電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN 2011-04-21
14:00
香川 香川大学 VPN間接続環境におけるTwice NAT方式の一提案
小山高明山田英樹岸 寿春深見公彦北爪秀雄NTTIN2011-4
VPN間接続環境における,TwiceNAT1回によるネットワーク方式を提案する.スター型トポロジを持ったVPN間接続環境... [more] IN2011-4
pp.19-22
RECONF 2009-05-14
16:10
福井 福井大学文京キャンパス FPGAを用いた汎用生化学シミュレータにおけるハードウェアモジュール自動生成アルゴリズムの実機評価
大屋智範山田英樹石森智也柴田裕一郎長崎大)・長名保範成蹊大)・吉見真聡同志社大)・西川由理天野英晴舟橋 啓広井賀子慶大)・小栗 清長崎大RECONF2009-7
FPGAをベースとした再構成可能なコンピュータには、性能とハードウェアコスト
のトレードオフにおいて、これらの比重を変... [more]
RECONF2009-7
pp.37-42
RECONF 2008-09-25
14:30
岡山 岡山大学 FPGAを用いた生化学シミュレータにおける反応速度式の類似性に着目した演算パイプライン自動結合アルゴリズム
山田英樹石森智也柴田裕一郎長崎大)・長名保範吉見真聡西川由理天野英晴舟橋 啓慶大)・広井賀子EMBL-EBI)・小栗 清長崎大RECONF2008-26
 [more] RECONF2008-26
pp.21-26
IN 2008-07-18
10:00
兵庫 神戸大学 携帯電話の操作による家庭LAN間VPN接続のためのSIP信号方式の検討
山田英樹水野伸太郎春山敬宏水野 修NTTIN2008-31
AV情報家電を始めとするネットワーク対応機器が普及し,機器同士の連携の実現が進んでいる.これまでに,ネットワーク対応家電... [more] IN2008-31
pp.29-34
RECONF 2008-05-23
14:25
福島 会津大学 FPGAを用いた生化学シミュレータにおける入力ポート制約を考慮した演算パイプラインスケジューリング
石森智也山田英樹柴田裕一郎長崎大)・長名保範吉見真聡西川由理小嶋利紀天野英晴舟橋 啓慶大)・広井賀子EMBL-EBI)・小栗 清長崎大RECONF2008-20
 [more] RECONF2008-20
pp.113-118
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(共催)
CPSY, RECONF, IPSJ-ARC
(併催) [詳細]
2007-11-22
13:25
福岡 北九州国際会議場 高速アルゴリズムを適用したデータ駆動型確率モデル生化学シミュレータのFPGAへの実装と評価
吉見真聡西川由理小嶋利紀長名保範舟橋 啓慶大)・広井賀子EMBL-EBI)・柴田裕一郎山田英樹長崎大)・北野宏明JST)・天野英晴慶大RECONF2007-50
本研究報告では,確率モデル生化学シミュレーションアルゴリズムNext Reaction MethodをFPGAを用いて高... [more] RECONF2007-50
pp.43-48
RECONF 2007-09-21
14:00
滋賀 立命館大学びわこくさつキャンパス (滋賀) FPGAを用いたオンチップネットワーク型\\確率モデル生化学シミュレータの提案と評価
吉見真聡西川由理小嶋利紀長名保範舟橋 啓慶大)・広井賀子EMBL-EBI)・柴田裕一郎山田英樹長崎大)・北野宏明JST)・天野英晴慶大
(事前公開アブストラクト) 確率モデルによる生化学シミュレーションは離散的な反応系を厳密に取り扱うことができる一方,シミ... [more]
RECONF 2007-05-17
14:00
石川 金沢市文化ホール 生化学シミュレータReCSiPにおける反応速度式共有化
山田英樹岩永直樹柴田裕一郎長崎大)・長名保範吉見真聡岩岡 洋西川由理小嶋利紀天野英晴舟橋 啓慶大)・広井賀子EMBL-EBI)・北野宏明JST)・小栗 清長崎大RECONF2007-3
FPGAをベースとした生化学シミュレータで大きな系のシミュレーションを行う際には、ハードウェア量の削減を行うことが重要と... [more] RECONF2007-3
pp.13-18
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会