お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LQE, OPE, OCS
(共催)
2016-10-28
13:00
宮崎 宮崎市民プラザ(宮崎) 波面整合法設計PLC型2モード合分波器の試作結果と広帯域化理由に関する考察
田口恵梨山下陽子牧野俊太郎藤澤 剛北大)・半澤信智坂本泰志松井 隆辻川恭三中島和秀山本文彦NTT)・齊藤晋聖北大OCS2016-51 OPE2016-92 LQE2016-67
3次元スカラ有限要素ビーム伝搬法に基づく波面整合法を用いて,非対称方向性結合器を用いた平面光波回路型LP01 / LP1... [more] OCS2016-51 OPE2016-92 LQE2016-67
pp.91-96
OFT 2015-12-11
17:05
東京 電気通信大学 数モードファイバの接続点における縮退・非縮退モードのモード間クロストークの変動
長谷川(漆原) 梓森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司山本文彦中島和秀NTTOFT2015-54
(事前公開アブストラクト) モード多重伝送ではファイバ伝送路中や伝送ファイバと合分波器、増幅器との間に接続点が生じるが、... [more] OFT2015-54
pp.45-50
OPE, LQE, OCS
(共催)
2015-10-30
14:50
大分 別府国際コンベンションセンター 3次元スカラ有限要素ビーム伝搬法に基づく波面整合法による低損失・広帯域PLC型2モード合分波器に関する検討
山下陽子牧野俊太郎藤澤 剛齊藤晋聖北大)・半澤信智坂本泰志松井 隆辻川恭三山本文彦NTTOCS2015-66 OPE2015-116 LQE2015-85
3次元スカラ有限要素ビーム伝搬法に基づく波面整合法を用いて,平面光波回路型2モード合分波器の高性能化を検討している.非対... [more] OCS2015-66 OPE2015-116 LQE2015-85
pp.127-132
OFT, OCS
(併催)
2015-08-27
16:40
北海道 小樽経済センター モード多重伝送におけるチャネル間信号品質差補償の検討
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司山本文彦中島和秀NTTOCS2015-33
モード多重(MDM)伝送技術は,従来の光ファイバ伝送の容量限界を打破する技術として注目されている.MDM伝送において,モ... [more] OCS2015-33
pp.13-18
OFT, PEM
(併催)
2015-05-22
09:45
石川 金沢勤労者プラザ L帯マルチモード光増幅器におけるモード間利得差低減に向けた検討
和田雅樹坂本泰志青笹真一森 崇嘉山本貴司山本文彦NTTOFT2015-9
現在、光ファイバ通信の大容量化に向けたモード多重伝送が注目を集めており、長距離伝送を行う上では伝送路にて発生する損失を補... [more] OFT2015-9
pp.41-44
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-20
08:30
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) 高空間利用効率と低MIMO処理負荷を両立する結合型マルチコアファイバ設計
坂本泰志森 崇嘉和田雅樹山本貴司山本文彦NTTOCS2014-114 OPE2014-220
(事前公開アブストラクト) 高空間多重密度及び低MIMO処理負荷を両立するための結合型数モードマルチコアファイバ設計を提... [more] OCS2014-114 OPE2014-220
pp.65-70(OCS), pp.99-104(OPE)
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2015-02-20
13:00
鹿児島 宝山ホール(鹿児島) モード多重伝送における伝送ファイバ中のモード間クロストークとモード依存損失の影響
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司山本文彦NTTOFT2014-76 OPE2014-228
(事前公開アブストラクト) 近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,光ファイバ中の複数の伝搬モードを伝送チャネルとして利... [more] OFT2014-76 OPE2014-228
pp.103-108(OFT), pp.143-148(OPE)
OFT 2015-01-23
10:45
宮崎 宮崎グリーンホテル 空孔ファイバの空孔界面に起因する伝搬損失に関する検討
青笹真一辻川恭三半澤信智野添紗希山本文彦NTTOFT2014-54
これまでに我々は数モードの空孔型光ファイバ(HAFとPCF)の空孔表面由来の損失(不純物吸収、表面凹凸による散乱)を計算... [more] OFT2014-54
pp.47-52
OFT 2015-01-23
11:10
宮崎 宮崎グリーンホテル 結合型マルチコアファイバを用いたMIMO伝送システムにおけるコア間群遅延差特性及び伝送特性の評価
坂本泰志森 崇嘉和田雅樹山本貴司松井 隆中島和秀山本文彦NTTOFT2014-55
(事前公開アブストラクト) 本稿では、マルチコアファイバのコア間群遅延差特性について計算及び実験的に評価を行い、結合型マ... [more] OFT2014-55
pp.53-58
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-11-14
11:35
広島 NHK広島放送局 光ファイバのファイバヒューズ伝搬のモードフィールド直径依存性に関する検討
