お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CPM 2014-09-05
12:45
山形 山形大学工学部百年周年記念会館 セミナールーム1,2,3 金属微粒子担持酸化チタンナノチューブマイクロガスセンサ
木村康男東京工科大)・戸邊 翼木村昭太小島領太平野愛弓庭野道夫東北大CPM2014-90
 [more] CPM2014-90
pp.79-82
ED 2013-04-18
13:00
宮城 東北大学電通研 片平北キャンパス ナノ・スピン総合研究棟4階 カンファレンスルーム 陽極酸化TiO<sub>2</sub>ナノチューブ膜を用いた前面照射型色素増感太陽電池の特性に与えるTiCl<sub>4</sub>処理の効果
小島領太木村康男庭野道夫東北大ED2013-1
酸化チタン(TiO2)ナノチューブ膜は色素増感太陽電池(DSC)の代替陰極材料として期待されているナノ材料である。本研究... [more] ED2013-1
pp.1-4
CPM 2012-08-09
11:20
山形 山形大学工学部100周年記念会館セミナー室 酸化チタンナノチューブ微小ガスセンサの作製
木村康男小島領太木村昭太庭野道夫東北大CPM2012-48
 [more] CPM2012-48
pp.67-70
CPM 2012-08-09
11:45
山形 山形大学工学部100周年記念会館セミナー室 陽極酸化TiO2ナノチューブ形成過程に及ぼす電解液組成の影響
小島領太木村康男庭野道夫東北大CPM2012-49
酸化チタン(TiO2)ナノチューブは、太陽電池、ガスセンサ等の材料として注目されている。本研究では、陽極酸化を用いてTi... [more] CPM2012-49
pp.71-75
ED 2012-04-19
10:50
山形 山形大学工学部 百周年記念会館大会議室 透明電極上に形成された陽極酸化TiO2ナノチューブ膜の色素増感太陽電池への応用
小島領太モハマド マクスドウル ラフマン木村康男庭野道夫東北大ED2012-15
透明電極上に形成された酸化チタン(TiO2)ナノチューブ膜は、色素増感太陽電池(DSC)の陰極材料として注目されているナ... [more] ED2012-15
pp.65-68
ED 2011-07-30
10:40
新潟 長岡技術科学大学マルチメディアシステムセンター 陽極酸化による透明電極上への酸化チタンナノチューブ膜の形成
小島領太Mohammad Maksudur RahmanMehdi El Fassy Fihry木村康男庭野道夫東北大ED2011-50
酸化チタンナノチューブは、色素増感太陽電池(DSC)の陰極材料として注目されているナノ材料である。陽極酸化は高い制御性を... [more] ED2011-50
pp.63-66
ED 2010-04-23
11:35
山形 伝国の杜(米沢) 色素増感太陽電池のための透明電極上への酸化チタンナノチューブの形成
小島領太Mohammad Maksudur RahmanEl Fassy Fihry Mehdei木村康男庭野道夫東北大ED2010-16
酸化チタンナノチューブは、色素増感太陽電池(DSC)の陰極材料として注目されている材料である。 チタンの陽極酸化は、酸化... [more] ED2010-16
pp.73-77
ED 2009-04-24
13:50
宮城 東北大学電気通信研究所 酸化チタンナノチューブの色素増感太陽電池への応用とその評価
小島領太石橋健一木村康男庭野道夫東北大ED2009-16
過塩素酸を電解液に用い金属チタン基板を陽極酸化することにより高いスペクト比を持つ酸化チタンナノチューブを作製し、その酸化... [more] ED2009-16
pp.69-72
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会