お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 20件中 1~20件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2020-12-15
- 2020-12-17
ONLINE オンライン開催 外食店舗での作業発生予測に基づく時系列ラベル付与ツールの開発・評価
加藤狩夢三浦貴大一刈良介大隈隆史蔵田武志産総研
教師あり学習で用いる訓練データ作成の作業コストが問題視されている.特に時系列データを対象に訓練データを作成する場合,人手... [more]
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
14:30
東京 青山学院大学 青山キャンパス [招待講演]労働集約型サービス産業における屋内測位技術の適用 ~ 外食産業を例として ~
新村 猛立命館大)・大隈隆史産総研BioX2017-66 PRMU2017-202
先進国の産業構造は経済の成熟化に伴いモノ作りからサービス産業へとシフトしており,例えばアメリカでは約80%,日本ではGD... [more] BioX2017-66 PRMU2017-202
pp.179-183
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
15:00
東京 青山学院大学 青山キャンパス [招待講演]労働集約型サービス現場改善を支援する行動計測・分析技術
大隈隆史産総研)・新村 猛立命館大BioX2017-67 PRMU2017-203
多くの人手を要する労働集約型のサービス分野においては,ロボット技術や人工知能技術などの知能機械の導入による生産性の向上に... [more] BioX2017-67 PRMU2017-203
pp.185-188
MVE 2014-10-09
10:55
北海道 洞爺湖文化センター 拡張現実を用いた道路整備作業支援システムの基礎検討
牧田孝嗣張 慶椿一刈良介大隈隆史蔵田武志産総研MVE2014-34
 [more] MVE2014-34
pp.19-24
MVE, ITE-HI, HI-SIG-VR
(連催)
2014-07-02
11:00
東京 東京大学 山上会館(本郷キャンパス) カメラトラッキングと歩行者デッドレコニングの連携に基づく広域屋内測位を用いた複合現実感メンテナンス作業支援システム
牧田孝嗣産総研)・Thomas VincentUJF)・興梠正克大隈隆史産総研)・石川智也行動ラボ)・Laurence NigayUJF)・蔵田武志産総研MVE2014-26
 [more] MVE2014-26
pp.85-90
MVE 2014-06-06
13:40
北海道 北海道大学大学院情報科学研究科棟 サービスフィールドシミュレータによる行動調査手法の検討
大隈隆史蔵田武志産総研MVE2014-1
サービス現場における顧客やサービス提供者の行動を記録し,分析することは効果的なサーヒ&#... [more] MVE2014-1
pp.39-44
CNR 2013-02-18
13:00
東京 機械振興会館 [招待講演]拡張サービス・プロセス・リエンジニアリング
蔵田武志天目隆平福原知宏牧田孝嗣大隈隆史石川智也大西正輝興梠正克産総研CNR2012-18
 [more] CNR2012-18
pp.1-6
MVE, HI-SIG-VR
(連催)
2012-09-27
15:35
北海道 総合文化会館、根室グランドホテル(根室市) TrakMarkのための仮想化現実モデルを用いたベンチマークスイートの開発とカメラトラッキング手法評価への適用
牧田孝嗣大隈隆史石川智也産総研)・Laurence NigayUniv. Joseph Fourie)・蔵田武志産総研MVE2012-35
3次元モデルを用いて作成された画像データは、カメラ位置姿勢の真値が既知であるため、カメラトラッキング手法の推定精度を評価... [more] MVE2012-35
pp.49-54
MVE 2012-05-14
15:10
神奈川 東京工業大学すずかけ台キャンパス シームレスな館内ナビゲーションとAR展示を実現するユーザ測位システム
大隈隆史牧田孝嗣石川智也興梠正克産総研)・Thomas VincentLaurence NigayUniv. Joseph Fourier)・蔵田武志産総研MVE2012-2
本稿では比較的広域な屋内環境においてユーザの状況に応じてARコンテンツを提示するシステムについて述べるとともに,ユーザの... [more] MVE2012-2
pp.23-28
PRMU, MVE
(共催)
CQ, IPSJ-CVIM
(連催) [詳細]
2012-01-20
12:10
大阪 大阪電気通信大学 寝屋川駅前キャンパス 従業員行動計測と可視化によるサービス品質管理活動支援
