お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
NS 2020-04-17
11:10
ONLINE オンライン開催 ユーザ意図に基づくネットワーク自動設計/設定に関する一検討 ~ 論理ネットワークと実ネットワークの照合手法 ~
瀧田 裕西島孝通早野真史引地謙治宗宮利夫富士通研NS2020-7
迅速なネットワークインテグレーション実現に向けて、ユーザの意図からそれを満たすネットワークを自動設計/設定する Inte... [more] NS2020-7
pp.57-62
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
[技術展示]ユーザ意図に基づくIoTネットワークの自動構築/管理のための機能指向ネットワークモデルの実装
宗宮利夫西島孝通杉野 譲水口 有松田英幸富士通NS2019-211 IN2019-102
デジタルトランスフォーメーション時代の迅速かつ柔軟なネットワーク構築・運用管理の実現に向け、ビジネスを行うユーザの意図を... [more] NS2019-211 IN2019-102
p.189(NS), p.149(IN)
NS, IN
(併催)
2020-03-06
11:20
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬
(開催中止,技報発行あり)
ユーザ意図に基づくネットワーク自動設計/設定に関する一検討 ~ 意図を満たす論理ネットワークの設計手法 ~
西島孝通瀧田 裕早野真史引地謙治宗宮利夫富士通研NS2019-227
迅速なネットワークインテグレーション実現に向けて、ユーザの意図をダイレクトにネットワークの設計/設定に反映できる Int... [more] NS2019-227
pp.277-282
NS, CQ, ICM, NV
(併催)
2016-11-24
11:25
山口 下関商工会議所 複数SDNアプリケーションにおけるフローエントリ競合検知手法の提案
西間木 哲引地謙治宗宮利夫山田亜紀子富士通研NS2016-105
SDN技術により、ネットワークをSDNアプリケーション(SDNアプリ)でプログラマブルに制御できるようになった。我々は、... [more] NS2016-105
pp.25-30
NS 2016-01-22
15:55
福岡 博多バスターミナル 貸ホール 柔軟な光パス運用を実現する光コアSDN動的リソース管理制御に関する検討
中津川恵一宮部正剛山田亜紀子山下真司宗宮利夫富士通NS2015-166
広域ネットワークのSDN対応に向け,OTNを適用する光コアネットワークを対象として光コアリソースの動的管理制御について検... [more] NS2015-166
pp.115-120
PN, NS, OCS
(併催)
2014-06-26
16:20
大分 ビーコンプラザ(別府) [招待講演]光トランスポートネットワークにおける光・パケット融合を実現するSDN技術
片桐 徹小野雅之渋谷一弘宮部正剛山下真司松井秀樹宮下卓也内藤崇男山田亜紀子宗宮利夫三浦和行富士通
(事前公開アブストラクト) 光とパケットのマルチレイヤで構成されるトランスポートネットワークにおいて、サービスに適したネ... [more]
CS, CQ
(併催)
2014-04-24
11:20
広島 広島市立大学 SDN技術による光・パケット網の統合制御
山下真司山田亜紀子曽根恭介青木泰彦清水 翔宗宮利夫宮部正剛片桐 徹内藤崇男富士通研CQ2014-2
近年パケット網を対象として導入が進むSoftware Defined Networking(SDN)/OpenFlowの... [more] CQ2014-2
pp.7-12
NS, IN
(併催)
2014-03-06
10:40
宮崎 宮崎シーガイア 分散型SDNコントローラにおけるメッセージ処理拡張手法に関する検討
清水 翔山田亜紀子宗宮利夫富士通NS2013-212
 [more] NS2013-212
pp.207-212
NS, IN
(併催)
2013-03-07
11:50
沖縄 残波岬ロイヤルホテル 数理計画法を用いたネットワーク設計方法 ~ 問題規模削減に向けた一検討 ~
石橋賢太郎富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・今井悟史富士通研)・日下部雄三富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・山田亜紀子宗宮利夫富士通研NS2012-199
複雑化するネットワーク構築に向け,数理計画問題に帰着したネットワーク設計技術が注目されている.
