電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 66件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2018-10-19
09:30
東京 機械振興会館 周波数シンボル拡散を用いた適応変調符号化
小島 駿丸田一輝安 昌俊千葉大
超高速・高品質な通信の実現が要求される次世代移動体通信において, 適応変調符号化 (AMC)はスループットを向上させる有... [more] RCS2018-164
pp.71-76
RCS 2018-10-19
10:30
東京 機械振興会館 適応的モバイルネットワークにおける高周波数帯車載スモールセル基地局の歩車間通信特性
丸田一輝千葉大)・中山 悠青学大)・本田一暁慶大)・久野大介阪大)・田中 健neko 9 Lab.)・安 昌俊千葉大
増大するモバイルトラフィックを限られた周波数資源下で効率的に収容する手段として無線基地局のスモールセル化が有効である.一... [more] RCS2018-167
pp.89-94
RCS 2018-10-19
15:55
東京 機械振興会館 [奨励講演]マルチセルMassive MIMOシステムにおけるパイロット汚染除去のための干渉抑圧方式
丸田一輝安 昌俊千葉大
Massive MIMOシステムにおいて多数のユーザを空間多重する場合,パイロット汚染によりユーザ間干渉,セル間干渉とも... [more] RCS2018-177
pp.143-148
CQ 2018-05-31
16:40
千葉 千葉大学西千葉キャンパス アカデミック・リンク・センター [招待講演]ブラインド型アダプティブアレーによる干渉抑圧:アルゴリズムの特性比較と周波数共用への応用について
丸田一輝千葉大)・西森健太郎新潟大)・安 昌俊千葉大
周波数資源の逼迫に伴い,高周波数化への移行とともに単一周波数におけるスモールセル展開及び多元接続の多ユーザ化が進むことが... [more] CQ2018-22
pp.25-30
CS, CAS
(共催)
2018-03-13
16:20
福岡 九州大学 西新プラザ フェージング環境におけるアンテナ選択によるCMA/MMAアダプティブアレーの干渉抑圧特性安定化
丸田一輝安 昌俊千葉大
定包絡線アルゴリズム(CMA)はチャネル情報の推定が不要なアダプティブアレーアルゴリズムの一つとして知られており,未知の... [more] CAS2017-160 CS2017-114
pp.151-155
RCS, SR, SRW
(併催)
2018-03-01
09:00
神奈川 YRP 横須賀リサーチパーク マルチセルMassive MIMOアップリンクにおけるセミブラインド干渉抑圧のビームスペース法を用いた特性改善
丸田一輝安 昌俊千葉大
マルチセルMassive MIMOシステムにおけるアップリンクのユーザ間干渉及びセル間干渉を克服する手法として,これまで... [more] RCS2017-346
pp.167-172
RCS 2017-10-20
13:25
宮城 東北工業大学 [依頼講演]マルチセルMassive MIMOアップリンクにおける判定帰還型チャネル推定を用いたセミブラインド干渉除去
丸田一輝安 昌俊千葉大
本稿では,マルチセルMassive MIMOシステムにおけるセミブラインド型アダプティブアレー及び判定帰還型チャネル推定... [more] RCS2017-194
pp.143-148
CQ
(第二種研究会)
2017-10-16
16:15
福岡 九州大学西新プラザ [ポスター講演]ブラインド型アダプティブアレーアルゴリズムの干渉抑圧特性比較
丸田一輝安 昌俊千葉大
モバイルトラフィックの増大に伴うスモールセル化,周波数資源の枯渇等に起因し,無線通信における電波干渉は深刻な問題となりつ... [more]
CAS, CS
(共催)
2017-02-23
10:10
滋賀 彦根勤労福祉会館 SICを用いたアップリンクマルチユーザ可視光OFDM-IDMAシステムの特性評価
栗原麻人安 昌俊千葉大
 [more] CAS2016-115 CS2016-76
pp.1-6
CAS, CS
(共催)
2015-02-27
10:25
鳥取 鳥取大学 ダウンリンクMulti-User MIMO/OFDMにおける高速ビーム・フォーミング技術に関する研究
滕 海岩安 昌俊大森達也橋本研也千葉大
 [more] CAS2014-133 CS2014-105
pp.77-80
CAS, CS
(共催)
2015-02-27
10:50
鳥取 鳥取大学 A novel Symbol Timing Synchronization Scheme for OFDM Systems Based on variational Pseudo-Noise preamble
Wenjian WangChang-Jun AhnTatsuya OmoriKen-ya HashimotoChiba Univ.
