電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
OME, CPM, EMD
(共催)
2017-06-16
13:30
東京 機械振興会館 連続的超音波溶融による低耐熱プラスチック基板上へのOTFTの作製
酒井正俊佐々木達彦高 徳幸岡田悠悟山内 博千葉大)・貞光雄一橋本雄太日本化薬)・工藤一浩千葉大
 [more] EMD2017-5 CPM2017-13 OME2017-9
pp.1-3
OME, SDM
(共催)
2017-04-20
16:00
鹿児島 龍郷町生涯学習センター 環境・バイオセンサに向けた微細流路作製と有機ナノトランジスタによる電位検出
工藤一浩遠田康平俵 拓朗山内 博岡田悠悟酒井正俊千葉大
近年、環境・医療に高感度・高選択性センサ研究の必要性が切望されており、環境汚染や製薬などへの応用を目指した環境・バイオセ... [more] SDM2017-3 OME2017-3
pp.9-14
OME 2016-10-28
14:20
東京 機械振興会館 電子写真技術による有機半導体トナーの静電転写条件の検討
高 徳幸豊島健司山口祥平酒井正俊岡田悠悟山内 博千葉大)・橋本雄太貞光雄一日本化薬)・工藤一浩千葉大
有機半導体デバイスを作製する技術の1つとして印刷プロセスがある。印刷プロセスは、フレキシブル電子デバイスを高スループット... [more] OME2016-41
pp.13-16
OME 2016-10-28
16:40
東京 機械振興会館 バイオセンサ応用に向けた微細流路と有機ナノトランジスタの作製
遠田康平山内 博酒井正俊工藤一浩千葉大
近年、環境・医療に高感度・高選択性センサ研究の必要性が切望されており、環境汚染や製薬などへの応用を目指した環境・バイオセ... [more] OME2016-46
pp.33-37
EMD, CPM, OME
(共催)
2016-06-17
16:45
東京 機械振興会館 ラミネーションコンタクト電極を用いた有機単結晶の電気測定
酒井正俊多田裕作後藤大河岡田悠悟山内 博工藤一浩千葉大
本研究では有機単結晶の電気特性評価に際して問題となる有機単結晶の電極形成について新しい方法を考案した。基板上にAu 電極... [more] EMD2016-16 CPM2016-23 OME2016-26
pp.43-44
OME 2016-03-03
13:30
東京 東工大南3号館S322講義室 マスター電極を用いた静電塗布法によるマスクレスパターニング
田中 光山内 博酒井正俊岡田悠吾飯塚正明工藤一浩千葉大
静電塗布法によるRoll to Rollプロセスの実現を目指して、パターン形成されたマスター電極を用いたフレキシブル基板... [more] OME2015-86
pp.1-4
OME 2016-03-03
16:15
東京 東工大南3号館S322講義室 熱プレス成形による曲面上へのトランジスタアレイの作製
渡辺堅斗佐々木優志林 潤郎酒井正俊岡田悠悟山内 博工藤一浩千葉大
有機トランジスタは、フレキシビリティと生体への親和性を活かした用途として、バイオセンサや人工網膜などへの応用研究が盛んに... [more] OME2015-91
pp.25-28
OME 2015-10-16
13:25
東京 機械振興会館 超音波溶融による有機材料の薄膜化とTFTの作製
高 徳幸佐々木達彦山崎陽太酒井正俊岡田悠悟山内 博千葉大)・貞光雄一品村祥司日本化薬)・工藤一浩千葉大
有機半導体デバイスを作製する技術の1つとして印刷法がある。印刷法は、印刷技術を応用することによって大面積な有機半導体膜パ... [more] OME2015-43
pp.7-10
OME 2015-03-17
14:30
東京 東工大南4号館S421講義室 有機トランジスタにおける多数回繰り返し曲げの効果
酒井正俊山口祥平佐々木達彦林 潤郎山内 博國吉繁一工藤一浩千葉大)・貞光雄一品村祥司日本化薬
 [more] OME2014-84
pp.13-16
OME, OPE
(共催)
2014-11-21
15:10
東京 機械振興会館 高起電力タンデム型色素増感太陽電池に向けたNiO系p型光電極素子の作製
大場暁海山内 博国吉繁一酒井正俊飯塚正明千葉大)・渡辺康之諏訪東京理科大)・工藤一浩千葉大
