お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 18件中 1~18件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, NS
(併催)
2021-03-05
09:30
ONLINE オンライン開催 ICN網における複数暗号鍵を用いた名前暗号化によるプライバシー保護に関する一考察
長谷川 亨・○山田翔太小泉佑揮阪大IN2020-75
Information Centric Networking (ICN) は、データの名前を宛先として用いるアーキテクチ... [more] IN2020-75
pp.126-131
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2019-11-15
09:15
愛媛 愛媛県男女共同参画センター ハードウェア難読化のための難読化指標の予備的検討
山田翔太郎市川周一豊橋技科大CPSY2019-45
 [more] CPSY2019-45
pp.29-34
ISEC 2018-09-07
17:00
東京 機械振興会館 [招待講演]Constrained PRFs for NC1 in Traditional Groups (from CRYPTO 2018)
Nuttapong AttrapadungTakahiro MatsudaAIST)・Ryo NishimakiNTT)・Shota YamadaAIST)・○Takashi YamakawaNTTISEC2018-63
 [more] ISEC2018-63
p.61
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
15:00
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) [招待講演]追跡可能暗号とその周辺の話題に関して
山田翔太産総研IT2017-114 ISEC2017-102 WBS2017-95
 [more] IT2017-114 ISEC2017-102 WBS2017-95
p.67
ISEC 2017-05-12
16:30
東京 機械振興会館 [招待講演]非線形な分割技法によるコンパクトなIDベース暗号の提案
勝又秀一東大)・山田翔太産総研ISEC2017-11
 [more] ISEC2017-11
p.61
COMP, ISEC
(共催)
2016-12-22
12:30
広島 広島大学 東広島キャンパス 法人本部棟4階会議室 [招待講演]セミスムーズな部分群を持つRSA数の素因数分解困難性に基づく攻撃者依存損失落し戸関数
山川高志東大)・山田翔太花岡悟一郎産総研)・國廣 昇東大ISEC2016-83 COMP2016-44
 [more] ISEC2016-83 COMP2016-44
p.73
ISEC 2016-09-02
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]漸近的に公開鍵が短い格子に基づく適応的攻撃者に対して安全なIDベース暗号
山田翔太産総研ISEC2016-48
本研究では,格子に基づく適応的安全なIDベース暗号方式を二つ提案する.公開鍵長,暗号文長,秘密鍵長はそれぞれ,$tild... [more] ISEC2016-48
p.59
ISEC 2016-05-19
11:00
東京 機械振興会館 [招待講演]いくつかの述語暗号間の変換と属性ベース暗号への応用
アッタラパドゥン ナッタポン花岡悟一郎・○山田翔太産総研ISEC2016-3
述語暗号は,公開鍵暗号の一般化であり,決め細やかなアクセス制御を可能とする暗号技術である.述語暗号のクラスとしては,暗号... [more] ISEC2016-3
p.13
ISEC 2014-12-19
15:55
東京 機械振興会館 [招待講演]Self-bilinear Map on Unknown Order Groups from Indistinguishability Obfuscation and Its Applications
Takashi YamakawaUniv. of Tokyo)・Shota YamadaGoichiro HanaokaAIST)・Noboru KunihiroUniv. of TokyoISEC2014-73
 [more] ISEC2014-73
p.21
NS, CS, IN
(併催)
2010-09-02
14:45
宮城 東北大学 ユビキタスネットワーキング環境(uGrid)におけるスケーラブルなサービス提供の実現へ向けたルーチングプロトコルの拡張
中原健太菊田 洸山田翔太石井大介岡本 聡山中直明慶大NS2010-56
IPv6への移行によるユビキタス社会の実現が間近だとされる中, 様々なデバイスがIPアドレスを持ち, ネットワークに接続... [more] NS2010-56
pp.49-54
VLD 2010-03-11
10:00
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ビアプログラマブルデバイスVPEXのロジックアレイブロックと配線アーキテクチャの検討
山田翔太國生雄一西本智広吉田直之堀 遼平松本直樹北森達也立命館大)・吉川雅弥名城大)・藤野 毅立命館大VLD2009-107
我々はこれまでに,電子ビーム直接描画に適したビアプログラマブルデバイスVPEX (Via Programmable lo... [more] VLD2009-107
pp.49-54
VLD 2010-03-11
10:25
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ビアプログラマブルデバイスに最適な基本論理ゲートアーキテクチャの検討
堀 遼平國生雄一西本智広山田翔太吉田直之松本直樹藤野 毅立命館大)・吉川雅弥名城大VLD2009-108
マスクコスト等を含む初期開発費の増大しているシステムLSIの低コスト化のために,数層のマスクで論理をカスタマイズできるス... [more] VLD2009-108
pp.55-60
VLD 2010-03-11
10:50
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ビアプログラマブルデバイスVPEXの配線遅延評価
西本智広北森達也國生雄一山田翔太立命館大)・吉川雅弥名城大)・藤野 毅立命館大VLD2009-109
我々は,EXOR論理ゲートとインバータより構成される基本論理素子(LE)を用いた,ビアプログラマブルデバイスVPEXの研... [more] VLD2009-109
pp.61-66
PN 2010-03-08
10:00
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) 次世代広域イーサネットにおける大容量データ伝送に向けた複数経路探索手法の一検討
丸川純平山田翔太寺澤 緑清水 翔石井大介岡本 聡山中直明慶大PN2009-86
現在の広域イーサネットにおいては,VLANパスを確立する際に確保可能な帯域がリンク(波長)の帯域に制限されてしまう.
... [more]
PN2009-86
pp.1-6
PN 2010-03-08
16:15
沖縄 大濱信泉記念館(石垣島) [奨励講演]インテリジェントクラウドネットワークにおけるGMPLSを用いた並列伝送方式の検討
山田翔太丸川純平石井大介岡本 聡山中直明慶大PN2009-95
クラウドネットワークの登場により,データセンタ間における高速な通信が必要となっている.しかし従来のインターネットを介した... [more] PN2009-95
pp.51-56
PN 2009-08-18
15:15
秋田 駒ヶ岳観光ホテル 大容量データ転送アプリケーションの実現に向けたTCP over SCTPパラレルネットワーキングおよび並列経路選択手法の検討
山田翔太寺澤 緑清水 翔石井大介岡本 聡山中直明慶大PN2009-14
広帯域な伝送路を確保する手法の1つにパラレル転送があるが,各経路の遅延差が大きい場合にパケットの順序逆転が発生し,TCP... [more] PN2009-14
pp.19-24
VLD 2009-03-12
09:15
沖縄 沖縄県男女共同参画センター ビアプログラマブルデバイスVPEXのチップ評価とDES暗号回路実装の検討
川原崎正英西本智広國生雄一北村一真山田翔太立命館大)・吉川雅弥名城大)・藤野 毅立命館大VLD2008-139
我々は,複合EXOR論理ゲートとインバータにより構成される基本論理素子( LE: Logic element )を用いた... [more] VLD2008-139
pp.77-82
PN, NS
(併催)
2008-12-18
12:35
兵庫 神戸大学 GMPLSによる動的パス切り替えを利用した次世代P2Pネットワーク
金子三紀雄山田翔太山下洋史石井大介荒川 豊岡本 聡山中直明慶大PN2008-35
NGNなど次世代ネットワークアーキテクチャの急速な発展に伴い,困難であった
アプリケーションレイヤからの帯域制御が可能... [more]
PN2008-35
pp.17-22
 18件中 1~18件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会