お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 11件中 1~11件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MVE 2014-06-07
13:00
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科棟 [ポスター講演]効率的な業務分析のためのサービスオペレーション推定システムの開発に向けて
加藤狩夢筑波大)・天目隆平牧田孝嗣産総研)・蔵田武志産総研/筑波大MVE2014-7
サービス業において従業員のサービスオペレーション(SO)を把握することは、品質管理の面から重要な意味を持つ.そのため,私... [more] MVE2014-7
pp.105-106
CNR 2013-02-18
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]拡張サービス・プロセス・リエンジニアリング
蔵田武志天目隆平福原知宏牧田孝嗣大隈隆史石川智也大西正輝興梠正克産総研CNR2012-18
 [more] CNR2012-18
pp.1-6
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
12:10
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 従業員行動計測と可視化によるサービス品質管理活動支援
上岡玲子産総研)・新村 猛がんこフード/産総研)・天目隆平大隈隆史蔵田武志産総研PRMU2011-172 MVE2011-81
サービス現場で従業員による業務の問題点の発見と改善を客観データに基づき行う”QCサークル”という方法がある.これにより,... [more] PRMU2011-172 MVE2011-81
pp.251-256
PRMU, SP, MVE, CQ
(共催)
2010-01-22
11:30
京都 京大 ランドマークデータベースに基づくカメラトラッキング法の高速化と安定化
樋下 航一刈良介天目隆平柴田史久田村秀行立命館大CQ2009-94 PRMU2009-193 SP2009-134 MVE2009-116
本稿では,屋内外で利用可能な特徴点追跡に基づくカメラトラッキング手法を提案する.従来手法では,絶対的なカメラ位置姿勢を取... [more] CQ2009-94 PRMU2009-193 SP2009-134 MVE2009-116
pp.255-260
PRMU 2009-01-12
14:40
東京 国立情報学研究所(学術総合センター) ISMAR2008報告 ~ 複合現実感研究の最新動向 ~
蔵田武志石川智也産総研)・亀田能成筑波大)・斎藤英雄慶大)・天目隆平立命館大)・中野 学NECPRMU2008-202
第7回複合現実感国際会議(ISMAR2008: IEEE/ACM International Symposium on ... [more] PRMU2008-202
pp.77-82
PRMU 2008-01-18
09:00
京都 龍谷大学 美観と頑健性を両立させた複合現実感用半人為的幾何位置合わせマーカの研究(第2報) ~ ツートンカラー方式の機能拡張 ~
海川真佑前田紗希天目隆平柴田史久立命館大)・木村朝子立命館大/JST)・田村秀行立命館大PRMU2007-186
 [more] PRMU2007-186
pp.169-174
PRMU 2008-01-18
09:30
京都 龍谷大学 美観と頑健性を両立させた複合現実感用半人為的幾何位置合わせマーカの研究(第3報) ~ ポスタへの情報埋め込み方式の実現 ~
西上彰人玉田裕貴天目隆平柴田史久立命館大)・木村朝子立命館大/JST)・田村秀行立命館大PRMU2007-187
 [more] PRMU2007-187
pp.175-180
PRMU 2007-01-19
09:30
京都 ATR 美観と頑健性を両立させた複合現実感用半人為的幾何位置合わせマーカの研究 (第1報)
吉田友祐天目隆平柴田史久木村朝子田村秀行立命館大
複合現実感システムで現実・仮想両空間の幾何学的整合のために用いるマーカは,これまで検出・同定しやすい人工的なパターンが用... [more] PRMU2006-195
pp.7-12
PRMU 2007-01-19
11:15
京都 ATR ISMAR06報告 ~ 複合現実感研究の最新動向 ~
清川 清阪大)・北原 格筑波大)・天目隆平立命館大)・神原誠之奈良先端大
第5回複合現実感国際会議(ISMAR06: the 5th IEEE/ACM International Symposi... [more] PRMU2006-198
pp.25-30
MVE, CQ, MoNA
(併催)
2006-01-26
13:10
大分 別府温泉(リゾーピア別府:一泊二食付でナイトセッションを予定) 地図情報と拡張現実感を用いた位置依存情報のオーサリング
伊東大輔天目隆平神原誠之横矢直和奈良先端大
拡張現実感(Augmented Reality:AR)を利用したヒューマンナビゲーションなどの位置に依存した情報提供サー... [more] MVE2005-56
pp.1-6
PRMU, TL
(共催)
2005-03-18
14:30
秋田 秋田大学 ウェアラブル拡張現実感のための現実環境の三次元モデルを利用した情報提示
天目隆平神原誠之横矢直和奈良先端大
仮想環境と現実環境の融合を行う拡張現実感をウェアラブルコンピュータ上で実現することにより,ユーザの位置や姿勢に応じた注釈... [more] TL2004-89 PRMU2004-257
pp.151-156
 11件中 1~11件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会