お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 19件中 1~19件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
WPT, AP
(併催)
2021-01-21
13:55
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]屋内環境での100GHz帯までの遅延および角度スプレッド
中村光貴北尾光司郎石川博規小田恭弘NTTドコモAP2020-105
 [more] AP2020-105
pp.13-18
RCS 2020-10-22
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]第6世代移動通信システムにおけるテラヘルツ波帯利用に向けた電波伝搬特性
猪又 稔山田 渉久野伸晃佐々木元晴NTT)・北尾光司郎中村光貴石川博規小田恭弘NTTドコモRCS2020-98
現在,第6世代(6G)移動通信システムの実現に向けた検討が世界各国の各機関において精力的に進められており, 5Gを超える... [more] RCS2020-98
pp.36-41
SAT, WBS
(併催)
2016-05-19
11:20
愛知 名古屋工業大学 可視光通信に用いるパワーLEDの周波数特性補償法
古野辰男小田恭弘NTTドコモWBS2016-2
LED照明の普及に伴い,LEDを用いた可視光通信(VLC)の研究が盛んに行われている.LEDは高い周波数ほど伝達される電... [more] WBS2016-2
pp.7-12
RCS, CCS, SR, SRW
(併催)
2016-03-02
09:25
東京 東京工業大学 LED可視光通信の伝送回路における非線形歪補償法の検討
熊谷貴明松野弘明冨里 繁田野 哲秦 正治岡山大)・古野辰男小田恭弘NTTドコモSRW2015-71
 [more] SRW2015-71
pp.7-10
SRW 2015-08-24
14:40
東京 芝浦工業大学 LED可視光通信における非線形歪補償方法の検討
松野弘明冨里 繁田野 哲秦 正治岡山大)・古野辰男小田恭弘NTTドコモSRW2015-20
LEDを用いた可視光通信ではLED回路の非線形性により伝送信号に非線形歪が生じるため受信品質が劣化する.本研究では,OF... [more] SRW2015-20
pp.55-58
SRW 2014-12-17
16:05
神奈川 慶応大学(矢上キャンパス) 可視光通信を用いたLTE信号伝送実験における変調精度評価
松野弘明冨里 繁田野 哲秦 正治岡山大)・古野辰男小田恭弘NTTドコモSRW2014-41
本研究では,青色LEDとフォトダイオードによる可視光通信用送受信モジュールを用いたブロードバンド信号伝送実験を行い,その... [more] SRW2014-41
pp.35-38
AP, RCS
(併催)
2014-11-12
10:45
山形 山形大 米沢キャンパス [依頼講演]住居地マイクロセル環境における11GHz帯広帯域角度チャネル測定
金 ミンソク新潟大)・高田潤一東工大)・シン キユン小田恭弘須山 聡NTTドコモAP2014-131 RCS2014-197
 [more] AP2014-131 RCS2014-197
pp.17-22(AP), pp.1-6(RCS)
AP, SAT
(併催)
2014-07-24
10:35
岐阜 下呂市民会館 11GHz帯市街地セルラ環境における電波伝搬特性
金 ミンソク新潟大)・高田潤一張 裕淵東工大)・シン キユン小田恭弘NTTドコモAP2014-50
 [more] AP2014-50
pp.13-18
SR 2014-01-24
15:45
宮城 東北大学 マルチバンドを用いるOFDM伝送の帯域外輻射特性
正木翔平冨里 繁田野 哲秦 正治岡山大)・古野辰男小田恭弘NTTドコモSR2013-93
本研究では複数の無線周波数帯 (マルチバンド) を用いたOFDM伝送において,送信機の非線形歪による信号帯域内及び帯域外... [more] SR2013-93
pp.97-102
RCS, SAT
(併催)
2013-08-29
16:35
長野 信州大学 11 GHz帯見通し8×8 MIMOの屋外伝搬実験および伝送シミュレーションによる反射板の効果
シン キユン須山 聡小田恭弘奥村幸彦NTTドコモRCS2013-130
超高速ビットレート移動通信を実現する伝送方式として,高周波数帯における広帯域MIMO伝送が有力な候補である.高周波数帯を... [more] RCS2013-130
