お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 16件中 1~16件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MI 2022-07-08
15:00
北海道 小樽商工会議所・小樽経済センターホール(4階)
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[ショートペーパー]患者の心臓動的形状とメタデータを用いた虚血性心疾患診断システムの構築
宮内翔子九大)・諸岡健一岡山大)・倉爪 亮九大
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more]
SIP, BioX, IE, MI
(共催)
ITE-IST, ITE-ME
(共催)
(連催) [詳細]
2022-05-19
15:30
熊本 熊本大学工学部黒髪キャンパス南地区
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
Multiple Instance Learningによる大腸病理画像からの癌再発予測システムの構築
大森一輝諸岡健一岡山大)・中西良太宮内翔子沖 英次吉住朋晴九大SIP2022-14 BioX2022-14 IE2022-14 MI2022-14
大腸癌は,再発すると死亡のリスクが非常に高くなるため,再発リスクが高いと考えられる場合は術後に化
学療法を行う.しかし... [more]
SIP2022-14 BioX2022-14 IE2022-14 MI2022-14
pp.76-77
MI 2021-03-15
13:00
ONLINE オンライン開催 [ショートペーパー]Graph Convolutional Networkによる口唇口蓋裂患者の咬合評価
宮内翔子九大)・渡邉匠吾板谷 響岡山大)・谷川千尋谷村百和子山城 隆長原 一阪大)・諸岡健一岡山大MI2020-51
口唇口蓋裂患者の歯型模型の3 次元メッシュモデルが入力された際に,5 段階の咬合評価結果を出力するGraph Convo... [more] MI2020-51
pp.21-22
MI 2021-03-17
11:30
ONLINE オンライン開催 MICCAI 2020参加報告
斉藤 篤東京農工大)・小田昌宏名大)・大竹義人奈良先端大)・花岡昇平東大)・諸岡健一岡山大)・宮内翔子九大)・増谷佳孝広島市大)・申 忱森 健策名大MI2020-92
本稿では,MICCAI 2020の本会議セッション及びワークショップの概要を紹介し,特に興味深い報告について内容を解説す... [more] MI2020-92
pp.191-197
MI 2020-01-29
10:55
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]ヒト胚子の解剖学的ランドマークの統計モデルの改良
新城 葵斉藤 篤東京農工大)・高桑徹也山田重人京大)・本谷秀堅松添 博名工大)・宮内翔子諸岡健一九大)・清水昭伸東京農工大MI2019-71
ヒトの胚子期などの器官形成期には,解剖学的ランドマークが新しく発生するが,モデル化の際には限られた数のデータしか利用でき... [more] MI2019-71
pp.29-30
MI 2020-01-30
14:20
沖縄 沖縄県青年会館 MICCAI 2019参加報告
小田昌宏伊東隼人名大)・宮内翔子諸岡健一九大)・松崎博貴国立がん研究センター東病院)・花岡昇平東大)・古川 亮増谷佳孝広島市大)・森 健策名大MI2019-117
本稿では,MICCAI 2019の本会議セッション及びワークショップの概要を紹介し,特に興味深い報告について内容を解説す... [more] MI2019-117
pp.219-226
MI 2020-01-30
15:00
沖縄 沖縄県青年会館 [ショートペーパー]1体の日本人脳を用いた脳の解剖学的地図「3次元脳図譜」の構築
野田陽太諸岡健一九大)・宮城 靖福岡みらい病院)・福田孝一熊本大)・宮内翔子倉爪 亮九大MI2019-119
我々は,1体の日本人献体脳を用いて,脳の解剖学的地図である3次元脳図譜を構築している.まず,3次元ディジタイザを用いて献... [more] MI2019-119
pp.231-234
MI, MICT
(共催) [詳細]
2019-11-05
14:00
茨城 筑波大学 [ショートペーパー]Gaussian Process Dynamical Modelを用いた多元心臓統計的形状モデルの構築
