お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
LOIS, IPSJ-DC
(連催)
2022-07-07
14:30
ONLINE オンライン開催 減量中の行動特性と減量後の体重維持の分析
冨永登夢山本修平倉島 健戸田浩之NTTLOIS2022-6
本研究で我々は,4週間の減量期間と4週間の経過観察期間を設けた減量調査実験を70名の被験者に対して実施し,減量期間中の体... [more] LOIS2022-6
pp.12-17
IBISML 2020-10-20
10:00
ONLINE オンライン開催 アスタリスク型フィルタリングを用いた表形式データを対象とする深層学習
蔵内雄貴瀧本祥章山本修平瀬古俊一戸田浩之NTTIBISML2020-8
 [more] IBISML2020-8
pp.1-7
LQE 2018-07-12
15:30
北海道 北海道大学 [招待講演]ビヨンド400 Gbpsを決めるのはデバイスか,あるいは,実装か ~ 光受信モジュールの設計及び実装技術と今後に向けた取り組み ~
大畠伸夫畑 端佳佐藤義也白尾瑞基藤原諒太山本修平三菱電機LQE2018-26
近年,スマート端末の普及により通信トラフィックが増大しており、ゼタバイト時代の到来も間近になってきた。情報のクラウド化に... [more] LQE2018-26
pp.25-28
DE 2015-09-24
16:10
神奈川 神奈川工科大学 横浜オフィス レシピコミュニティにおける投稿傾向の分析
平松 淳山本修平伏見卓恭佐藤哲司筑波大DE2015-21
レシピコミュニティサイトでは,ユーザは自ら作成したレシピ... [more] DE2015-21
pp.7-12
DE 2014-09-11
11:15
東京 国立情報学研究所12階1208.1210号室 word2vecを用いた代替食材の発見手法の提案
野沢健人中岡義貴山本修平佐藤哲司筑波大DE2014-30
近年,レシピ投稿検索サイトに大量の料理レシピが投稿されている.
これらのレシピの中には,一部の食材を入れ替えた類似レシ... [more]
DE2014-30
pp.41-46
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 圧縮空気の顔面触覚ディスプレイとしての可能性
上岡玲子山本修平山口真美九大
空気メディアの事例として,本研究室で行っている顔面触覚ディスプレイの研究について紹介する.圧縮空気の速度を変え空気砲を発... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2013-12-18
- 2013-12-20
愛媛 松山市総合コミュニティセンター 空気砲を活用した「インタラクティブお参りシステム」
山本修平上岡玲子九大
神社でのお参りという動作は参拝者からの一方通行のコミュニケーションであり,神様からの返事がないため願いが届いているかどう... [more]
OFT 2013-10-25
11:10
奈良 エルトピア奈良 マルチコア光ファイバのコア形状パラメータとクロストークの関係
山本修平大橋正治三好悠司阪府大OFT2013-36
(事前公開アブストラクト) インターネットの急速な発達により,トラフィック量が急増しており,既存の光ファイバの伝送限界に... [more] OFT2013-36
pp.67-70
DE 2013-09-13
10:25
東京 国立情報学研究所12階1208.1210号室 食材調理法の習得順に関する一検討
山本修平中岡義貴佐藤哲司筑波大DE2013-38
調理できる料理のレパートリーを効果的に拡大していくためには,同じ食材でも,数多くのレシピで用いられている調理法で経験を積... [more] DE2013-38
pp.31-36
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2013-06-26
13:50
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) 空気砲触覚による生理状態制御のための基礎的研究 ~ Puff・Puff System:ユーザに寄り添う空気玉システム ~
山口真美山本修平上岡玲子九大MVE2013-18
オフィスでの作業効率低下につながる眠気や集中力低下などの状態を緩和し,ユーザの状況に合わせてさりげなく心地よさを提供する... [more] MVE2013-18
pp.83-88
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会