お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ASN
(第二種研究会)
2018-11-29
14:50
海外 ハノイ工科大学、ベトナム [ポスター講演]RSSIの時間変動を考慮した機械学習による屋内位置推定の検討
山本直人中垣内和樹阪工大)・J.M. Corchadoサラマンカ大)・大島一能阪工大
(事前公開アブストラクト) The location fingerprinting method using RSSI ... [more]
LOIS 2016-03-03
10:00
沖縄 宮古島市中央公民館 Bluetoothを用いた非侵襲的な歩行者センシング
山本直人伊藤昌毅東大)・石塚宏紀KDDI研)・丸山祐造瀬崎 薫東大LOIS2015-65
都市の人流情報は,様々な都市機能の重要な指標であるため,都市の広域な人流センシング手法が望まれている.本論文では,近接無... [more] LOIS2015-65
pp.13-18
NS 2014-10-17
10:45
島根 松江テルサ OpenFlowとPBBを用いた異なるサービスNWの重畳手法
上谷 玄梶本尚子NTT西日本)・山本直人NTTNS2014-125
現在,通信事業者においては,複数のサービスのために複数の独立したネットワーク設備を構築しており,設備・運用コストの増大へ... [more] NS2014-125
pp.119-123
NS 2014-01-24
09:00
沖縄 琉球大学 動的な経路制御におけるOpenFlowとTRILLの比較評価
山本直人梶本尚子石井倫太郎相原 剛NTT西日本NS2013-170
現在,通信事業者においては,ネットワーク設備におけるユーザ収容効率を高め,設備増設の頻度を低減することが課題となっている... [more] NS2013-170
pp.41-45
MRIS, ITE-MMS
(連催)
2013-12-12
13:30
愛媛 愛媛大学 並列分散ファイルシステムGluster FSによるHDDデータ転送の高速化
山本直人村岡裕明東北大
 [more]
IN 2010-06-04
11:40
秋田 秋田アトリオン DNSSEC本格運用に向けた検討と課題
岡本賢一郎山本直人久保 太浦賀雅博NTT西日本IN2010-21
DNSSEC はDNS 通信の完全性を保証する機能であり,1999 年にRFC として標準化された.そして,2008年に... [more] IN2010-21
pp.57-61
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会