お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NLP, MICT, MBE
(共催)
NC
(併催) [詳細]
2022-01-22
14:05
ONLINE オンライン開催 ランダム化されたLorenz振動子系における同期現象を用いた秘密鍵交換
大抜倖司朗長 健一郎立命館大)・堀尾喜彦東北大)・宮野尚哉立命館大NLP2021-106 MICT2021-81 MBE2021-67
 [more] NLP2021-106 MICT2021-81 MBE2021-67
pp.155-158
NLP 2021-11-19
14:55
広島 広島工業大学広島校舎201号室 ランダム化された結合Lorenz振動子系における同期
大抜倖司朗宮野尚哉立命館大NLP2021-39
 [more] NLP2021-39
pp.19-22
NLP 2021-11-19
15:20
広島 広島工業大学広島校舎201号室 Leaky Echo State Networkを用いた音声データの特徴抽出
菊川尚杜大抜倖司朗宮野尚哉立命館大NLP2021-40
従来の再帰的ニューラルネットワークと比べ,リザーバコンピューティングは時系列のダイナミックスを高速に学習することができる... [more] NLP2021-40
pp.23-26
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
15:45
沖縄 宮古島マリンターミナル 拡張Rössler方程式に基づく交代型カオス同期を用いた暗号鍵配送
大西真史深津裕貴大抜倖司朗宮野尚哉立命館大NLP2019-109
 [more] NLP2019-109
pp.121-126
NLP, NC
(併催)
2020-01-25
16:05
沖縄 宮古島マリンターミナル カオス系の記号拡散エントロピー速度に基づくKolmogorov-Sinaiエントロピー速度の推定
宮野尚哉塩澤航太立命館大NLP2019-110
 [more] NLP2019-110
pp.127-129
NLP 2019-09-24
12:55
高知 高知県立大学 永国寺キャンパス 浮力によって誘起される乱流火炎の同期現象に及ぼす重力の影響
樋田匡治冨上拓光後藤田 浩東京理科大)・徳田 功宮野尚哉立命館大NLP2019-56
 [more] NLP2019-56
pp.109-112
NLP, NC
(併催)
2019-01-24
09:50
北海道 北海道大学 百年記念会館 間歇結合型カオス振動子群の部分同期に基づくメッセージ転送
長 憲一郎大西真史・○宮野尚哉立命館大NLP2018-110
間歇的に相互拡散結合される星形カオスネットワーク振動子間の部分同期を利用すると、送信者から受信者へのメッセージ転送が可能... [more] NLP2018-110
pp.77-82
NLP 2018-08-09
11:10
香川 香川大学 幸町キャンパス 記号力学系の情報エントロピーの増大速度に基づく最大リアプノフ指数の推定
宮野尚哉梶田和希立命館大)・後藤田 浩東京理科大NLP2018-68
時系列から最大 Lyapunov 指数を推定するアルゴリズムでは,埋め込み空間において再構成された軌道間の距離の増大速度... [more] NLP2018-68
pp.81-85
CAS, NLP
(共催)
2016-10-27
13:55
東京 日立中央研究所 乱流火災の非線形ダイナミックス
高木一至後藤田 浩東京理科大)・徳田 功宮野尚哉立命館大CAS2016-45 NLP2016-71
本研究では,記号力学と複雑ネットワークの視点から大規模乱流火災の非線形ダイナミックスを数値解析的に調べた.温度変動の時間... [more] CAS2016-45 NLP2016-71
pp.39-42
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2016-07-15
09:30
山口 中市コミュニティーホール Nac 拡張ローレンツ方程式を利用した使い捨てパッド型カオス暗号
長 憲一郎宮野尚哉立命館大ISEC2016-27 SITE2016-21 ICSS2016-27 EMM2016-35
 [more] ISEC2016-27 SITE2016-21 ICSS2016-27 EMM2016-35
pp.107-114
NLP 2015-10-31
15:45
