お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 189件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
MWPTHz, EST, MW, EMT, OPE, IEE-EMT
(共催) [詳細]
2022-07-19
11:05
北海道 旭川市民文化会館
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
[招待講演]サブテラヘルツ帯通信における空間領域信号処理
小川恭孝西村寿彦大鐘武雄北大
 [more]
RCS 2022-06-16
11:05
沖縄 琉球大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
グリッドシフトを用いた圧縮センシングによる到来方向推定
國本周大西村寿彦佐藤孝憲小川恭孝萩原淳一郎大鐘武雄北大
 [more]
RCS 2022-06-16
11:15
沖縄 琉球大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
サブテラヘルツ帯通信におけるビームフォーミングに基づくIRS制御に関する考察
田所柊人西村寿彦佐藤孝憲小川恭孝萩原淳一郎大鐘武雄北大
 [more]
RCS 2022-06-16
14:30
沖縄 琉球大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
確率的MIMO信号検出における探索手法による性能・計算量の比較
阿隅大輝春日由紀子松村和士萩原淳一郎西村寿彦佐藤孝憲小川恭孝大鐘武雄北大
 [more]
RCS 2022-06-16
14:55
沖縄 琉球大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
学習型AMPを用いたMIMO信号検出におけるモデルパラメータに関する検討
三好茉莉大鐘武雄西村寿彦佐藤孝憲小川恭孝萩原淳一郎北大
 [more]
RCS 2022-06-17
14:00
沖縄 琉球大学+オンライン開催
(ハイブリッド開催,主:現地開催,副:オンライン開催)
サブテラヘルツ帯通信におけるマルチパスの遅延・到来方向推定に基づくチャネル予測に関する基礎的考察
望月大瑚西村寿彦佐藤孝憲小川恭孝萩原淳一郎大鐘武雄北大
 [more]
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-20
17:20
ONLINE オンライン開催 Reservoir Computingに基づくMIMO-OFDM検出における遺伝的アルゴリズムを用いたハイパーパラメータ最適化
陳 源佑筒井 弘大鐘武雄北大IT2021-46 SIP2021-54 RCS2021-214
本稿ではRecurrent Neural Network (RNN) の一種であるReservoir Computing... [more] IT2021-46 SIP2021-54 RCS2021-214
pp.96-100
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
09:25
ONLINE オンライン開催 屋内伝搬環境におけるサブテラヘルツ帯MIMO空間多重に関する考察
宇津野太一西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大IT2021-62 SIP2021-70 RCS2021-230
 [more] IT2021-62 SIP2021-70 RCS2021-230
pp.189-194
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
09:50
ONLINE オンライン開催 マルチパスの遅延と到来方向推定に基づくミリ波帯チャネル予測に関する研究
望月大瑚西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大IT2021-63 SIP2021-71 RCS2021-231
基地局で下り回線のチャネル情報を用いることにより,マルチユーザMIMO システムを実現して大容量の通信を行うことが可能で... [more] IT2021-63 SIP2021-71 RCS2021-231
pp.195-200
RCS, SIP, IT
(共催)
2022-01-21
11:45
ONLINE オンライン開催 OAMモード多重伝送における多重UCAを用いた軸ずれ補償の検討
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智也内田大輔東芝IT2021-76 SIP2021-84 RCS2021-244
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.
