5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会