お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
TL 2020-03-22
13:30
大阪 大阪電気通信大学 [招待講演]言語の場面性 ~ いま・ここ・現実・私たち ~
定延利之京大TL2019-59
本講演は,現代日本語共通語に関する講演者の最近の一連の研究をもとに,言語の場面性を論じるものである.言語は伝統的に脱-場... [more] TL2019-59
pp.21-26
TL 2016-10-09
10:55
兵庫 神戸学院大学ポートアイランドキャンパスD号館アクティブスタジオ [招待講演]体感の観点からみた日本語の「ている」と「た」
定延利之神戸大TL2016-29
本講演では,これまでにさまざまな現象を説明するために筆者が提案してきた,世界モデルへの3種の潤色(体感領域・情報プール・... [more] TL2016-29
pp.19-24
TL 2014-12-20
14:20
大阪 大阪電気通信大学寝屋川駅前キャンパス [招待講演]「当事者間の了解」に関する無限後退の問題について
定延利之神戸大TL2014-48
コミュニケーションや言語はしばしば,当事者間の心理的なインタラクションを前提とする.この心理的なインタラクションには当該... [more] TL2014-48
pp.25-30
TL 2014-02-21
15:10
千葉 千葉大学 [招待講演]キャラクタから見た翻訳の問題と解決
定延利之神戸大TL2013-61
この講演では,「キャラクタ」という日本発の新しい概念を紹介し,この概念に関わる翻訳の問題とその解決を論じる.主な結論は以... [more] TL2013-61
pp.1-6
TL 2013-12-14
12:00
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 推論利用可能性と染み込み速度に関する知識と体験の異なり
定延利之神戸大TL2013-53
本発表では,知識と体験が推論利用可能性と染み込み速度に関して異なることを,現代日本語(共通語)の諸現象を通して示す.条件... [more] TL2013-53
pp.35-40
TL 2012-12-08
11:20
東京 早稲田大学 8 号館 303 / 304 / 305 号室 直示的でないことばと場との関わり ~ 現代日本語(共通語)の場合 ~
定延利之神戸大TL2012-39
動物のコミュニケーション・システムとは異なる人間の言語の特徴として「脱場面性」(displacement, Hocket... [more] TL2012-39
pp.29-33
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会