お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 17件中 1~17件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2017-09-16
11:15
東京 東京大学 本郷キャンパス [ショートペーパー]生徒画像のセンシングによるプライバシー問題に関する教育現場の声 ~ 学外持ち出し可能なデータ形態のありかたに関する調査 ~
小篠裕子榎本拓哉慶大PRMU2017-59 IBISML2017-31
初等教育現場への画像処理技術の導入は期待されているが,児童の画像取得に関するプライバシー問題は,
十分議論されていると... [more]
PRMU2017-59 IBISML2017-31
pp.181-183
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
10:20
北海道 北海道大学 生活支援ロボットの行動計画のための人行動空間構築
家永直人宮田省吾小篠裕子萬 礼応高橋正樹斎藤英雄慶大PRMU2016-157 CNR2016-24
近年,人の生活環境でサポートを行う生活支援ロボットの研究が盛んに行われている.人の生活空間での行動計画を行うためには,人... [more] PRMU2016-157 CNR2016-24
pp.29-33
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
11:45
北海道 北海道大学 PRINTEPSにおける教師ロボット連携授業のためのクイズモジュール
石川 礼小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-164 CNR2016-31
PRINTEPSは専門的な知識を持たないユーザでもAIロボットを用いたアプリケーションを容易に開発できるよう提案されたプ... [more] PRMU2016-164 CNR2016-31
pp.69-74
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
12:10
北海道 北海道大学 PRINTEPSにおける教師ロボット連携授業のためのARモジュール
田中康浩小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-165 CNR2016-32
PRINTEPS はエンドユーザの誰もが簡単に統合知能アプリケーションを構築できることを目標とするアプリケーションプラッ... [more] PRMU2016-165 CNR2016-32
pp.75-80
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-18
15:25
北海道 北海道大学 画像による物体検出を用いた飲食行動認識の検討
番原常公八馬 遼家永直人小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-169 CNR2016-36
本稿では,喫茶店環境下における人の飲食行動を認識する.人は
飲食を行う際,食器を用いることに着目し,食器の検出結果と人... [more]
PRMU2016-169 CNR2016-36
pp.95-98
PRMU, CNR
(共催)
2017-02-19
09:30
北海道 北海道大学 超二次関数を用いたScore Level Fusionに基づく三次元一般物体認識
八馬 遼小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-175 CNR2016-42
本研究は,物体認識と物体把持のための形状取得を同時に行うことを目標とし,
超二次関数を用いた物体認識手法を提案する.
... [more]
PRMU2016-175 CNR2016-42
pp.131-136
PRMU 2016-12-16
13:45
鳥取 鳥取大学 時系列を考慮した頭部方向と関節位置からのグループ飲食行動認識
家永直人小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-123
本稿は,グループでの飲食における飲食行動認識手法を提案する.一人で飲食する場合では頭部の動きは小さいが,グループの場合で... [more] PRMU2016-123
pp.53-58
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-09-06
09:30
富山 富山大学 グループ会話における話者特定のための顔向き統合情報の検討
家永直人小篠裕子斎藤英雄慶大PRMU2016-79 IBISML2016-34
喫茶店などでロボットが給仕することを考えたとき,ロボットは適切なタイミングで給仕するため,客の会話状況を理解する必要があ... [more] PRMU2016-79 IBISML2016-34
pp.191-194
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2016-09-06
11:45
富山 富山大学 SVMを用いた超二次関数モデル表現に基づく三次元物体認識
小篠裕子八馬 遼斎藤英雄慶大PRMU2016-82 IBISML2016-37
本稿では,距離画像に撮影される物体の一部から,その物体形状を表すパラ
メータを利用した物体認識手法について述べる.本手... [more]
PRMU2016-82 IBISML2016-37
pp.215-219
PRMU, IBISML
(共催)
IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2015-09-14
13:30
愛媛 愛媛大学 色知覚とハイパースペクトルデータの関係に関する考察
小篠裕子産総研)・榎並直子神戸大)・岩田健司佐藤雄隆産総研PRMU2015-68 IBISML2015-28
家庭用のサービスロボットは,人の曖昧な指示を理解する必要がある.
特に色で指示された物体を把握するタスクにおいては,
... [more]
PRMU2015-68 IBISML2015-28
pp.7-12
PRMU 2014-12-12
11:30
福岡 九州大学 色属性による物体特定のための顕著性
小篠裕子榎並直子有木康雄神戸大PRMU2014-79
少子高齢化社会を見据え,家庭用サービスロボットを家庭に導入することが検討されている.
家庭用サービスロボットが人に指示... [more]
PRMU2014-79
pp.79-83
PRMU 2014-10-09
15:30
千葉 幕張メッセ国際会議場 物体特定のための顕著性
小篠裕子榎並直子有木康雄神戸大PRMU2014-57
家庭用サービスロボットが人に指示された物体を複数の物体の中から特定するタスクは重要である.人は物体を認識し,ロボットに指... [more] PRMU2014-57
pp.19-24
PRMU, MVE
(共催)
IPSJ-CVIM
(併催) [詳細]
2013-01-24
09:30
京都 京都大学 人検出のための動的顕著性マップモデルの構築
高柳陽平・○小篠裕子榎並直子有木康雄神戸大PRMU2012-103 MVE2012-68
未学習背景下での動画像からの人検出精度向上のため,
動的顕著性マップモデルの構築手法を提案する.
顕著性マップは画像... [more]
PRMU2012-103 MVE2012-68
pp.187-191
PRMU, HIP
(共催)
2012-03-30
15:20
兵庫 神戸大学 Discrimination of Unknown Objects from Known Objects Using Multimodal Information
Yuko OzasaYasuo ArikiKobe Univ.)・Naoto IwahashiNICT)・Mikio NakanoHRI-JPPRMU2011-280 HIP2011-108
ロボットに物体を操作させる対話においてロボットが未知物体とその名前を検知する新しい手法を提案す
る.本手法では,物体の... [more]
PRMU2011-280 HIP2011-108
pp.247-252
IA, ICSS
(共催)
2009-06-19
14:15
東京 機械振興会館 65号室(6階) メモリ展開されたマルウェアの特徴抽出とその高速化に関する提案
森川 輝村上 求小篠裕子勝手壮馬神戸大)・伊沢亮一神戸大/クリプト)・森井昌克神戸大)・中尾康二NICTIA2009-20 ICSS2009-28
インターネットの普及に伴い,不正アクセスやマルウェア感染による
被害は増加傾向にある.
マルウェア感染の被害を最小限... [more]
IA2009-20 ICSS2009-28
pp.109-114
ICSS 2009-05-15
14:20
兵庫 神戸大学 Notes on Malware Detection System Based on Process Monitoring
Yuko OzasaKengo KuniyoshiAkira MorikawaMasakatu MoriiKobe Univ.ICSS2009-3
近年,ボット,ワーム,スパイウェア,アドウェアなどのマルウェアの種類が
急速に増加し,マルウェア感染による被害が社会的... [more]
ICSS2009-3
pp.9-14
ISEC, SITE, IPSJ-CSEC
(共催)
2007-07-20
10:45
北海道 公立はこだて未来大学 TewsらによるWEPに対する鍵回復攻撃に関する考察
小篠裕子藤川香顕大東俊博桑門秀典森井昌克神戸大ISEC2007-47
2007年,TewsらはKleinによるWEPに対する鍵回復攻撃を最適化した手法を提案し,40,000パケットの観測によ... [more] ISEC2007-47
pp.17-21
 17件中 1~17件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会