 [more] CAS2014-134 CS2014-106
pp.81-86
CAS, CS
(共催)
2015-02-27
11:15
鳥取 鳥取大学 Wireless power transmission with rough beamforming method
Chang-Jun AhnChiba Univ.
 [more] CAS2014-135 CS2014-107
pp.87-90
CAS, CS
(共催)
2015-02-27
11:40
鳥取 鳥取大学 DF-協調通信における同一フィードバック情報を用いたパケット分割と適応変調の実現
井田悠太西隈永一郎山口大)・安 昌俊千葉大)・松元隆博松藤信哉山口大
MIMO(Multiple-input multiple-output)の様な複数の経路を用いる技術として,協調通信は提... [more] CAS2014-136 CS2014-108
pp.91-94
SRW 2014-10-27
11:35
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス けやき会館) AFリレー伝送C-HTRCI-MIMO/OFDMにおける干渉分散値を用いたチャネル推定強化法
井田悠太山口大)・安 昌俊千葉大)・松元隆博松藤信哉山口大
通信の高品質化を実現する方法として,AF(Amplify-and-forward)リレー伝送を用いたMIMO/OFDM(... [more] SRW2014-27
pp.13-18
SRW 2014-10-27
13:00
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス けやき会館) Blind symbol synchronization scheme for preambleless OFDM systems based on cyclic prefixes in multipath channels
Wen-jian WangChang-Jun AhnTatsuya OmoriKen-ya HashimotoChiba Univ.
 [more] SRW2014-28
pp.19-24
SRW 2014-10-27
13:25
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス けやき会館) IQ Imbalance and Carrier Frequency Offset Compensation Schemes using TFI-OFDM
Hikaru OkaChang-Jun AhnTatsuya OmoriKen-ya HashimotoChiba Univ.
 [more] SRW2014-29
pp.25-30
SRW 2014-10-27
13:50
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス けやき会館) Performance Enhancement for Single Symbol Decodable AMC QO-STBC/OFDM with Asymmetric Constellation
Masayuki KitakataChang-Jun AhnTatsuya OmoriKen-ya HashimotoChiba Univ.
 [more] SRW2014-30
pp.31-35
SRW 2014-10-27
14:25
千葉 千葉大学(西千葉キャンパス けやき会館) Performance Improvement for VLC-OFDM using FSS and PPS
Yosuke FujiiChang-Jun AhnTatsuya OmoriKen-ya HashimotoChiba Univ.
 [more] SRW2014-31
pp.37-41
RCS, AP
(併催)
2013-11-21
10:25
島根 松江テルサ QRM-MLDとチャネルランキングを適用したHTRCI-MIMO/OFDMにおける非線形高速フェージング補償
井田悠太山口大)・夜船誠致広島市大)・安 昌俊千葉大)・松元隆博松藤信哉山口大
多入力多出力(MIMO)アンテナを用いた直交周波数分割多重(OFDM)は膨大な計算量を要求する.この問題を解決するために... [more] RCS2013-186
pp.73-77
SIP, CAS, CS
(共催)
2013-03-14
09:30
山形 慶應大学鶴岡キャンパス(山形) CoMP送信におけるQO-STBCを用いたセル端スループットの改善
大久保 慧安 昌俊大森達也橋本研也千葉大
近年,無線通信では高速伝送の需要が増加している.しかしながら,セル端のように多地点の送信局から同時に信号を受信する環境下... [more] CAS2012-96 SIP2012-127 CS2012-102
pp.1-4
 66件中 1〜20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会