お知らせ 6月18日(火)18:00~23:00 システムメンテナンスのため学会の全てのサーバが停止いたします.
くわしくはこちらをごらんください.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 5件中 1〜5件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SR 2019-01-25
16:40
福島 コラッセふくしま(福島県福島市) 広く適用可能な周波数利用のモデル化に関する検討
山田健斗梅林健太東京農工大
周波数利用に関する統計情報を用いることで,ダイナミックスペクトラムアクセス(DSA) の性能向上を図ることができる.本検... [more] SR2018-119
pp.141-147
SR 2018-05-25
10:00
東京 東京ビッグサイト(ワイヤレステクノロジー・パーク(WTP)2018会場内) [技術展示]スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用観測システムプロトタイプの開発 ~ 周波数利用率の予測 ~
岩田大輝梅林健太佐藤 遼山田健斗大川航平笠原芳樹東京農工大)・Janne Lehtomakiオウル大)・Miguel Lopez-Benitezリヴァプール大
Smart spectrum access (SSA) は, 周波数利用率などの周波数利用に関する統計情報を活用すること... [more] SR2018-17
pp.99-106
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-02
10:50
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク スマートスペクトラムアクセスのための周波数利用率のモデル化に関する検討
山田健斗梅林健太東京農工大)・Janne LehtomakiShashika Manosha Kapuruhamy Badalgeオウル大
スマートスペクトラムアクセスでは,周波数利用に関する統計情報を用いることでより高度な周波数共用を実現することが可能である... [more] SR2017-133
pp.109-116
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
14:35
北海道 北海道大学 英語多肢選択問題解答時の視線に基づく確信度推定
山田健斗大社綾乃藤好宏樹星加健介Olivier Augereau黄瀬浩一阪府大
英語学習において,復習は重要な学習プロセスである.
十分な復習を行うためには,間違えた問題だけでなく,解答が正解である... [more]
PRMU2016-192 CNR2016-59
pp.199-204
IT, ISEC, WBS
(共催)
2016-03-10
15:05
東京 電気通信大学 半量子鍵配送プロトコルの鍵レートの改善
山田健斗松本隆太郎東工大
盗聴者に対して情報理論的安全性を持つ秘密鍵共有法として半量子鍵配送プロトコル(SQKD)が知られており,その特徴として受... [more] IT2015-121 ISEC2015-80 WBS2015-104
pp.125-130
 5件中 1〜5件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会