お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, AP, UWT
(併催)
2020-11-25
10:15
ONLINE オンライン開催 TM01モード励振グリッド装荷ステップ反射鏡アンテナ
山本伸一縫村修次瀧川道生三菱電機
 [more]
EMT, IEE-EMT
(連催)
2020-11-05
13:00
ONLINE オンライン開催 多層誘電体円柱の散乱特性測定による軸対称多層モデルを用いた誘電率分布推定方法の検証
末延 博山本伸一瀧川道生稲沢良夫三菱電機
 [more]
AP, RCS
(併催)
2019-11-20
11:20
佐賀 佐賀大学 広覆域アンテナ用低損失平板レドームの試作評価
中嶋宏昌山本伸一瀧川道生米田尚史三菱電機AP2019-108
広覆域にビーム走査するAESA (Active Electronically Scanned Array) 用に,広い入... [more] AP2019-108
pp.13-17
AP, RCS
(併催)
2019-11-21
10:15
佐賀 佐賀大学 反射特性による円偏波給電回路の軸比測定
山本伸一井田雄也瀧川道生三菱電機AP2019-120
反射鏡アンテナの一次放射器として用いる円偏波給電回路では低軸比を求められることが多く、正確な軸比の測定が求められる。通常... [more] AP2019-120
pp.81-86
AP 2019-06-20
14:50
東京 機械振興会館 広覆域アンテナ用低損失平板レドームの検討
中嶋宏昌山本伸一瀧川道生米田尚史三菱電機AP2019-19
広覆域にビーム走査するAESA (Active Electronically Scanned Array) 用に,広い入... [more] AP2019-19
pp.23-26
AP 2018-10-18
14:05
岡山 岡山大学 衛星搭載用矩形反射鏡向け一次放射器ホーンアンテナ
山本伸一瀧川道生三菱電機AP2018-91
反射鏡アンテナは円形や楕円形が一般的だが、衛星搭載の場合、鏡面を矩形にしてロケットに収納すれば、搭載面積を有効に活用する... [more] AP2018-91
pp.13-18
RCS, SAT
(併催)
2017-08-18
14:15
新潟 新潟大学 海洋GNSSブイからの洋上・衛星間データ収集を想定した電波伝搬モデルの構築
滝沢賢一山本伸一豊嶋守生NICT)・二村 彰弓削商船高専)・寺田幸博高知高専)・加藤照之東大SAT2017-39
 [more] SAT2017-39
pp.99-102
EMCJ, MW, EST
(共催)
IEE-EMC
(連催) [詳細]
2015-10-22
10:55
宮城 東北大学 片平キャンパス さくらホール TE21モードカプラを有する2周波共用2重円筒形偏分波回路
湯川秀憲山本伸一片瀬徹也縫村修次米田尚史三菱電機EMCJ2015-63 MW2015-102 EST2015-73
衛星通信用多周波共用アンテナでは、異なる周波数帯において直交する2つの偏波を分離する給電回路(偏分波回路)は必要不可欠で... [more] EMCJ2015-63 MW2015-102 EST2015-73
pp.23-28
RCS, SAT
(併催)
2015-08-18
13:40
福岡 福岡大学 [奨励講演]海上からの衛星データ伝送と今後の展望 ~ 災害の早期検出を目指して ~
川崎和義NICT)・○山本伸一寺田幸博高知高専)・加藤照之東大)・本橋 修JAXA)・橋本剛正宇宙技術開発)・齊田優一松澤 亮日立造船SAT2015-23
技術試験衛星VIII型(ETS-VIII)を用いて高知県室戸岬沖の海上ブイからGPS津波計のデータ伝送実験を行ってきた。... [more] SAT2015-23
pp.71-76
SAT 2014-10-24
17:00
海外 釜山(韓国) 光通信環境データ衛星通信設備信号処理部の試験結果
中澤勇夫山本伸一三浦 周豊嶋守生NICTSAT2014-50
衛星と地上局間の光空間通信では、雲などの影響から通信回線を確保するには、複数の地上局を設置してサイトダイバーシティにより... [more] SAT2014-50
pp.195-200
SAT, RCS
(併催)
2014-08-19
09:50
高知 高知市文化プラザかるぽーと 技術試験衛星VIII型(ETS-VIII)を用いた海上ブイからのデータ伝送実験 ~ 津波の早期検出を目指して ~
山本伸一川崎和義NICT)・寺田幸博高知高専)・加藤照之東大)・橋本剛正本橋 修JAXA)・齊田優一松澤 亮日立造船SAT2014-26
津波を早期に検出することで人的被害を軽減することを目指し,海上に設置されたブイから津波の情報を衛星経由で伝送する実験を行... [more] SAT2014-26
