お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
RCS 2020-06-24
13:00
ONLINE オンライン開催 センサネットワークにおける自律分散的送信タイミング制御法
蕪木碧仁相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大RCS2020-23
 [more] RCS2020-23
pp.1-6
RCS 2020-06-24
13:25
ONLINE オンライン開催 確率的バイナリーオフロードを用いたWireless Powered MECの特性評価
小林拓弥安達宏一電通大RCS2020-24
 [more] RCS2020-24
pp.7-12
RCS 2020-06-24
- 2020-06-26
ONLINE オンライン開催 LoRaWANにおけるACK信号を用いた自律分散的な周波数リソース割当て手法の検討
鈴木康介沼津高専)・相原直紀安達宏一電通大)・山崎悟史沼津高専RCS2020-54
今後IoTの更なる発展により,多数のノードが密集する稠密環境が想定される.そのような環境では,同一時刻・周波数で複数ノー... [more] RCS2020-54
pp.187-192
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-04
15:00
東京 東京工業大学 [招待講演]ダイナミック周波数共用実現に向けた研究開発
山崎浩輔林 高広天野良晃岸 洋司KDDI総合研究所)・藤井威生安達宏一電通大)・原田博司水谷圭一京大)・高田潤一齋藤健太郎東工大)・不破 泰田久 修信州大)・澤井 亮木村亮太ソニー)・馬場覚志掛札祐範日本電業工作)・金本英樹安永 毅パナソニックRCS2019-345 SR2019-120 SRW2019-66
総務省電波有効利用成長戦略懇談会においても,5Gの普及等,電波利用の今後のさらなる拡大に対応するためには,従来の地理的な... [more] RCS2019-345 SR2019-120 SRW2019-66
pp.137-142(RCS), pp.41-46(SR), pp.35-40(SRW)
RCS, SR, SRW
(併催)
2020-03-05
10:55
東京 東京工業大学 無線LANにおける環境価値の予測と電力制御の検討
神戸寛典田久 修信州大)・安達宏一電通大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大SR2019-126
無線LAN(Local Area Network)は,スマートフォンやタブレットの普及にともない,家庭やオフィスなど様々... [more] SR2019-126
pp.79-86
IT, SIP, RCS
(共催)
2020-01-23
10:50
広島 広島市青少年センター LoRaWANにおける教師なし外部干渉検出及び無線リソース再割当て手法
相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大IT2019-45 SIP2019-58 RCS2019-275
 [more] IT2019-45 SIP2019-58 RCS2019-275
pp.57-62
NS, RCS
(併催)
2019-12-19
10:40
徳島 徳島大学 工業会館 セルラーネットワークにおけるAffinity Propagationに基づく基地局動作決定手法
高橋一成安達宏一電通大RCS2019-240
無線通信ネットワークでは,ピーク時のモバイルトラフィックに対応できるネットワーク設計が必要である.モバイルトラフィックは... [more] RCS2019-240
pp.19-24
RISING
(第二種研究会)
2019-11-26
10:30
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]Array Antenna for Power Saving of Sensor Nodes in UAV-BS Enabled WSN
Hendrik LumbantoruanKoichi AdachiUEC
 [more]
RISING
(第二種研究会)
2019-11-27
13:55
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]LoRaWANにおける強化学習を用いた周波数チャネル割り当て手法
相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大
 [more]
SR 2019-11-04
11:00
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Spectrum Database Aided Prior Vacant Frequency Band Detection for Spectrum Sharing
Miho MusashiKoichi AdachiUECSR2019-71
 [more] SR2019-71
pp.21-22
SR 2019-11-05
10:50
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Evaluation of radio propagation characteristics with Various Antenna High for 920MHz frequency sharing
Ryota SugimotoOsamu TakyuShinshu Univ.)・Koichi AdachiUEC)・Mai OhtaFukuoka Univ.)・Takeo FujiiUECSR2019-79
LPWAN is widely used for IoT because it can communicate over... [more] SR2019-79
pp.41-42
SR 2019-11-05
10:50
海外 Rutgers University, NJ, USA [ポスター講演]Reinforcement learning aided orthogonal frequency allocation in LoRaWAN
Naoki AiharaKoichi AdachiUEC)・Osamu TakyuShinshu Univ.)・Mai OhtaFukuoka Univ.)・Takeo FujiiUECSR2019-81
 [more] SR2019-81
pp.45-46
SeMI, RCS, NS, SR, RCC
(併催)
2019-07-11
10:40
大阪 I-Siteなんば(大阪) [ポスター講演]スペクトラムセンシングとパケット解析を併用したHMMによる無線環境の推定法
山本健一郎田久 修信州大)・藤井威生安達宏一電通大)・太田真衣福岡大RCC2019-35 NS2019-71 RCS2019-128 SR2019-47 SeMI2019-44
 [more] RCC2019-35 NS2019-71 RCS2019-128 SR2019-47 SeMI2019-44
pp.117-118(RCC), pp.143-144(NS), pp.139-140(RCS), pp.149-150(SR), pp.131-132(SeMI)
RCS 2019-06-19
15:55
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル 電力領域における非直交多元接続を考慮した基地局スリープアルゴリズムに関する研究
斎藤吏玖高橋一成安達宏一電通大RCS2019-57
 [more] RCS2019-57
pp.119-124
RCS 2019-06-19
16:05
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル LoRaWANにおける複数GW受信時の拡散率選択法に関する研究
陳 慕穎安達宏一電通大RCS2019-58
様々なデバイスに通信機能を持たせることで互いに通信を可能とする IoT には今後増加し続ける端末の低 コスト化や簡... [more] RCS2019-58
pp.125-130
RCS 2019-06-19
16:15
沖縄 宮古島 平良港ターミナルビル NOMAを用いるUAVリレー通信に適した通信プロトコルの検討
川上純平ルンバントルアン ヘンドリック安達宏一電通大RCS2019-59
近年,無線通信機能を搭載した無人航空機(UAV: Unmanned Aerial Vehicle)の研究が盛んに行われて... [more] RCS2019-59
pp.131-136
SR 2019-05-30
16:45
東京 東京ビッグサイト スペクトラムデータベースを活用したLPWA向け周波数共用手法の検討
山崎悠大藤井威生電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・安達宏一電通大SR2019-10
現在,多くのLPWA では通信頻度(DC:,Duty Cycle) を固定値以下に制限することで,アップリ
ンク通信時... [more]
SR2019-10
pp.63-68
RCS, SIP, IT
(共催)
2019-02-01
09:50
大阪 大阪大学 中之島センター ニューラルネットワークに基づくQ学習を用いた無線リソース割り当て手法
相原直紀安達宏一電通大)・田久 修信州大)・太田真衣福岡大)・藤井威生電通大IT2018-54 SIP2018-84 RCS2018-261
 [more] IT2018-54 SIP2018-84 RCS2018-261
pp.109-114
SR 2018-10-31
10:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]Computational Capability and Radio Resource Allocation for Mobile Edge Computing
Ryuji KobayashiKoichi AdachiUECSR2018-75
 [more] SR2018-75
pp.37-38
SR 2018-10-31
13:25
海外 Mandarin Hotel, Bangkok, Thailand [ポスター講演]SVM Based Orthogonal Resource Allocation in CSMA/CA
Naoki AiharaKoichi AdachiUEC)・Osamu TakyuShinshu Univ.)・Mai OhtaFukuoka Univ.)・Takeo FujiiUECSR2018-82
 [more] SR2018-82
pp.57-58
 68件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会