お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-09-05
18:30
富山 富山大学 【招待ショートサーベイ】インフラ点検のための変状識別技術
藤井浩光山下 淳淺間 一東大PRMU2016-74 IBISML2016-29
現在,トンネルや橋梁など社会インフラの老朽化が深刻化しており,維持管理において点検・診断の自動化のためのパターン認識技術... [more] PRMU2016-74 IBISML2016-29
pp.163-166
ET 2014-09-27
13:00
島根 島根大学(松江キャンパス) 発話と頭部動作の共起関係から状況内評価を自動検出するシステムの開発
赤羽 脩山下 淳筑波大)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大ET2014-33
 [more] ET2014-33
pp.23-28
ET 2013-09-28 広島 広島大学(東広島キャンパス) 顔画像認識によるユーザ選択機能を実装した相互評価システムの実装と評価
山下 淳筑波大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大)・鈴木栄幸茨城大ET2013-43
 [more] ET2013-43
pp.81-86
SDM 2013-06-18
14:35
東京 機械振興会館 SiC電界誘起抵抗変化型不揮発性メモリ ~ MIS型およびpnダイオード型メモリ ~
須田良幸小松辰己山口伸雄佐藤芳彦山田有希乃山下淳史塚本貴広東京農工大SDM2013-57
金属/トンネル酸化層/SiOx電子捕獲層/n-SiC/n-Si金属‐絶縁体‐半導体(MIS)型(構造)と金属/p型酸化物... [more] SDM2013-57
pp.67-70
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2011-06-29
15:25
東京 東京大学山上会館 仮想化現実環境モデルに基づく携帯カメラの位置方位推定に向けて
西田 純筑波大)・石川智也牧田孝嗣興梠正克産総研)・山下 淳葛岡英明筑波大)・蔵田武志産総研MVE2011-28
 [more] MVE2011-28
pp.73-78
ET 2009-10-09
15:45
北海道 函館高専 口頭発表のリアルタイム調整技能の育成に着目したプレゼンテーション練習システムの開発
高橋功将飯崎裕史山下 淳筑波大)・鈴木栄幸茨城大)・加藤 浩放送大)・葛岡英明筑波大ET2009-39
プレゼンテーションは, 聴衆の反応を確かめながら発表することが大切である. 従ってプレゼンテーション練習では, 先生や練... [more] ET2009-39
pp.39-43
ET 2008-06-14
16:10
愛知 名城大学 PDAのタッチ画面操作時における操作特性に関する研究
飯崎裕史市丸俊亮山下 淳葛岡英明筑波大ET2008-14
著者らは赤外線通信機能とPDAを利用した相互評価システムSounding Boardを開発している。このシステムを実際に... [more] ET2008-14
pp.51-56
ET 2008-06-14
16:50
愛知 名城大学 タンジブル地球儀システムを利用した天文学習カリキュラムの検討
西川悟史山下 淳葛岡英明筑波大)・加藤 浩メディア教育開発センターET2008-15
本研究では,地球儀と自分の視点を代理するアバタを用いてバーチャルリアリティ空間での天体の動きを時間や視点を操作しながら自... [more] ET2008-15
pp.57-62
ET 2007-06-23
14:30
愛知 名古屋大学 共同活動において即時的に相互評価を行える携帯端末の開発
市丸俊亮山下 淳筑波大)・加藤 浩メディア教育開発センター)・鈴木栄幸茨城大ET2007-12
本研究では、教育現場における評価活動の支援を目的とした評価システム“Sounding Board” の構築を行っている。... [more] ET2007-12
pp.25-30
IE, CS
(共催)
2005-12-13
10:05
愛知 名古屋大学 市松模様の背景を用いたクロマキーによる領域抽出
縣 弘樹山下 淳金子 透静岡大
本論文では,市松模様の背景を用いたクロマキーにより領域抽出・画像合成を行うことを目的とする.従来の単一色の背景を用いたク... [more] CS2005-62 IE2005-117
pp.7-12
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会