電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EE, IEE-HCA
(連催)
2019-05-16
13:30
東京 機械振興会館 地下三階 B3-1, B3-2 パルスコーディング制御スイッチング電源における自動ノッチ特性発生技術と変換電圧比解析
孫 逸菲チャン ミンチー小堀康功桑名杏奈小林春夫群馬大
 [more] EE2019-7
pp.35-38
EE, IEE-HCA
(連催)
2019-05-16
14:00
東京 機械振興会館 地下三階 B3-1, B3-2 多相化リプル制御電源の素子ばらつきに対する電流バランスの自動補正
李 晶孫 逸菲小堀康功桑名杏奈小林春夫群馬大
 [more] EE2019-8
pp.39-42
ICTSSL, CAS
(共催)
2018-01-25
13:00
東京 機械振興会館 COT方式リプル制御電源における4相化シミュレーション検討
熊 軼浅石恒洋三木夏子孫 逸菲築地伸和小堀康功小林春夫群馬大
一定のオン時間(COT)方式を備えたリプル制御 DC-DC 電源におけるマルチフェーズバックコンバータをシミュレーション... [more] CAS2017-113 ICTSSL2017-40
pp.23-27
ICTSSL, CAS
(共催)
2018-01-25
13:20
東京 機械振興会館 Automatic Notch Generation in Noise Spectrum of Switching Converter with Pulse Coding Method
Yifei SunYi XiongYasunori KoboriHaruo KobayashiGunma Univ.
 [more] CAS2017-114 ICTSSL2017-41
pp.29-33
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-26
15:20
東京 機械振興会館 高速入出力インターフェース回路試験用デジタル制御ジッタ生成回路の検討
小澤祐喜小林春夫群馬大)・塩田良治ソシオネクスト
 [more] CAS2016-91 ICTSSL2016-45
pp.69-72
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-26
15:50
東京 機械振興会館 改良永田穣電流ミラー回路の設計ガイドライン
平野 繭築地伸和小林春夫群馬大
本論文で提案する改良永田穣電流ミラー回路は, 小チップ面積で広い範囲の電源電圧変動によらず一定の電流を供給する, 電源チ... [more] CAS2016-92 ICTSSL2016-46
pp.73-76
CAS, ICTSSL
(共催)
2017-01-26
16:10
東京 機械振興会館 ZVS-PWM昇圧型DC-DC電源における二相化制御方式の検討
須永祥希浅石恒洋築地伸和三木夏子櫻井翔太郎マニメル サハン小堀康功高井伸和小林春夫群馬大
 [more] CAS2016-93 ICTSSL2016-47
pp.77-80
ICD, CPSY
(共催)
2016-12-16
15:45
東京 東京工業大学 擬似アナログ信号を用いたヒステリシス制御DC-DC ConverterのEMI低減
三木夏子高井伸和群馬大)・小堀康功小山高専)・浅石恒洋築地伸和須永祥希小林春夫群馬大
擬似アナログ信号を用いたヒステリシス制御方式降圧型コンバータのEMI低減化における提案回路の基板実装を行い,各特性測定を... [more] ICD2016-98 CPSY2016-104
pp.151-154
EMCJ 2016-11-25
10:05
東京 機械振興会館 パルスコーディング制御スイッチング電源における周波数可変のノッチ特性を有するスペクトラム拡散
荒船拓也築地伸和浅見幸司小堀康功小林春夫群馬大
 [more] EMCJ2016-88
pp.1-6
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:00
東京 日立中央研究所 フィボナッチ数列重み付け逐次比較近似ADCと単峰関数の黄金分割探索法との関係
新井宏崇小林佑太朗小林春夫群馬大
この論文では、「フィボナッチ数列重みづけ (約1.62進) 逐次比較近似AD変換器(SAR ADC)は、入力電圧と内部... [more] CAS2016-47 NLP2016-73
pp.49-54