pp.43-48
RCS 2013-04-18
10:45
沖縄 石垣市民会館 Results of Field Measurement with Wideband MIMO Sounder at 11 GHz for Macrocell Environments
Yuyuan ChangVan Hue PhamMinseok KimTokyo Inst. of Tech.)・Jiyun ShenYasuhiro OdaNTT DOCOMO)・Jun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.RCS2013-2
 [more] RCS2013-2
pp.7-12
RCS 2013-04-18
16:15
沖縄 石垣市民会館 [招待講演]高周波数帯を用いた超高速移動通信システムの検討 ~ 石垣市フィールド試験結果に基づく考察 ~
小田恭弘シン キユンNTTドコモRCS2013-12
近年のスマートフォンやタブレット端末の急速な普及に伴い、移動通信で扱うデータ量は爆発的に増加しており、その対策が求められ... [more] RCS2013-12
p.67
RCS, SR, SRW
(併催)
2013-02-28
10:30
東京 早稲田大学 超高速ビットレート移動通信を実現するための10 Gbps MIMO-OFDM屋外伝送実験
須山 聡東工大)・シン キユン小田恭弘NTTドコモ)・鈴木 博府川和彦東工大RCS2012-327
超高速ビットレート移動通信の実現を目指し,マイクロ波11 GHz帯において 10 Gbps 8×16 MIMO-OFDM... [more] RCS2012-327
pp.261-266
AP 2013-01-25
14:50
宮崎 ホテルメリージュ(宮崎市) Analysis of Field Measurement with Wideband MIMO Sounder at 11 GHz Frequency
Yuyuan ChangYohei KonishiMinseok KimTokyo Inst. of Tech.)・Jiyun ShenYasuhiro OdaNTT DOCOMO)・Jun-ichi TakadaTokyo Inst. of Tech.AP2012-153
 [more] AP2012-153
pp.167-172
MW 2012-11-21
15:50
沖縄 石垣島 [特別講演]マイクロ波帯におけるセルラ利用の可能性について ~ 石垣島における11GHz帯フィールド実験紹介 ~
小田恭弘NTTドコモMW2012-117
 [more] MW2012-117
pp.23-28
NS, RCS
(併催)
2011-12-16
13:40
山口 山口大学 5GHz帯以上を用いたセルラーシステムにおけるエリア構築法の検討 ~ 使用周波数に対するリピータ数とシステムコストの評価 ~
トラン ゴクハオ小田恭弘丸山珠美シン キユン加山英俊NTTドコモRCS2011-266
本稿では次世代超高速移動通信システムを実現するために、広い帯域幅を確保できる可能性のある高周波数帯(5GHz帯以上)の利... [more] RCS2011-266
pp.195-200
AN, USN, SR, RCS
(併催)
2010-10-29
11:20
大阪 大阪大学 反射板を用いた2×2見通しMIMOの容量改善
シン キユン小田恭弘古野辰男丸山珠美大矢智之NTTドコモRCS2010-133
MIMO伝送方式は複数ストリームの並列伝送が可能な方式として,周波数利用効率が高い無線通信方式として注目されてきた.しか... [more] RCS2010-133
pp.169-174
SR, RCS, USN, AN
(併催)
2008-10-24
14:00
沖縄 沖縄産業支援センター 基地局測位における複数セクタの観測回数比を用いた端末方向推定法
シン キユン小田恭弘NTTドコモRCS2008-124
基地局の情報を用いて携帯電話の位置を推定する基地局測位において,受信可能な基地局数が1 局のみの場合,従来ではセクタ方向... [more] RCS2008-124
pp.129-134
SANE 2006-07-28
14:15
東京 電子航法研究所 位置情報を基にした到来角推定による屋内位置検出の検討
ナバル ジーン ラヴォ中嶋信生電通大)・瀧石浩生小田恭弘NTTドコモSANE2006-87
 [more] SANE2006-87
pp.19-23
 19件中 1~19件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会