沖縄 大濱信泉記念館(沖縄県石垣市) 拡張Lorenz方程式とその同期特性を利用したカオス暗号
長 憲一郎宮野尚哉立命館大NLP2015-113
拡張Lorenz方程式はN個のLorenzモデルがスカラー変数Xを中心ノードとして共有しつつ星型に結合したネットワークダ... [more] NLP2015-113
pp.35-38
NLP, CAS
(共催)
2015-10-05
15:00
広島 アステールプラザ(広島市) 二重拡散対流の同期の解明
近藤秀太郎立命館大)・後藤田 浩東京理科大)・宮野尚哉徳田 功立命館大CAS2015-29 NLP2015-90
本研究では, 多孔質媒体内の二重拡散対流を記述する決定論的力学系を構築し, その結合力学系の同期過程を理論的に調べた. ... [more] CAS2015-29 NLP2015-90
pp.47-50
CCS 2015-08-06
14:10
北海道 第一滝本館(北海道登別市) 拡張ローレンツ方程式が生成する擬似乱数列を用いたカオス暗号
長 憲一郎・○宮野尚哉立命館大CCS2015-30
著者らは,ネットワーク型動力学モデルである拡張ローレンツ方程式を応用したカオス暗号システムの開発を行っている.この暗号手... [more] CCS2015-30
pp.7-9
NLP, CCS
(共催)
2015-06-12
14:00
東京 早稲田大学 拡張Lorenz方程式を使った2値カオス暗号
長 憲一郎宮野尚哉立命館大NLP2015-62 CCS2015-24
拡張Lorenz方程式はN個のLorenzモデルがスカラー変数Xを中心ノードとして共有しつつ星型に結合したネットワークダ... [more] NLP2015-62 CCS2015-24
pp.135-137
NLP 2015-05-19
11:25
青森 道の駅浅虫温泉ゆ~さ浅虫(青森市) 非対称型拡張ローレンツモデルの動力学的性質
長 憲一郎宮野尚哉立命館大NLP2015-37
2給気型カオスガスタービンの運動方程式を導出し,無次元化を行った.この無次元動力学モデルを非対称拡張Lorenz方程式と... [more] NLP2015-37
pp.57-60
NLP 2015-04-23
13:30
香川 香川県社会福祉総合センター(高松市) 拡張Lorenz方程式に従うカオス時系列の複雑さ
長 憲一郎宮野尚哉立命館大NLP2015-6
拡張Lorenz方程式はN個のLorenzモデルがスカラー変数Xを中心ノードして共有しつつ星型に結合したネットワークダイ... [more] NLP2015-6
pp.23-26
NC, NLP
(共催)
2013-01-25
09:50
北海道 北海道大学百年記念会館 拡張ローレンツ系における確率共鳴とカオス
宮野尚哉長 憲一郎立命館大NLP2012-126 NC2012-116
Lorenz 方程式に従って不規則に回転方向を反転するカオス水車に触発され,著者らは,最近,カオスガスタービンを開発し,... [more] NLP2012-126 NC2012-116
pp.125-130
NLP 2012-03-27
15:15
長崎 福江文化会館 拡張ローレンツ振動子の大規模等価回路とその動的性質
吉本弘毅青野光紘宮野尚哉立命館大NLP2011-146
不規則に回転方向を反転するカオスガスタービンの運動方程式を無次元化すると,無次元角速度を表すスカラー変数を中心ノードとし... [more] NLP2011-146
pp.29-33
NLP 2011-12-15
13:50
青森 弘前大学創立50周年記念会館 拡張Lorenz方程式のカオス秘話通信への応用可能性
長 憲一郎宮野尚哉立命館大NLP2011-119
著者らは,乱流熱対流の不規則な回転運動を真似るカオスガスタービンを開発した.このタービンは N ($N \rightar... [more] NLP2011-119
pp.13-18
NLP 2011-11-09
14:55
沖縄 宮古島マリンターミナル2F研修室 乱流熱対流モデルとしての拡張ローレンツ方程式の可能性について
宮野尚哉長 憲一郎鳥山寿之立命館大NLP2011-102
Rayleigh-B\'{e}nard対流の物理機構を真似て実現されるカオスガスタービンの運動方程式を無次元化すると,$... [more] NLP2011-102
pp.61-64
 33件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会