お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 15件中 1~15件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS, SR, SRW
(併催)
2022-03-02
13:30
ONLINE オンライン開催 [依頼講演]周波数共用のための電波マップと3次元地図情報を用いた干渉電力推定手法
宮本 直藤井威生電通大
周波数資源枯渇問題への解決策として,近年,周波数共用技術が注目されている.高効率な周波数共用を実現するには,二次ユーザは... [more] SR2021-93
pp.36-41
SR 2020-11-20
10:00
ONLINE オンライン開催 周波数共用のためのアンテナ高差および支配的パスを考慮したクラッタ損失改良型電波伝搬推定
宮本 直片桐啓太電通大)・佐藤光哉東京理科大)・安達宏一藤井威生電通大SR2020-39
周波数資源枯渇問題への解決策として,近年,周波数共用技術が注目されている.高効率な周波数共用を実現するには,二次ユーザは... [more] SR2020-39
pp.108-113
SR 2019-12-05
13:50
沖縄 石垣市民会館(石垣島) [ポスター講演]LTE/5Gと異システム間の周波数共用のための高度を考慮した電波伝搬推定法
宮本 直片桐啓太藤井威生電通大SR2019-89
近年,2.3GHz帯において5Gと異システム間の周波数共用検討がなされている.周波数共用時,二次ユーザ(SU : Sec... [more] SR2019-89
pp.23-24
NC, MBE
(共催)
2015-03-16
14:00
東京 玉川大学 グレーSOMを用いたスパムメールフィルタリング
宮本直樹六井 淳島根大MBE2014-165 NC2014-116
近年のスパムメール増加に伴い、ハムメールかスパムメールかの識別は重要な課題となっている。判定の曖昧なメールデータはグレー... [more] MBE2014-165 NC2014-116
pp.271-276
SWIM 2011-11-18
10:30
東京 東海大学 高輪キャンパス 上流設計からモデル検査プロセスまでの一貫設計検証環境 ~ UML記述からSPINモデル検査器用プロセス定義及び線形時相論理式への自動変換手法 ~
宮本直樹和崎克己信州大SWIM2011-19
SPIN モデル検査器を実行するには,専用の仕様記述言語 PROMELA で対象モデルを記述する.また,検査対象の仕様の... [more] SWIM2011-19
pp.7-12
SDM 2011-10-21
15:50
宮城 東北大学未来研 TSVを用いた3次元FPGAの性能評価
宮本直人東北大)・松本洋平東京海洋大)・小池汎平産総研)・松村忠幸長田健一中川八穂子超先端電子技術開発機構)・大見忠弘東北大SDM2011-113
近年,微細化に替わる集積化技術の1つとして3次元積層技術の研究が盛んに行われている.中でも規則的構造を持つリコンフィギュ... [more] SDM2011-113
pp.91-96
ICD, IPSJ-ARC
(連催)
2011-01-20
11:00
神奈川 慶応大学(日吉) ホモジニアス・タイル構造3次元FPGAの性能評価
宮本直人東北大)・小池帆平産総研)・松本洋平東京海洋大)・松村忠幸長田健一中川八穂子十山圭介超先端電子技術開発機構)・大見忠弘東北大
さまざまな3次元FPGA構造を扱うことができる自由度の高い配置配線CADツールを開発した.このツールを用いて幾つかのホモ... [more] ICD2010-130
pp.13-18
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2009-12-02
11:00
高知 高知市文化プラザ Tailbiting BIPを用いたWiMAXターボデコーダ
新井宏明宮本直人小谷光司東北大)・藤澤久典富士通研)・伊藤隆司東北大CPM2009-136 ICD2009-65
本稿では、WiMAX用ターボデコーダにおける高スループットと高いエネルギー効率を得るための方法としてTailbiting... [more] CPM2009-136 ICD2009-65
pp.13-18
SDM 2009-10-29
17:15
宮城 東北大学 大規模アレイTEGを用いた長時間測定によるランダム・テレグラフ・シグナルの統計的評価
藤澤孝文阿部健一渡部俊一宮本直人寺本章伸須川成利大見忠弘東北大SDM2009-123
MOSFETの微細化,低ノイズデバイス作製のために,RTSノイズを抑制することが必要である.本報告では短時間で多数個のR... [more] SDM2009-123
pp.31-36
VLD, CPSY, RECONF, IPSJ-SLDM
(共催)
2009-01-30
14:10
神奈川 慶応義塾大学(日吉) 大規模回路エミュレーション用90nm CMOSマルチコンテクストFPGAの遅延評価
宮本直人大見忠弘東北大VLD2008-119 CPSY2008-81 RECONF2008-83
大規模な回路のハードウェアエミュレーションを目的として,90nm CMOSマルチコンテクストFPGA『フレキシブルプロセ... [more] VLD2008-119 CPSY2008-81 RECONF2008-83
pp.165-170
SDM 2008-10-10
15:15
宮城 東北大学 Stress Induced Leakage CurrentとRandom Telegraph Signalノイズとの相関
熊谷勇喜寺本章伸阿部健一藤澤孝文渡部俊一諏訪智之宮本直人須川成利大見忠弘東北大SDM2008-165
絶縁膜にFowler-Noldheim(FN)電子注入ストレスを印加した際の、stress induced leakag... [more] SDM2008-165
pp.57-62
SDM 2007-10-05
16:15
宮城 東北大学 プラズマプロセスによるMOSFET特性ばらつきの統計的評価
渡部俊一須川成利阿部健一藤澤孝文宮本直人寺本章伸大見忠弘東北大SDM2007-193
新規に提案した大規模アレイTEGを用い、アンテナ比を変化させた多数個のMOSFETの電気的特性を統計的に評価した。アンテ... [more] SDM2007-193
pp.69-72
ICD, VLD
(共催)
2007-03-07
15:00
沖縄 メルパルク沖縄 動作合成技術を用いたハードウエア/ソフトウエア自動分割技術
岩間大介宮本直人須川成利大見忠弘東北大
 [more] VLD2006-111 ICD2006-202
pp.31-36
RECONF 2005-09-15
11:30
広島 国民宿舎 みやじま 杜の宿 PELOC:動的再構成FPGA用自動配置配線ツール ~ フレキシブルプロセッサへの応用 ~
宮本直人大川 猛アミール ヤマックカーン アシュファクザマン岩間大介関東弘明小谷光司須川成利大見忠弘東北大
 [more] RECONF2005-32
pp.13-18
IE, SIP, ICD, IPSJ-SLDM
(共催)
2004-10-22
10:10
山形 米沢市・伝国の杜(もり)会議室 動的再構成ALUを搭載した画像認識プロセッサ
宮本直人小谷光司東北大)・丸尾和幸アドバンテスト研)・大見忠弘東北大
位相限定相関(POC)アルゴリズムを実装した画像認識プロセッサを開発した。このプロセッサに搭載されるALUは動的に再構成... [more] SIP2004-91 ICD2004-123 IE2004-67
pp.13-18
 15件中 1~15件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会