お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
EMCJ, EMD, WPT
(併催) [詳細]
2020-07-03
15:25
ONLINE オンライン開催 選好度付きセットベース設計手法を用いた電気接点用片持ち梁のロバスト設計
萓野良樹電通大)・宮永和明富士通コンポーネント)・井上 浩電通大EMD2020-2
 [more] EMD2020-2
pp.7-12
EMD 2019-05-17
14:25
宮城 東北大学 サイバーサイエンスセンタ 電気接点用片持ち梁のPSDによる多目的最適化
萓野良樹電通大)・宮永和明富士通コンポーネント)・井上 浩上 芳夫電通大EMD2019-3
 [more] EMD2019-3
pp.13-18
EMCJ, ITE-BCT
(連催)
2012-03-16
15:15
東京 機械振興会館 ホルダ温度が低速開離接点時のブリッジとアークに与える影響
宮永和明萓野良樹井上 浩秋田大EMCJ2011-142
電気接点は広帯域なノイズを発生するが電子機器に欠かすことのできない回路開閉デバイスであり接続の信頼性とともにEMC的な観... [more] EMCJ2011-142
pp.73-77
EMD 2011-11-18
17:10
秋田 秋田大学 手形キャンパス Arc Discharge Affected by Pressure in Relay Housing
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.EMD2011-104
 [more] EMD2011-104
pp.201-205
EMD 2011-11-18
17:30
秋田 秋田大学 手形キャンパス Voltage Fluctuation of Arc Discharge Affected by Pressure in Relay Housing
Kazuaki Miyanaga・○Yoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.EMD2011-105
 [more] EMD2011-105
pp.207-211
EMD 2010-12-17
13:50
東京 玉川大学 非対称な電気接点対の寿命と信頼性に関する一検討
宮永和明萓野良樹井上 浩秋田大EMD2010-131
高信頼で長寿命な電気接点を開発するためには,アークなどの現象に対する熱的な作用を検討することが必要となる.実際の電磁リレ... [more] EMD2010-131
pp.11-16
EMD 2010-11-12
13:30
海外 西安交通大学(中国、西安) A Study on Generation and Break of Bridge at Different Material Contact Pairs
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku Univ.EMD2010-112
In order to clarify the effect of the material of the electr... [more] EMD2010-112
pp.189-192
EMD 2010-11-12
13:45
海外 西安交通大学(中国、西安) A Measurement of Waveform at Slowly Separating Silver-Based Contacts with Heated Holder
Shuhei OzawaKazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.EMD2010-113
In order to clarify the effect of heat on the arc-duration a... [more] EMD2010-113
pp.193-196
EMD 2010-05-21
16:20
秋田 秋田大学 低速開離時接点の熱伝導のブリッジへの寄与に関する検討
宮永和明萓野良樹秋田大)・高木 相東北大名誉教授)・井上 浩秋田大EMD2010-7
電気接点の接触初期の現象はまだ不明な部分が多く,ブリッジ現象が熱的な条件に依存しているため,電極とホルダの熱の伝導とブリ... [more] EMD2010-7
pp.37-42
EMD 2010-05-21
16:45
秋田 秋田大学 銀系接点低速開離時の短時間アークに関する一検討
萓野良樹宮永和明井上 浩秋田大EMD2010-8
 [more] EMD2010-8
pp.43-48
EMD 2009-11-19
09:30
東京 日本工業大学 神田キャンパス A study on Length and Diameter of Bridge Related with Holder Heat Capacity
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku Univ.)・Hiroshi InoueAkita Univ.EMD2009-70
In order to clarify the physics of contact life time and con... [more] EMD2009-70
pp.5-8
EMD 2009-11-20
15:50
東京 日本工業大学 神田キャンパス Current Fluctuation Measurement for Breaking Contact at Transient Period from Bridge to Arc
Shingo HanawaKazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.EMD2009-103
 [more] EMD2009-103
pp.145-148
EMD, EMCJ
(共催)
2009-05-22
13:25
東京 日本工業大学 神田キャンパス 銀接点低速開離時電圧波形の特徴抽出に関する検討
塙 真吾萱野良樹宮永和明井上 浩秋田大EMCJ2009-15 EMD2009-7
電気接点を開離する時にブリッジが発生した後アーク放電に移行する.低速で開離する場合に,ブリッジ発生後,再びブリッジに戻る... [more] EMCJ2009-15 EMD2009-7
pp.35-40
EMD 2008-11-16
13:00
宮城 東北文化学園大学(仙台) A Measurement on Contact Voltage and Shape of Bridge at Low Speed Breaking Contacts
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku University)・Hiroshi InoueAkita Univ.EMD2008-95
 [more] EMD2008-95
pp.121-124
EMD 2008-11-16
16:40
宮城 東北文化学園大学(仙台) A Study on Relationship between Opening Velocity and Short-Time Arc for Silver Contact
Shingo HanawaKazuaki MiyanagaYoshiki KayanoHiroshi InoueAkita Univ.EMD2008-104
 [more] EMD2008-104
pp.157-160
EMCJ, EMD
(共催)
2008-07-18
16:05
東京 機械振興会館 接点低速閉成時の定常接触電圧到達時間の測定(その2) ~ 銀パラジウムの含有率と定常接触電圧到達時間の関係 ~
宮永和明萓野良樹秋田大)・高木 相東北大名誉教授)・井上 浩秋田大EMCJ2008-48 EMD2008-30
電気接点の開離初期現象と物性値の関係は未だ不明な部分が多い.そこで,本報告では接触電圧の時間変化を知るために銀パラジウム... [more] EMCJ2008-48 EMD2008-30
pp.43-48
EMD 2008-03-07
15:05
東京 都立産業技術高専(荒川キャンパス) 外部磁界印加時の短時間アーク電流ノイズ計測
三浦 光萓野良樹宮永和明井上 浩秋田大EMD2007-131
電気接点の開閉時に発生するアーク放電は電磁ノイズの発生源となるため,EMCは寿命,信頼性などと同様に重要な評価パラメータ... [more] EMD2007-131
pp.29-32
EMD 2007-12-21
13:05
東京 日本航空電子工業株式会社 低速度開離接点の熱解析(その3) ~ 電極の温度上昇に及ぼすホルダー構造の影響 (その3) ~
宮永和明萓野良樹秋田大)・高木 相東北大名誉教授)・井上 浩秋田大EMD2007-100
接点開離時に発生するブリッジおよびアークから発生する熱は電極の損傷などの問題の源である.そこで本研究では熱の影響を,低速... [more] EMD2007-100
pp.1-5
EMD 2007-11-14
13:00
静岡 アクトシティ浜松 Measurement of Current Noise up to GHz from Slowly Breaking AgSnO2 Contact with External Magnetic Field
Hikaru MiuraYoshiki KayanoKazuaki MiyanagaHiroshi InoueAkita Univ.EMD2007-75
 [more] EMD2007-75
pp.37-42
EMD 2007-11-15
13:00
静岡 アクトシティ浜松 A Study on Heat Analysis for Breaking Contact with Low Velocity (Part 2) -- Influence of Holder Structure on Temperature Rise of Electrode (Part 2) --
Kazuaki MiyanagaYoshiki KayanoAkita Univ.)・Tasuku TakagiEm. Prof. Tohoku Univ.)・Hiroshi InoueAkita Univ.EMD2007-91
 [more] EMD2007-91
pp.131-135
 27件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会