お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-10
11:10
大阪 I-Siteなんば(大阪) 920MHz帯および2.4GHz帯の屋外無線環境の簡易実測評価
山下育男関西電力)・浅野愛治墨 忠彦かんでんエンジニアリングRCC2019-12
920MHz帯や2.4GHz帯の無線通信は,センサデータや計量情報の収集に向けて利用が拡大しており,屋外ではすでに帯域が... [more] RCC2019-12
pp.7-10
EMCJ 2016-09-16
14:10
兵庫 兵庫県立大学 920MHz帯に於ける家屋内無線通信の品質確保のための基礎検討
杉山勇汰山本真一郎畠山賢一兵庫県立大)・山下育男関西電力EMCJ2016-55
 [more] EMCJ2016-55
pp.29-34
IEE-CMN, ITE-BCT
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2009-11-26
14:30
福島 Jヴィレッジ ROFを利用したマルチセルMIMOの一検討
金岡泰弘山下育男関西電力)・樫村 聡清水 聡OKI
光電波融合技術(ROF)は無線方式やシステムに対する汎用性や拡張性を有し,今後広く利用されることと期待されている.しかし... [more] OCS2009-85 OFT2009-53
pp.15-19(OCS), pp.1-5(OFT)
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OFT, OCS
(併催) [詳細]
2008-11-21
11:00
大分 日本文理大学 湯布院研修所 励起光を用いない双方向OTDRによるラマン利得効率分布測定の検討
尾路京一山下育男関西電力)・堤 康宏薮 哲郎大橋正治阪府大
光ファイバのラマン利得効率の長手方向分布について,OTDR測定のみによる評価手法を提案する.GeO2ドープコア光ファイバ... [more] OCS2008-99 OFT2008-64
pp.81-84(OCS), pp.91-94(OFT)
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2007-11-22
09:55
大阪 大阪大学 全光パラレルシリアル変換を用いた光時分割多重型アクセスシステムの検討
山下育男関西電力)・藤井亮浩村井 仁藤井浩三OKI
4系統の10Gb/s信号を光時分割多重伝送する光アクセスシステムを示し、構築に向けEA変調器のXAMによる全光パラレルシ... [more] OCS2007-74 OFT2007-46
pp.13-16(OCS), pp.39-42(OFT)
ITE-BCT, IEE-CMN
(共催)
OCS, OFT
(併催) [詳細]
2006-11-16
16:35
東京 機械振興会館 地下3階2号会議室 波長可変光フィルタによる振動情報のパルス位置変調に関する検討
山下育男尾路京一関西電力)・青海恵之詫間電波高専
振動情報を光パルスの時間位置変位に変換して伝送する構成の光ファイバ振動センサを提案する。数kHz周期で波長が変化するレー... [more] OCS2006-62 OFT2006-47
pp.7-10(OCS), pp.37-40(OFT)
IEE-CMN, OFT, OCS, ITE-BCT
(併催)
2005-11-24
16:30
大阪 関西電力本店(大阪) 既設OPGWでの80Gbit/sベース波長多重伝送実験
山下育男尾路京一関西電力)・青海恵之詫間電波高専
フィールドのOPGW60km×2スパンで、80Gbit/s×8波長多重伝送実験を実施した。
伝送の安定化に必須となる適... [more]
OCS2005-77 OFT2005-45
pp.15-20(OCS), pp.49-54(OFT)
OCS, OFT, IEE-CMN
(共催)
2004-11-26
14:40
大分 日本文理大学湯布院研修所 屋外伝送路を用いた1.3μmラマン増幅器の安定性の検討
山下育男尾路京一青海恵之関西電力)・金屋大祐澤田 久三菱電線
今後,光アクセス系を中心に様々な波長に対して光信号増幅ニーズが出てくると予想される。これに対して,集中型のラマン増幅器は... [more] OCS2004-138 OFT2004-81
pp.49-54
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会