それに伴い,フロントホールやバックホ... [more]
IT2021-76 SIP2021-84 RCS2021-244
pp.270-275
RCS, SR, NS, SeMI, RCC
(併催)
2021-07-16
14:30
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた近接波の到来方向推定における精度向上に関する検討
加瀬裕也西村寿彦大鐘武雄小川恭孝佐藤孝憲北大)・岸山祥久NTTドコモRCC2021-39 NS2021-55 RCS2021-97 SR2021-39 SeMI2021-28
種々のアレーアンテナを用いた電波の到来方向推定技術は,MUSICやESPRITなどの部分空間法に加えて,
計算資源が発... [more]
RCC2021-39 NS2021-55 RCS2021-97 SR2021-39 SeMI2021-28
pp.77-82(RCC), pp.118-123(NS), pp.98-103(RCS), pp.100-105(SR), pp.76-81(SeMI)
RCS 2021-06-23
09:30
ONLINE オンライン開催 マルチパス分離に基づくチャネル予測の演算負荷軽減に関する検討
望月大瑚西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2021-29
マルチユーザMIMOシステムにおいて,下り回線のチャネル情報を用いた基地局側での
プリコーディングを行うことにより干渉... [more]
RCS2021-29
pp.1-6
RCS 2021-06-23
09:40
ONLINE オンライン開催 大規模MIMO信号検出における変分ベイズ法と期待値伝播法の比較
阿隅大輝萩原淳一郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝佐藤孝憲北大RCS2021-30
大規模MIMOにおける信号検出の課題として,アンテナ数の増加につれて計算量が増大する問題がある.特に最尤復号法を単純に適... [more] RCS2021-30
pp.7-12
RCS 2021-06-23
09:50
ONLINE オンライン開催 学習型AMPを用いた信号検出に関する基礎的検討
三好茉莉辻本若葉西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2021-31
近似メッセージ伝搬法(AMP)は大規模 MIMO 信号検出に適用可能であり,低演算量ながら高い信号検 出性能が得られるこ... [more] RCS2021-31
pp.13-18
RCS 2021-06-23
16:35
ONLINE オンライン開催 有相関通信路での多数信号検出における制振付きGaBPのLLR挙動に関する一検討
安藤ダニエル明西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2021-45
ガウス確率伝搬法(GaBP)は,多数信号検出において比較的低演算量で高い検出性能を有するものとして知られている.しかし,... [more] RCS2021-45
pp.97-102
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
16:55
ONLINE オンライン開催 OAMビーム制御によるUCA軸ずれ補償の検討
櫻谷信彦西村寿彦大鐘武雄北大)・旦代智哉内田大輔東芝RCS2020-260
近年,無線デバイスの増加によりモバイルデータトラフィックが爆発的に増加している.
それに伴い,フロントホールやバックホ... [more]
RCS2020-260
pp.261-266
RCS, SR, SRW
(併催)
2021-03-05
17:20
ONLINE オンライン開催 [奨励講演]マルチパス分離に基づく広帯域FDDシステムの下り回線チャネル推定に関する研究
登坂紫織西村寿彦大鐘武雄小川恭孝萩原淳一郎佐藤孝憲北大RCS2020-261
FDDシステムにおいては,下り回線のパイロット信号によって得られたチャネル情報を端末から基地局にフィードバックすることで... [more] RCS2020-261
pp.267-272
SIP, IT, RCS
(共催)
2021-01-21
13:10
ONLINE オンライン開催 簡易ビーム形成において受信ユーザ数を変化させた場合の特性評価
大塚達樹西村寿彦大鐘武雄佐藤孝憲萩原淳一郎小川恭孝北大IT2020-76 SIP2020-54 RCS2020-167
 [more] IT2020-76 SIP2020-54 RCS2020-167
pp.75-80
NS, RCS
(併催)
2020-12-17
11:25
ONLINE オンライン開催 大規模MIMOにおけるハミルトニアンモンテカルロ法を用いた信号検出特性の改善
松村和士萩原淳一郎西村寿彦大鐘武雄小川恭孝佐藤孝憲北大RCS2020-135
無線伝送の新技術であるMassive MIMO(大規模MIMO)では、アンテナ本数の上昇に伴い、信号検出処理の計算量増加... [more] RCS2020-135
pp.7-12
SR, NS, SeMI, RCC, RCS
(併催)
2020-07-09
13:25
ONLINE オンライン開催 深層学習を用いた到来方向推定における精度向上に関する検討
加瀬裕也佐藤孝憲西村寿彦大鐘武雄小川恭孝北大)・来山大祐岸山祥久NTTドコモRCC2020-5 NS2020-34 RCS2020-68 SR2020-13 SeMI2020-5
種々のアレーアンテナを用いた電波の到来方向推定技術は,MUSICやESPRITなどの部分空間法,EMやSAGEなどの確率... [more] RCC2020-5 NS2020-34 RCS2020-68 SR2020-13 SeMI2020-5
pp.19-24(RCC), pp.19-24(NS), pp.61-66(RCS), pp.25-30(SR), pp.13-18(SeMI)
 189件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会