お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 8件中 1~8件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
CS 2020-11-05
16:00
ONLINE オンライン開催+中央・野々市公民館
(ハイブリッド開催,主:オンライン開催,副:現地開催)
[招待講演]AutoEncoderを用いたOFDM信号のPAPRおよびOOBE同時抑圧法
太田正哉桑原怜矢阪府大CS2020-52
OFDM信号には,帯域外漏洩電力やピーク電力が高いという課題がある.近年,深層学習を用いたピーク電力抑圧法が提案された.... [more] CS2020-52
pp.30-34
CS, CAS
(共催)
2020-02-28
09:25
熊本 崇城大学 深層学習によるOFDM信号のPAPRおよびOOBE抑圧法
桑原怜矢・○太田正哉阪府大CAS2019-114 CS2019-114
OFDM信号には,帯域外漏洩電力やピーク電力が高いという課題がある.近年,深層学習を用いたピーク電力抑圧法が提案された.... [more] CAS2019-114 CS2019-114
pp.95-98
CAS, CS
(共催)
2019-03-08
13:25
神奈川 湘南工科大学 低帯域外漏洩電力特性を有するNCSP-OFDM信号のPAPR抑圧法
太田正哉阪府大CAS2018-142 CS2018-110
一般にOFDM信号には,帯域外漏洩電力(Out-of-Band Emission, OOBE)やピーク対平均電力比(Pe... [more] CAS2018-142 CS2018-110
pp.21-25
CAS, CS
(共催)
2017-02-24
16:25
滋賀 彦根勤労福祉会館 OFDM信号のSidelobe抑圧に適したOrthogonal Precodingの計算量削減に関する研究
川崎 耀松井貴洋太田正哉山下勝己阪府大CAS2016-136 CS2016-97
N-continuous OFDMは直交周波数分割多重方式(OFDM)においてOFDMシンボル間の接続を高次微分まで滑ら... [more] CAS2016-136 CS2016-97
pp.123-127
CS, CAS
(共催)
2016-02-25
13:55
和歌山 ラフォーレ南紀白浜 コグニティブ無線に向けたOrthogonal Precodingの計算量削減に関する研究
川崎 耀太田正哉山下勝己阪府大CAS2015-81 CS2015-86
Orthogonal Precoding はデータシンボルを修正することでOFDM 信号の帯域外漏洩電力を選択的に抑圧す... [more] CAS2015-81 CS2015-86
pp.7-11
CS 2015-07-02
14:15
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) [招待講演]帯域外漏洩電力抑圧に適したNCSP-OFDMのFPGA実装に関する研究
川崎 耀太田正哉山下勝己阪府大CS2015-18
$N$-continuous symbol padding OFDM (NCSP-OFDM)はOFDM信号の帯域外輻射を... [more] CS2015-18
pp.51-54
CAS, CS
(共催)
2015-02-26
09:30
鳥取 鳥取大学 帯域外輻射電力抑圧のためのN-continuous Symbol Padding OFDMの性能評価
川崎 耀太田正哉山下勝己阪府大CAS2014-120 CS2014-92
 [more] CAS2014-120 CS2014-92
pp.1-6
SIP, CAS, CS
(共催)
2007-03-05
09:00
鳥取 鳥取三朝温泉 ブランナールみささ HNNによるOFDM信号のピーク電力抑圧法とその計算量削減
水谷圭一太田正哉上田康雄山下勝己阪府大CAS2006-77 SIP2006-178 CS2006-94
OFDM信号のピーク電力(PAPR)抑圧法として,本研究ではHopfield型ニューラルネットワークとTone Inje... [more] CAS2006-77 SIP2006-178 CS2006-94
pp.1-6
 8件中 1~8件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会