電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1〜7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL, CAS
(共催)
2018-01-25
14:00
東京 機械振興会館 個別の水平と垂直スケーリングファクタを持つ2変数のフラクタル補間曲面について
小澤和也山田裕之中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
本報告では個別の水平スケーリングファクタを与えるための基礎的な方法を検討する. また矩形の格子点上の2変数のフラクタル補... [more] CAS2017-116 ICTSSL2017-43
pp.39-42
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-27
15:15
東京 機械振興会館 2変数のフラクタル補間曲面とディープラーニングの応用について
小澤和也山田裕之中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
2変数のフラクタル補間曲面の個別の垂直スケーリングファクターの値を最適化できるディープラーニングの方法と、2変数のフラク... [more] CAS2016-111 ICTSSL2016-65
pp.165-166
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:50
東京 日立中央研究所 二変数のフラクタル補間曲面を用いた絵画イメージに対する遠近法的解析について
小澤和也山田裕之中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
本報告では、個別の垂直スケーリングファクターを持つ反復関数系(IFS)によって生成される二変数のフラクタル補間曲面(BF... [more] CAS2016-49 NLP2016-75
pp.61-64
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
16:15
東京 日立中央研究所 個別の垂直スケーリングファクターを持つ2変数のフラクタル補間曲面のFPGAへの実装について
山田裕之小澤和也植野翔太中野秀夫岡崎秀晃湘南工科大
本報告では、個別の垂直スケーリングファクターを持つ反復関数系(IFS)によって生成される二変数のフラクタル補間曲面(BF... [more] CAS2016-50 NLP2016-76
pp.65-69
AI 2013-11-29
11:00
福岡 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 即応的プレゼンテーションのためのPowerPointスライドオブジェクト操作機構の実現
山田裕之丹羽佑輔白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大
本研究では,発表時の状況や未知のコンテキストにも即応可能なプレゼンテーションのために,
スライドショー中でもPower... [more]
AI2013-29
pp.59-64
AI 2012-11-26
15:10
福岡 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 521教室 参加者の映像をスクリーンにオーバーレイするユーザ参加型サイネージシステムの試作
丹羽佑輔山田裕之白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大
 [more]
AI 2012-11-26
15:50
福岡 九州大学 伊都キャンパス ウエスト2号館 521教室 ユーザ参加型サイネージシステムのための仮想タッチ領域の試作
山田裕之丹羽佑輔白松 俊大囿忠親新谷虎松名工大
本研究では,ユーザの参加およびユーザ間のインタラクションを重視したサイネージシステムとして,ユーザ参加型サイネージシステ... [more] AI2012-19
pp.25-30
 7件中 1〜7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会