お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS, IN
(併催)
2007-03-09
11:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 選択的sFlowルータの実装とトラフィック分析手法の提案
小林淳史石橋圭介山本公洋外山勝保NTTNS2006-233
近年、インターネット・バックボーンを流れるトラフィックは、年々増加傾向にある.このような状況では、大容量のトラフィックの... [more] NS2006-233
pp.391-396
NS, IN
(併催)
2007-03-09
13:10
沖縄 沖縄コンベンションセンター インターネットバックボーンにおけるトラヒックリープ検出方法
廣川 裕山本公洋原田薫明川原亮一NTTNS2006-235
インターネットバックボーンを流れるトラヒックを監視し,トラヒック量の急激な変化(トラヒックリープ)の検出を行う.既存の技... [more] NS2006-235
pp.403-408
IN 2006-12-15
14:50
大阪 大阪大学 異常トラヒック発生検出および終了判定手法
原田薫明川原亮一森 達哉上山憲昭廣川 裕山本公洋NTTIN2006-133
異常トラヒックを検知・制御する技術は,近年その重要性が増してきている.
スケーラブルなネットワーク監視のためには,異常... [more]
IN2006-133
pp.115-120
CQ, NS, ICM
(併催)
2006-11-16
13:10
鳥取 鳥取環境大学 [奨励講演]次世代ネットワーク向けトラフィック交流監視コレクタの提案
小林淳史近藤 毅廣川 裕石橋圭介山本公洋NTTNS2006-123 CQ2006-64 TM2006-37
膨大なトラフィック情報を処理する次世代バックボーン向けのトラフィック監視コレクタは、システムのスケーラビリティを必要とす... [more] NS2006-123 CQ2006-64 TM2006-37
pp.1-6(NS), pp.31-36(CQ), pp.1-6(TM)
ICM 2006-05-12
09:00
北海道 北海道情報大学 次世代バックボーン向け大容量トラフィック・コレクタの提案
小林淳史NTT)・松原大典日立)・木村真吾斎藤元之NTT-AT)・廣川 裕坂本仁明石橋圭介山本公洋NTT
 [more]
NS 2006-04-21
10:50
高知 ホテル日航高知旭ロイヤル(高知県) 異なり数上位Nホストの推定および異常検出への応用
石橋圭介森 達哉川原亮一廣川 裕小林淳史山本公洋坂本仁明NTTNS2006-14
DDoS、スキャン等の異常トラヒックを検出するためには、ホスト毎にフロー数、通信相手ホスト数等を監視することが有効である... [more] NS2006-14
pp.53-56
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会