電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SWIM, SC
(共催)
2020-08-21
13:35
ONLINE オンライン開催 技術経営成功失敗の考察 ~ 半導体産業の事例より ~
山田圀裕都立大)・片岡信弘インタプライズ研SWIM2020-2 SC2020-8
経営に製品の主要技術が重要な地位を占めることが多くなっている。そこで経営に製品の主要技術を重視することになり、そのような... [more] SWIM2020-2 SC2020-8
pp.9-14
SWIM 2020-02-21 東京 機械振興会館 技術経営成功失敗時の考察 ~ 半導体産業の事例より ~
山田圀裕首都大東京)・片岡信弘インタプライズ研
経営に技術事項を外せない事業が多く、このような経営を技術経営と呼ばれている。それは、技術の進歩が速くなったことおよびコン... [more]
ET 2012-09-29
15:05
岡山 岡山理科大学 簡易脳波計による学習状態の脳波の分析比較
吉田幸二坂本佑太湘南工科大)・宮地 功岡山理科大)・山田圀裕東海大ET2012-35
今までに遠隔教育やブレンディッド・ラーニングによるシステムを開発してきた.そこで,これまでは人間の状態を簡易に測定できる... [more] ET2012-35
pp.37-42
SWIM 2012-05-26
15:25
東京 機械振興会館 投擲貼付き型デバイスによる電波ブラインド領域における情報通信
結城 修静岡大)・山田圀裕東海大)・水野忠則愛知工大)・峰野博史西垣正勝静岡大SWIM2012-5
近年,災害やアクシデント時の情報通信が重要視されている.従来の災害時の無線による通信方法は,マルチホップによるメッシュ型... [more] SWIM2012-5
pp.27-33
SWIM 2012-05-26
15:55
東京 機械振興会館 スマート・エージェント・ロボットによる電波ブラインド領域における情報通信
結城 修静岡大)・山田圀裕東海大)・水野忠則愛知工大)・峰野博史西垣正勝静岡大SWIM2012-6
近年,災害やアクシデント時の情報通信が重要視されている.災害時の無線による通信方法は,マルチホップによるメッシュ型などが... [more] SWIM2012-6
pp.35-40
SWIM 2012-05-26
16:25
東京 機械振興会館 電波の方向制御のための移動デバイスによる電波ブラインド領域における情報通信
結城 修静岡大)・山田圀裕東海大)・水野忠則愛知工大)・峰野博史西垣正勝静岡大SWIM2012-7
近年,災害やアクシデント時の情報通信が重要視されている.従来の災害時の無線による通信方法は,マルチホップによるメッシュ型... [more] SWIM2012-7
pp.41-48
ET 2010-10-30
15:45
岡山 岡山理科大学 Javaによるゲームプログラム作成のための遠隔教育支援システム
吉田幸二坂本佑太湘南工科大)・宮地 功岡山理科大)・山田圀裕東海大)・藤井 諭松江高専ET2010-48
 [more] ET2010-48
pp.37-41
PRMU, IE, MI
(共催)
2009-05-28
10:00
岐阜 岐阜大 論理フィルタを使った超解像度化の改良
小島正典阪工大)・山田圀裕東海大IE2009-10 PRMU2009-1 MI2009-1
超解像度化をMAX・MIN・MEDなど論理フィルタで実行する方法を改良した。写真などの拡大に適用して標本点の挿入する際の... [more] IE2009-10 PRMU2009-1 MI2009-1
pp.1-4
ITE-ME, ITE-AIT, ITE-BCT, IE
(共催)
2008-11-28
09:50
長崎 長崎大学 論理フィルタを使った超解像度化の一方法
小島正典阪工大)・山田圀裕東海大IE2008-90
超解像度化をMAX・MIN・MEDなど論理フィルタで実行する方法を提案した。写真などの拡大に適用して標本点の挿入と鮮鋭度... [more] IE2008-90
pp.13-18
ET 2005-03-05
12:40
徳島 徳島大学工学部 リテラシ授業におけるアニメーションを用いた理解支援と構築分類の試み
阿久津智則仲田和宏倉敷芸術科学大)・山田圀裕ルネサスソリューションズ)・藤井 諭松江高専)・吉田幸二倉敷芸術科学大
 [more] ET2004-122
pp.119-124
ET 2004-10-16
11:05
岡山 倉敷芸術科学大学 Flashアニメーションを用いたコンピュータリテラシ授業の問題理解支援の試み
阿久津智則仲田和宏倉敷芸術科学大)・山田圀裕ルネサスソリューションズ)・中村俊一郎日本工大)・宮地 功岡山理科大)・吉田幸二倉敷芸術科学大
 [more] ET2004-41
pp.27-32
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会