pp.5-10
AP, SAT
(併催)
2014-07-24
16:00
岐阜 下呂市民会館 [チュートリアル講演]ミリ波衛星通信のための降雨減衰補償ダイバーシティ技術
中條 渉名城大)・真鍋武嗣阪府大)・山本伸一NICTAP2014-58 SAT2014-13
ミリ波降雨減衰による衛星通信回線の性能劣化を補償し,広帯域を実現するミリ波衛星通信用ダイバーシティ技術を紹介する.降雨は... [more] AP2014-58 SAT2014-13
pp.57-60(AP), pp.7-10(SAT)
SAT, SANE
(併催)
2014-02-20
10:30
山口 ホテルかめ福(山口市) 衛星-地上局間光空間通信のための実環境データ情報収集システム
鈴木健治久保岡俊宏布施哲治山本伸一國森裕生豊嶋守生NICTSAT2013-50
衛星-地上局間光空間通信において,地上のネットワーク網で繋がれた複数の地上局間でサイトダイバーシティを組めば,いずれかの... [more] SAT2013-50
pp.1-4
RCS, SAT
(併催)
2013-08-29
13:25
長野 信州大学 バックファイア一次放射器を用いた船舶搭載衛星通信用小型反射鏡アンテナ
山本伸一縫村修次水野友宏稲沢良夫宮下裕章三菱電機SAT2013-21
近年、航空機や船舶などの移動体を対象としたブロードバンド通信サービスの需要が高まっている。特に船舶における高速かつ大容量... [more] SAT2013-21
pp.1-5
AP, SAT
(併催)
2013-07-24
10:55
北海道 サン・リフレ函館 将来の航空機・衛星プロジェクトをサポートする光宇宙通信地上ネットワークの構想
豊嶋守生宗正 康竹中秀樹高山佳久小山善貞國森裕生久保岡俊宏鈴木健治山本伸一平良真一辻 宏之中澤勇夫秋岡眞樹NICTSAT2013-11
情報通信研究機構(NICT)では,観測等を行う衛星や航空機等からの大容量データ伝送を可能とする光宇宙通信技術実証のための... [more] SAT2013-11
pp.1-4
SAT, RCS
(併催)
2012-08-31
10:15
高知 高知市文化プラザ かるぽーと 次世代衛星センサネットワークにおけるデータのリアルタイム性を考慮した帯域割り当て方法に関する一考察
川本雄一西山大樹加藤 寧東北大)・山本伸一吉村直子門脇直人NICTSAT2012-26
近年,衛星センサネットワークを利用した災害検知や環境観測の実現のための議論が活発に行われている.この衛星センサネットワー... [more] SAT2012-26
pp.49-54
SAT, RCS
(併催)
2012-08-31
13:25
高知 高知市文化プラザ かるぽーと バックファイア一次放射器を用いた衛星通信用小型反射鏡アンテナ
山本伸一縫村修次水野友宏稲沢良夫佐藤裕之土谷牧夫三菱電機SAT2012-30
近年、航空機や船舶などの移動体を対象としたブロードバンド通信サービスの需要が高まっている。特に海上分野における高速かつ大... [more] SAT2012-30
pp.73-77
AP, SAT
(併催)
2012-07-27
10:10
北海道 北海道大学 超マルチビーム通信衛星向けアレー給電反射鏡アンテナの素子サイズの最適化の検討
藤野義之浜本直和三浦 周織笠光明若菜弘充NICT)・○山本伸一柳 崇稲沢良夫舟田雅彦名取直幸三菱電機SAT2012-16
近年、100ビーム級のマルチビーム衛星を用いた移動体衛星通信システムが盛んに検討され、一部は実用化されている。携帯電話と... [more] SAT2012-16
pp.49-54
AP, SAT
(併催)
2012-07-27
10:30
北海道 北海道大学 広帯域移動体衛星通信用オンボードスイッチの経年性能評価試験
平良真一山本伸一NICT)・米田誠良NEC東芝スペースシステムSAT2012-17
高速データ伝送に対応した移動体衛星通信用の衛星搭載パケット交換機の開発研究を行なっている。本パケット交換機は、2006年... [more] SAT2012-17
pp.55-60
SAT, SANE
(併催)
2012-02-16
13:00
三重 三重大学 継続時間を用いた降雨時のKa・Ku帯衛星稼働率と周波数ダイバーシティの解析
寺本卓矢中條 渉名城大)・真鍋武嗣阪府大)・山本伸一NICTSAT2011-65
継続時間を用いた降雨時のKa・Ku帯衛星稼働率と通信容量の解析を行った。最初にKa ・Ku 帯衛星と周波数ダイバーシティ... [more] SAT2011-65
pp.1-6
 40件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会