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
15:25
東京 日立中央研究所 2ステップ逐次比較時間デジタイザの自己校正法とトリガ回路の検討
井田貴士小澤祐喜姜 日晨小林春夫群馬大)・塩田良治ソシオネクスト
本稿では、絶対(平均)遅延素子配列のばらつきに対する線形自己校正を備えた2ステップ逐次比較時間-デジタル変換器(SAR ... [more] CAS2016-48 NLP2016-74
pp.55-60
SIP 2016-08-25
14:45
千葉 千葉工業大学 津田沼キャンパス 2乗則を用いたデジタル乗算器アルゴリズムとFPGA実装の検討
佐々木 秀小林春夫群馬大
 [more] SIP2016-75
pp.17-22
EE 2016-02-26
13:30
東京 機械振興会館 電流共振形コンバータの効率におけるリーケージインダクタンスの最適値
白石尚也群馬大)・落合政司サンケン電気)・築地伸和轟 俊一郎群馬大)・小堀康功小山高専)・小林春夫高井伸和群馬大
本論文では電流共振形コンバータの効率におけるトランスのリーケージインダクタンスの最適値について検討した。2種のトランスサ... [more] EE2015-30
pp.1-6
EE 2016-02-26
13:55
東京 機械振興会館 ZVS-PWM制御を用いた単一インダクタ2出力昇圧型コンバータの実装と評価結果
須永祥希白石尚也浅石恒洋築地伸和小堀康功高井伸和小林春夫群馬大
スイッチング電源回路を小型化する手法として、1つのインダクタから複数の出力を得るSIMO(Single-Inductor... [more] EE2015-31
pp.7-12
EMCJ 2015-11-13
14:50
神奈川 三菱電機(情報技術総合研究所) パルスコーディングを用いたスイッチング電源における選択的ノッチ周波数発生方式
荒船拓也小堀康功小林春夫群馬大
 [more] EMCJ2015-88
pp.43-48
EMCJ, IEE-EMC, IEE-MAG
(連催)
2015-06-25
10:10
海外 KMITL (タイ) EMI Reduction by Extended Spread Spectrum in Switching Converter
Yasunori KoboriNIT, Oyama College/Gunma Univ.)・Nobukazu TsukijiNobukazu TakaiHaruo KobayashiGunma Univ.
 [more] EMCJ2015-18
pp.1-6
EMCJ, WPT
(併催)
2015-01-23
09:25
沖縄 沖縄県市町村自治会館 擬似アナログノイズを用いたスペクトラム拡散によるスイッチング電源のEMI低減化
小堀康功落合伸弥小山高専)・金谷浩太郎築地伸和高井伸和小林春夫群馬大
 [more] EMCJ2014-93
pp.45-50
ICD, CPSY
(共催)
2014-12-01
12:50
東京 機械振興会館 [招待講演]デルタシグマ変調技術を用いた時間ディジタル変換回路 ~ 時間領域アナログ回路のキーコンポーネント ~
小林春夫群馬大
(1) 日本発の2つの技術 ”デルタシグマ変調技術”(東大・早大名誉教授 安田靖彦先生)と”時間ディジタル変換回路”(高... [more] ICD2014-75 CPSY2014-87
pp.13-18
EE, IEE-SPC
(連催)
2014-07-10
15:00
広島 広島工業大学 三角波の自動調整によるDC-DC変換回路の過渡応答改善の検討
呉 ジュ小堀康功小林春夫群馬大
 [more] EE2014-6
pp.5-10
CAS, SIP, MSS, VLD, SIS
(共催) [詳細]
2014-07-09
17:00
北海道 北海道大学 リプルレギュレータ方式による単インダクタ2出力DC-DC電源
小堀康功小山高専)・朱 秋霖田中駿祐呉 ジュ築地伸和シャイフル ニザム高井伸和小林春夫群馬大
筆者達が提案している単インダクタ2出力SIDO DC-DCスイッチング電源において、リプルレギュレータ方式を適用してシミ... [more] CAS2014-19 VLD2014-28 SIP2014-40 MSS2014-19 SIS2014-19
pp.93-97
 35件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会