お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, HWS
(併催)
2018-03-02
14:05
沖縄 沖縄県青年会館 同期機構の改良によるPL-PUFのシリコン実装
小笠原泰弘堀 洋平小池帆平産総研VLD2017-126
本論文では疑似線形フィードバックシフトレジスタ PUF (PL-PUF) の最初の実チップ上でのスタンダードセルによる実... [more] VLD2017-126
pp.225-229
VLD, DC, IPSJ-SLDM, IPSJ-EMB
(連催)
CPSY, IPSJ-ARC
(連催)
CPM, ICD, IE
(共催)
RECONF
(併催) [詳細]
2017-11-06
14:30
熊本 くまもと県民交流館パレア バックゲートバイアス制御技術のためのトリプルウェル構造のオーバーヘッド低減
小笠原泰弘関川敏弘小池帆平産総研VLD2017-32 DC2017-38
 [more] VLD2017-32 DC2017-38
pp.31-35
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
11:20
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス 低消費電力FPGAの応用回路実装を伴う評価のための環境構築と予備実験
片下敏宏日置雅和堀 洋平小池帆平産総研RECONF2016-47
 [more] RECONF2016-47
pp.41-46
VLD, DC
(共催)
CPM, ICD, IE
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2016-11-29
09:00
大阪 立命館大学大阪いばらきキャンパス ランダムばらつきが低減されたプロセスにおける超低電圧条件下でのSTIストレス効果と逆狭チャネル効果による閾値ばらつきの実測
小笠原泰弘小池帆平産総研CPM2016-76 ICD2016-37 IE2016-71
本論文では超低電圧下におけるレイアウト依存性効果に起因する閾値変動効果の影響を実測より示す。65nm SOTB CMOS... [more] CPM2016-76 ICD2016-37 IE2016-71
pp.1-6
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
16:50
北海道 サン・リフレ函館 Independent-Double-Gate-FinFETの1/fノイズ特性に関する研究
坂井秀男慶大)・大内真一遠藤和彦松川 貴柳 永シュン石川由紀塚田順一中川 格関川敏弘小池帆平昌原明植産総研)・石黒仁揮慶大ICD2013-43
本研究では二つの独立したゲートを持つIndependent-Double-Gate- (IDG-) FinFET の1/... [more] ICD2013-43
pp.119-124
SDM, ED
(共催)
2011-02-23
16:30
北海道 北海道大学 百年記念会館 FinFET高周波特性の高精度評価に関する研究
坂井秀男慶大)・大内真一松川 貴遠藤和彦柳 永勲塚田順一石川由紀中川 格関川敏弘小池帆平坂本邦博昌原明植産総研)・石黒仁揮慶大ED2010-198 SDM2010-233
近年、FinFETがMOSFETに代わる優秀なトランジスタとして、各研究機関で研究されている。しかし、FinFETを搭載... [more] ED2010-198 SDM2010-233
pp.37-42
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2011-01-20
11:00
神奈川 慶応大学(日吉) ホモジニアス・タイル構造3次元FPGAの性能評価
宮本直人東北大)・小池帆平産総研)・松本洋平東京海洋大)・松村忠幸長田健一中川八穂子十山圭介超先端電子技術開発機構)・大見忠弘東北大
さまざまな3次元FPGA構造を扱うことができる自由度の高い配置配線CADツールを開発した.このツールを用いて幾つかのホモ... [more] ICD2010-130
pp.13-18
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2011-01-20
16:20
神奈川 慶応大学(日吉) [パネル討論]3次元積層LSIはメインストリームになり得るか?
井上弘士九大)・宮川宣明本田技研)・岡本和也阪大)・竹内 健東大)・小池帆平産総研
 [more] ICD2010-133
p.37
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-12-01
09:50
福岡 九州大学医学部百年講堂 電力を再構成可能なFlex Power FPGAの低電力プロセスによる試作と評価
日置雅和産総研)・河並 崇金沢工大)・松本洋平東京海洋大)・堤 利幸明大)・中川 格関川敏弘小池帆平産総研RECONF2010-45
電力を再構成可能なFPGAであるFlex Power FPGAは,スタティック電力の削減を目的としている.Flex Po... [more] RECONF2010-45
pp.37-42
RECONF 2009-09-17
15:40
栃木 宇都宮大学 電力を再構成可能なFlex Power FPGAチップの設計と試作
日置雅和産総研)・河並 崇金沢工大)・松本洋平産総研)・堤 利幸明大)・中川 格関川敏弘小池帆平産総研RECONF2009-25
我々の研究グループは,ソフトウェアとハードウェアの観点から,電力を再構成可能なFPGA である“Flex Power F... [more] RECONF2009-25
pp.37-42
RECONF 2006-09-14
15:45
熊本 熊本大学 工学部百周年記念館 複数の回路構成情報を用いたチップ内ばらつきを有するFPGAの歩留り向上手法の提案
松本洋平日置雅和河並 崇産総研)・堤 利幸明大)・中川 格関川敏弘小池帆平産総研
 [more] RECONF2006-25
pp.29-34
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会