半澤信智NTT)・黒河賢二北見工大)・辻川恭三山本文彦NTTOFT2014-43
(事前公開アブストラクト) 光ファイバにおけるファイバヒューズ伝搬について、伝搬閾値やファイバヒューズが伝搬した後の光フ... [more] OFT2014-43
pp.71-74
OFT 2014-10-24
09:10
兵庫 三宮コンベンションセンター Few-modeファイバの高次モードにおける損失要因分析
野添紗希半澤信智辻川恭三山本文彦NTTOFT2014-31
Few-modeファイバ(FMF)がモード多重伝送用光ファイバとして使用されている.FMFでは,高次モードの曲げ損失の設... [more] OFT2014-31
pp.45-49
OCS, OFT
(併催)
2014-08-29
14:50
北海道 釧路ロイヤルイン C+L帯2LPモード光増幅器におけるモード依存利得調整の検討
和田雅樹坂本泰志森 崇嘉山本貴司山本文彦NTTOCS2014-40
現在、光ファイバ通信の大容量化に向けたモード多重伝送が注目を集めており、長距離伝送を行う上では各伝搬モード毎に損失を補償... [more] OCS2014-40
pp.47-52
OCS, OFT
(併催)
2014-08-29
15:15
北海道 釧路ロイヤルイン 伝搬モード数拡大に向けたモード多重伝送用低DMD数モードファイバ設計技術
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司山本文彦NTTOFT2014-22
モード多重伝送技術は従来の光ファイバ伝送の容量限界を打破する技術として注目されている.伝送において生じるモード間クロスト... [more] OFT2014-22
pp.31-36
OFT 2014-05-29
16:40
山形 山形大学(米沢) Few-mode光ファイバにおけるレイリー散乱損失のモード依存性に関する検討
半澤信智辻川恭三野添紗希馬 麟山本文彦NTTOFT2014-7
(事前公開アブストラクト) 近年,Few-mode光ファイバを用いたモード多重伝送の研究が検討されている.Few-mod... [more] OFT2014-7
pp.31-36
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-27
17:05
沖縄 ネストホテル 那覇 [招待講演]導波路型マルチモード光増幅器における長周期グレーティングを用いた利得調整の検討
和田雅樹坂本泰志森 崇嘉山本貴志山本文彦NTTOCS2013-106 OFT2013-63 OPE2013-213
近年、光ファイバ通信の大容量化に向けて、光ファイバ中の高次モードを利用したモード多重伝送(MDM)が注目を集めている。モ... [more] OCS2013-106 OFT2013-63 OPE2013-213
pp.29-32(OCS), pp.47-50(OFT), pp.47-50(OPE)
OPE
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2014-02-28
16:50
沖縄 ネストホテル 那覇 125μmクラッド径の空孔アシスト6コアファイバ
坂本泰志NTT)・齊藤晋聖北大)・半澤信智辻川恭三馬 麟NTT)・小柴正則北大)・山本文彦NTTOCS2013-119 OPE2013-231
大容量通信を実現する高密度空間多重伝送システム用の光ファイバとして、クラッド外径が125 umのマルチコアファイバを提案... [more] OCS2013-119 OPE2013-231
pp.101-106(OCS), pp.141-146(OPE)
ITE-BCT, IEE-CMN
(連催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2013-11-22
11:15
新潟 長岡技術科学大学 B-OTDRを用いた光ファイバ仮想温度測定技術の応用についての検討
馬 麟辻川恭三半澤信智山本文彦NTTOCS2013-88
(事前公開アブストラクト) B-OTDR技術を用いた石英系光ファイバの仮想温度の長手方向分布の測定方法を提案する。本手法... [more] OCS2013-88
pp.35-38
OFT 2013-10-25
10:45
奈良 エルトピア奈良 Few-mode光ファイバの実効カットオフ波長に関する検討
半澤信智NTT)・齊藤晋聖北大)・坂本泰志松井 隆辻川恭三NTT)・小柴正則北大)・山本文彦NTTOFT2013-35
(事前公開アブストラクト) 近年,Few-modeファイバを用いたモード多重伝送が注目を集めており,さまざまなFew-m... [more] OFT2013-35
pp.63-66
OFT, OCS
(併催)
2013-08-22
15:15
北海道 北海道大学 全ファイバ型マルチモード光増幅器における長周期グレーティングを用いた利得調整の検討
和田雅樹坂本泰志森 崇嘉山本貴司山本文彦NTTOCS2013-39
(事前公開アブストラクト) 光ファイバ通信の大容量化に向けた多モード伝送が現在注目を集めており、長距離化を行う上では信号... [more] OCS2013-39
pp.17-21
OCS 2013-07-26
14:10
東京 すみだ産業会館(東京) [招待講演]伝搬モード数拡大および群遅延差低減を実現するモード多重伝送用数モードファイバの検討
森 崇嘉坂本泰志和田雅樹山本貴司山本文彦NTTOCS2013-32
近年,光ファイバ伝送の大容量化に向けて,光ファイバ中の複数の伝搬モードを伝送チャネルとするモード多重伝送技術が注目されて... [more] OCS2013-32
pp.75-80
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会