電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 41件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IT 2018-07-19
16:20
奈良 やまと会議室 不均一コストに対する2元AIFV符号の簡易構成法
吉田崇裕東大)・山本博資明大
 [more]
WBS, IT, ISEC
(共催)
2018-03-08
13:25
東京 東京理科大(葛飾キャンパス) AIFV-$m$符号の反復構成法における最適性
藤田龍星岩田賢一福井大)・山本博資東大
Yamamoto, Tsuchihashi, Hondaが提案した2元AIFV符号(almost instantaneo... [more] IT2017-111 ISEC2017-99 WBS2017-92
pp.49-54
IT 2017-11-28
16:35
新潟 新潟県新発田市 泉慶 [招待講演]準瞬時FV符号とその拡張符号
山本博資東大
符号木を用いる情報源符号化において,一意復号可能なFV符号(fixed-to-variable length code)... [more] IT2017-54
pp.19-26
IT 2017-09-08
14:25
山口 セントコア山口 動的ハフマン符号を利用した動的AIFV符号化法
平岡知隆山本博資東大
AIFV符号はハフマン符号より優れた圧縮性能を持つため,動的AIFV符号は動的ハフマン符号より優れた圧縮性能を持つことが... [more] IT2017-46
pp.43-48
EMM, IT
(共催)
2017-05-23
14:25
山形 山形大学(米沢キャンパス) 2元AIFV-m符号の最適な符号木を構成する動的計画法
河井貴哉岩田賢一福井大)・山本博資東大
Yamamoto, Tsuchihashi, Hondaが提案した2元AIFV符号(almost instantaneo... [more] IT2017-14 EMM2017-14
pp.79-84
IT, EMM
(共催)
2016-05-20
15:10
北海道 小樽経済センター 確率的に遷移する5状態システムの平均性能に対する最適化
岩田賢一木村嵩斗福井大)・山本博資東大
n個の状態からなる状態集合を持ち,それらの状態を確率的に遷移するシステムにおいて全体の平均性能に対する最適化問題を考える... [more] IT2016-18 EMM2016-18
pp.103-108
IT 2015-09-04
14:25
石川 白山菖蒲亭 確率的に遷移する3状態システムの平均性能に対する最適化
木村嵩斗岩田賢一福井大)・山本博資東大
3つの状態を確率的に遷移するシステムにおいて,全体の平均性能に対する最適化問題を考える.全体の平均性能に対する最適化問題... [more] IT2015-42
pp.49-54
ISEC, IT, WBS
(共催)
2015-03-02
15:35
福岡 北九州市立大学 ひびきのキャンパス 改ざん攻撃を検出できる(k,n)しきい値秘密分散法
中村 渉山本博資東大
本稿では,改ざん攻撃を検出できる$(k,n)$しきい値秘密分散法の符号化法を提案する.まず,$p$ を2でない素数とし,... [more] IT2014-79 ISEC2014-92 WBS2014-71
pp.111-116
IT 2015-01-30
14:15
千葉 千葉県 柏の葉 東京大学フューチャーセンター AIFV符号の反復構成法に対する最適性証明
山本博資東大
 [more] IT2014-57
pp.19-22
IT 2014-07-17
09:45
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 整数計画法を用いた準瞬時FV符号の符号木構成
土橋将人山本博資本多淳也東大
ハフマン符号より良い圧縮率を達成できる準瞬時FV符号は,不完全内部節点を持つ複数の符号木を用いて構成する.不完全内部節点... [more] IT2014-11
pp.1-6
IT 2014-07-17
14:25
兵庫 神戸大学 六甲台第2キャンパス 畳語分解法の改良とそれを用いたLZW符号の拡張
高林裕太山本博資東大
辞書式データ圧縮法の1つであるLZW符号は,GIF, TIFF, Unix Compressなどで使用されているが,デー... [more] IT2014-19
pp.43-48
IT 2013-07-25
13:50
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 強ユニバーサルハッシュ関数族に基づく新しい同定符号
上田真士山本博資東大
 [more] IT2013-13
pp.11-16
IT 2013-07-25
14:30
東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス 二元情報源に対する畳語分解を用いたデータ圧縮法
真矢 滋山本博資東大
LZ78 符号で用いられる増分分解は増分分解木を用いて実現できるが,横尾は増分分解木とCBT 符号と組
み合わせること... [more]
IT2013-14
pp.17-22
IT 2013-05-24
14:45
福井 福井・あわら温泉 まつや千千 畳語分解に基づく文字列の複雑度の提案とその乱数検定への応用
真矢 滋山本博資東大
乱数検定法としてNIST SP 800-22 がよく知られている.その中の検定方法の一つとしてLZ-複雑度(LZ-com... [more] IT2013-8
pp.35-40
IT 2012-12-11
14:35
大分 大分県 別府湾ロイヤルホテル [招待講演]追悼:Thomas M. Cover
山本博資東大
Thomas M.~Cover教授(Information Systems Laboratory, Stanford U... [more] IT2012-45
pp.1-6
IT 2012-07-20
14:45
愛知 豊田工業大学 Polar符号を用いたHybrid-ARQ方式
永田基樹山本博資東大
フィードバック通信路が利用できる場合,自動再送要求(ARQ) と誤り訂正を組み合わせたHybrid-ARQ通信方式を用い... [more] IT2012-25
pp.97-102
IT 2012-07-20
15:50
愛知 豊田工業大学 Homophonic Codeを用いた非対称通信路のFV符号化
本多淳也山本博資東大
 [more] IT2012-27
pp.109-114
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
09:00
大阪 大阪大学 最小期待符号語長とESC確率推定切換え法に基づく改良PPM*
友國恵太山本博資東大
PPMにおいて用いられるESCはsuffix tree上のあるノードで新しい文字が出現することを意味する.これまでにその... [more] IT2010-104 ISEC2010-108 WBS2010-83
pp.235-242
ISEC, IT, WBS
(共催)
2011-03-04
10:25
大阪 大阪大学 雑音フィードバックとbin codingを用いた通信路符号化の誤り指数
佐藤朱里山本博資東大
フィードバック通信路を用いると,誤り指数が改善できることが知られている.我々はYamamoto-Itoh方式を雑音のある... [more] IT2010-107 ISEC2010-111 WBS2010-86
pp.255-262
IBISML 2010-11-04
15:00
東京 東大生産研 [ポスター講演]Anomaly Detection of Sequence Data Based on T-information
Ulrich SpeidelUniv. of Auckland)・○Stefan Jan SkudlarekHirosuke YamamotoUniv. of Tokyo
さまざまな複雑なシステムの増加に伴い,システムの不具合及び不正使用を自動的に調べるための異常検出,特に非数値データ系列に... [more] IBISML2010-76
pp.127-134
 41件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会