上岡玲子産総研)・新村 猛がんこフード/産総研)・天目隆平大隈隆史蔵田武志産総研PRMU2011-172 MVE2011-81
サービス現場で従業員による業務の問題点の発見と改善を客観データに基づき行う”QCサークル”という方法がある.これにより,... [more] PRMU2011-172 MVE2011-81
pp.251-256
PRMU, SP, MVE, CQ
(共催)
2010-01-22
11:00
京都 京大 相乗的サービス連携に基づく屋内歩行者トラッキングシステム
石川智也興梠正克大隈隆史蔵田武志産総研CQ2009-93 PRMU2009-192 SP2009-133 MVE2009-115
本報告では,3次元屋内環境モデリングやセキュリティ等のサービスと連携することで,相乗的にそれらのサービスの品質や価値,そ... [more] CQ2009-93 PRMU2009-192 SP2009-133 MVE2009-115
pp.249-254
MVE 2009-10-09
16:00
北海道 オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) ハンズフリー全方位ウォークスルーシミュレータ
朴 鴈振大隈隆史興梠正克石川智也蔵田武志産総研MVE2009-55
 [more] MVE2009-55
pp.119-124
MVE 2009-10-09
16:50
北海道 オホーツク・文化交流センター(エコセンター2000,網走市) ウォークスルーシミュレータに適した写実的アバタ生成のためのコードブックに基づく背景差分
朴 鴈振大隈隆史蔵田武志産総研MVE2009-57
 [more] MVE2009-57
pp.131-136
MVE 2008-10-02
17:40
北海道 釧路市観光国際交流センター 科学ミュージアムの展示サービス改善のためのガイドシステムと地図・解説コンテンツに関するユーザスタディ
大隈隆史興梠正克産総研)・七田洸一産総研/筑波大)・蔵田武志産総研MVE2008-49
我々は科学ミュージアムガイドの開発と評価を通して,屋内環境におけるユーザの状況に応じたモバイル情報提示サービスについて研... [more] MVE2008-49
pp.21-26
MVE 2008-10-03
13:15
北海道 釧路市観光国際交流センター ユビキッキ:オフィス活動支援のための分散配置型ポータブルロボット
蔵田武志佐宗 晃産総研)・酒田信親産総研/阪大)・興梠正克大隈隆史児島宏明産総研)・勝山悟朗北口貴史リコーMVE2008-57
本稿では、主にオフィス環境における遠隔対話支援や情報提示のための分散設置型ポータブルロボット「ユビキッキ」について紹介す... [more] MVE2008-57
pp.67-72
PRMU 2008-01-18
13:40
京都 龍谷大学 ISMAR2007報告
竹村治雄阪大)・加藤博一奈良先端大)・佐藤清秀キヤノン)・黒田知宏阪大)・大隈隆史産総研)・亀田能成筑波大PRMU2007-199
 [more] PRMU2007-199
pp.261-268
PRMU 2008-01-17
14:45
京都 龍谷大学 歩行者ナビのための屋内外パーソナルポジショニングシステム
興梠正克大隈隆史蔵田武志産総研PRMU2007-180
 [more] PRMU2007-180
pp.131-132
MVE 2007-10-04
15:20
北海道 旭川市科学館「サイパル」 屋内展示ナビと現地や遠隔地での追体験のための3次元インタフェース
大隈隆史興梠正克産総研)・酒田信親阪大)・蔵田武志産総研MVE2007-44
本報告では開発中の屋内外ポジショニングシステムに基づいて実現された三次元展示ナビシステムとその有用性・使用感を評価するた... [more] MVE2007-44
pp.43-48
MVE 2006-09-13
15:45
北海道 北海道大学 屋内外歩行者ナビのためのデッドレコニング/GPS/RFIDを統合した組み込み型パーソナルポジショニングシステム
興梠正克産総研)・酒田信親筑波大/産総研)・大隈隆史産総研)・蔵田武志筑波大/産総研
 [more] MVE2006-61
pp.109-114
PRMU, HIP
(共催)
2006-01-20
16:25
大阪 阪大 複合現実オーサリング環境における例示型インタフェースに関する一手法
大隈隆史産総研)・蔵田武志産総研/筑波大
本稿では複合現実環境のコンテンツを作成するためのコンテンツオーサリングにおける例示型のインタフェースを提案する.自然特徴... [more] PRMU2005-180 HIP2005-150
pp.183-188
 20件中 1~20件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会