しかし,ネットワーク設... [more]
NS2012-199
pp.197-202
NS, IN
(併催)
2013-03-08
15:30
沖縄 残波岬ロイヤルホテル IP over WDMネットワークにおける省電力な論理トポロジ設計に向けた一検討
今井悟史山田亜紀子宗宮利夫富士通NS2012-272
 [more] NS2012-272
pp.623-628
CQ, ICM, NS
(併催)
2012-11-16
09:00
滋賀 長浜バイオ大学 省電力経路選択アルゴリズムのSDNへの適用に関する一検討
山田亜紀子清水 翔今井悟史宗宮利夫富士通CQ2012-65
近年,OpenFlow[1]への関心が高まるとともにSDN(Software Defined Network)への取り組... [more] CQ2012-65
pp.41-46
NS, IN
(併催)
2012-03-08
11:40
宮崎 宮崎シーガイア 数理計画法に基づく省電力ネットワーク設計方法 ~ 大域的最適化問題のモデル化とデマンド分割問題 ~
今井悟史清水 翔宗宮利夫富士通NS2011-185
トラフィックの増大に伴い,ネットワーク機器で消費される電力量が大きくなりつつある.一方,現在のネットワークでは,トラフィ... [more] NS2011-185
pp.35-40
NS, IN
(併催)
2012-03-09
15:40
宮崎 宮崎シーガイア 光ネットワークにおける補助グラフに基づく省電力ルーティングの実験的評価
清水 翔今井悟史宗宮利夫富士通NS2011-262
トラフィックの増加に伴うネットワークの消費電力の拡大のため,ネットワークの消費電力削減は重要な研究課題である.光ネットワ... [more] NS2011-262
pp.469-474
CS, NS, IN
(併催)
2011-09-01
11:15
宮城 東北大学 DPIを用いたネットワークからの情報抽出手法の一検討とその試作
宗宮利夫富士通研)・西永 望NICTNS2011-64
ネットワークを流れるトラヒックおよびネットワーク利用者は年々増加し続けており、それに合わせてネットワークインフラに対する... [more] NS2011-64
pp.17-22
CQ 2010-07-09
09:50
北海道 宗谷ふれあい公園 新世代ネットワーク実現に向けた研究開発戦略 ~ 新たなネットワーク構築に向けた取り組みと要素技術の概要 ~
宗宮利夫NICTCQ2010-33
「新世代ネットワーク」は2015-2020年頃を実現時期とした新たな情報通信ネットワークであり、既存ネットワーク技術やそ... [more] CQ2010-33
pp.91-96
CS, CQ
(併催)
2008-04-25
10:55
青森 弘前大学 ポリシーベースで動作するサービスコーディネーションフレームワークの一検討
引地謙治大谷 武佐々木和雄宗宮利夫富士通研CQ2008-9
 [more] CQ2008-9
pp.47-52
ICM 2008-03-14
16:25
沖縄 石垣市民会館 大規模ネットワークを対象としたドメイン分割型QoS制御方式の性能評価
仲道耕二山本 寛山田亜紀子宗宮利夫中後 明富士通TM2007-71
 [more] TM2007-71
pp.109-114
NS, IN
(併催)
2008-03-06
11:30
沖縄 万国津梁館(沖縄) P2Pネットワーク技術を利用した分散型ネットワーク障害検知システム
山本 寛仲道耕二宗宮利夫富士通研IN2007-168
エンド端末によるサービストラヒックの品質計測結果を基にネットワークの内部状態を推定し,自動的にネットワーク上の障害箇所を... [more] IN2007-168
pp.55-60
CS 2008-01-28
11:10
鹿児島 奄美大島 奄美文化センター(鹿児島県) 大規模ネットワークにおける映像配信サービスの体感品質定量化に関する一検討
今井悟史仲道耕二宗宮利夫富士通研CS2007-58
 [more] CS2007-58
pp.19-24
NS, ICM, CQ
(併催)
2007-11-15
17:15
福岡 福岡システムLSI総合開発センター トラフィック多重化モデルに基づくリンク負荷推定方式
今井悟史富士通研)・鎌田正義富士通九州ネットワークテクノロジーズ)・宗宮利夫富士通研CQ2007-77
IP電話やVoDなど様々なリアルタイムアプリケーションの普及に伴い,ネットワーク品質管理が重要になってきている.これらの... [more] CQ2007-77
pp.31-36
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会