水の電気分解に必要な1.23 V以上の高起電力が得られるタンデム型色素増感太陽電池を目指し、p型酸化物半導体であるNiO... [more] OME2014-52 OPE2014-132
pp.29-33
OME, EMD, CPM
(共催)
2014-06-20
09:20
東京 機械振興会館 フレキシブル透明TFTに向けた低温プロセスZnO薄膜の結晶性評価
渡邉 拓モハマッ カーフィ アディー ビン山内 博國吉繁一飯塚正明酒井正俊工藤一浩千葉大
印刷法によるフレキシブルディスプレイの実現に向けて、透明な塗布型ZnO-FET上に有機発光層を積層した構造を提案した。横... [more] EMD2014-9 CPM2014-29 OME2014-17
pp.5-9
OME 2014-03-04
13:45
東京 東工大S3-201 有機電荷移動錯体を用いた結晶トランジスタの作製と特性評価
酒井正俊増尾和哉森年規文奥村朗人國吉繁一山内 博工藤一浩千葉大
 [more] OME2013-93
pp.7-9
OPE, OME
(共催)
2013-11-22
14:00
東京 機械振興会館 フレキシブル色素増感太陽電池用ZnO系光電極の低温プロセス化
神谷真司大場暁海町田航太山内 博國吉繁一酒井正俊飯塚正明千葉大)・渡邊康之諏訪東京理科大)・工藤一浩千葉大
 [more] OME2013-70 OPE2013-131
pp.13-17
OME 2013-10-11
10:40
大阪 阪大中之島センター 有機トランジスタを使用したRFID用アクティブアンテナの作製
長谷川 奨磯田俊介橋詰貴裕山内 博國吉繁一酒井正俊工藤一浩飯塚正明千葉大
本研究では、低コストな印刷プロセスに向けたRFIDタグの作製に向け、段差型有機トランジスタとアンテナを一体化したRFID... [more] OME2013-53
pp.11-16
OME, IEE-DEI
(連催)
2013-07-04
16:25
新潟 トキ交流会館 [招待講演]プリンテッド集積回路に向けた積層型論理素子の作製
工藤一浩小寺 勲山内 博国吉繁一酒井正俊千葉大
本研究では、活性層および絶縁層に塗布可能材料を用いた積層型論理回路を作製し、その基礎特性を評価した。積層型論理回路は、ト... [more] OME2013-47
pp.25-30
OME 2013-05-16
15:50
東京 機械振興会館 B3F-2 β-(BEDT-TTF)2PF6結晶における金属-絶縁体温度近傍でのゲート電界の効果
酒井正俊増尾和哉國吉繁一山内 博工藤一浩千葉大
 [more] OME2013-29
pp.33-35
OME, SDM
(共催)
2013-04-25
13:20
鹿児島 屋久島環境文化村センター ナノポーラス陽極酸化膜を利用したバイオトランジスタの作製
工藤一浩黒澤翔太山内 博国吉繁一酒井正俊千葉大
陽極酸化ポーラスアルミナは規則的な高次ナノ構造を有し、さまざまな用途が期
待できる。本研究では、ナノポーラスアルミナを... [more]
SDM2013-10 OME2013-10
pp.49-52
OME 2013-03-08
15:40
東京 機械振興会館 B1-2 熱プレス法による有機薄膜トランジスタの作製
酒井正俊岡本樹宜山崎陽太山口祥平林 潤郎山内 博國吉繁一工藤一浩千葉大
 [more] OME2012-112
pp.33-34
OME 2012-11-19
16:15
大阪 大阪大学中之島センター 講義室302 塗布可能材料を用いた積層型NAND回路の作製
小寺 勲山内 博國吉繁一酒井正俊飯塚正明工藤一浩千葉大
本研究では、活性層および絶縁層に塗布可能材料を用いた積層型NAND回路を作製し、その特性を評価した。積層型NAND回路は... [more] OME2012-73
pp.61-64
OME, OPE
(共催)
2012-11-16
13:30
東京 機械振興会館 UV/O3アシスト熱処理法による塗布型酸化物FETの特性向上
酒井 渉山内 博國吉繁一飯塚正明酒井正俊工藤一浩千葉大
有機ELディスプレイとして優位性を有するアクティブマトリクス駆動型の新型構造素子を提案した。また駆動用トランジスタの半導... [more] OME2012-56 OPE2012-128
pp.7-11
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会