内林光優宮内翔子諸岡健一九大)・Jinming DuanWenjia BaiDaniel RueckertImperial College London)・倉爪 亮九大MICT2019-31 MI2019-58
本研究では,周期的に形が変わる動的臓器である心臓を対象とし,各時刻での形状の多様性と,周期的な形状変化の多様性を同時に記... [more] MICT2019-31 MI2019-58
pp.31-32
MI 2017-09-25
15:00
千葉 千葉大学 [ショートペーパー]modified Self-organizing Deformable Modelを用いた臓器表面モデルに対する幾何特徴量保存写像の高速化
宮内翔子諸岡健一九大)・宮城 靖福岡みらい病院)・福田孝一熊本大)・倉爪 亮九大MI2017-43
我々はこれまで,臓器の表面形状モデルを単純な形状を有する目標曲面上へ写像する手法modified Self-organi... [more] MI2017-43
pp.15-16
MI 2017-01-18
16:10
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館(那覇市) MICCAI 2016参加報告
小田昌宏名大)・宮内翔子諸岡健一九大)・周 向栄岐阜大)・増谷佳孝広島市大)・中口俊哉井宮 淳千葉大)・森 健策名大MI2016-118
本稿では,MICCAI 2016の本会議セッション及びワークショップの概要を紹介し,特に興味深い報告について内容を解説す... [more] MI2016-118
pp.185-190
MI 2016-07-26
14:55
北海道 苫小牧市民会館 内部組織を有する臓器ボリュームモデルの目標体への写像
宮内翔子諸岡健一九大)・辻 徳生金沢大)・宮城 靖福岡みらい病院)・福田孝一熊本大)・倉爪 亮九大MI2016-45
これまでに我々は,単純な臓器ボリュームモデルを単純な形状の目標体へ,幾何特徴量を保存しつつ写像する方法を構築した.本発表... [more] MI2016-45
pp.49-54
MI 2016-01-19
10:00
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 統計的形状モデルとパーティクルフィルタによる低品質医用画像からの3次元椎骨形状の再構築
藤崎祥平諸岡健一久保田健介宮内翔子辻 徳生倉爪 亮九大MI2015-73
本研究では,空間解像度が低く雑音を含む低品質医用画像から,脊椎の3次元形状を再構築する手法を提案する.
具体的には,パ... [more]
MI2015-73
pp.1-5
MI 2016-01-20
13:50
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 自己組織化可変モデルに基づく組織ボリュームモデルの目標体への写像
宮内翔子諸岡健一辻 徳生九大)・宮城 靖貝塚病院)・福田孝一熊本大)・倉爪 亮九大MI2015-135
本発表では,四面体要素の集合である生体組織のボリュームモデルを,幾何特徴量を保存しつつ,単純な形状の目標体へ写像する方法... [more] MI2015-135
pp.305-308
MI 2016-01-20
14:02
沖縄 那覇市ぶんかテンブス館 日本人3次元脳図譜構築のための脳ブロックモデルの非剛体位置合わせ
佐々木 翔諸岡健一宮内翔子辻 徳生九大)・宮城 靖貝塚病院)・福田孝一熊本大)・佐村和宏福岡大)・倉爪 亮九大MI2015-136
我々は,単一日本人献体脳を用いて3次元脳図譜の作成を行っているcite{japanese_atlas}.まず,脳標本を厚... [more] MI2015-136
pp.309-313
MI 2014-01-26
15:15
沖縄 沖縄ぶんかテンブス館 等面積・等角性を保存した生体組織表面モデルの目標曲面への写像
宮内翔子諸岡健一辻 徳生九大)・宮城 靖貝塚病院)・福田孝一熊本大)・倉爪 亮九大MI2013-82
本研究では,幾何特徴量を保存しつつ,生体組織の三次元表面メッシュモデルを目
標曲面へ写像する方法を提案する.この写像は... [more]
MI2013-82
pp.143-148
MI 2013-07-18
14:55
宮城 東北大学片平キャンパス・さくらホール 任意曲面への脳表メッシュモデルの写像
宮内翔子諸岡健一九大)・宮城 靖貝塚病院)・福田孝一熊本大)・辻 徳生倉爪 亮九大MI2013-26
複雑な形状を持つ人体組織同士を比較するために,各メッシュモデルを,形状が単純な目標曲面に一旦写像して,写像先で差異を比較... [more] MI2013-26
pp.39-44
 16件中 1~16件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会