お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 13件中 1~13件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ET 2018-01-27
16:05
兵庫 神戸大学 文の構造的指標に基づく分かりにくい文の分類方法の検討
大野博之東京医療保健大)・稲積宏誠青学大ET2017-88
本研究は,文章指導の観点から,個々の文を対象とし,文の構造的特徴として,何が分かりにくさに影響を与えているのかを探るもの... [more] ET2017-88
pp.45-50
COMP 2011-04-22
10:05
京都 京都大学 P2Pシステムにおけるノードの離脱過程と生存ノードの接続
渋沢 進小林 守大野 博米倉達広茨城大COMP2011-2
P2Pシステムにおいて,ノードの離脱はシステムの維持に大きな影響を及ぼすため,ノードの離脱による影響を抑える方法が強く求... [more] COMP2011-2
pp.9-16
NLC, SP
(共催)
(連催) [詳細]
2010-12-21
11:05
東京 国立オリンピック記念青少年総合センター 連続単語認識における認識結果の逐次早期確定アルゴリズムの評価
大野博之名工大)・小島 弘名工大/現在日立ソリューションズ)・南角吉彦李 晃伸徳田恵一名工大NLC2010-21 SP2010-94
音声認識システムにおいて,ユーザの入力発話に対する応答の遅延は入力インターフェースとして重要な課題である.遅延を軽減しユ... [more] NLC2010-21 SP2010-94
pp.77-82
ET 2008-12-13
14:10
宮崎 宮崎大 技術文章作成支援ツールを活用した教育システム構築に向けて
大野博之稲積宏誠青学大ET2008-67
客観的・論理的な文章作成能力の育成は,専門領域を問わず,必須の課題であるといえる.ただし,こうした育成は,講義形式のみで... [more] ET2008-67
pp.53-58
ET 2008-07-19
17:20
福島 福島大学 街なかブランチ 文の論理構造デザインツールの試作と校正・推敲支援ツールとの連携
大野博之稲積宏誠青学大ET2008-30
著者らは,情報処理技術を用いた日本語力育成として,論理的で理解容易性の高い文章作成能力の育成と文章理解能力の育成の2 つ... [more] ET2008-30
pp.73-78
ET 2008-03-08
11:45
徳島 徳島大学 技術文章の校正・推敲支援ツールにおける機能拡張容易性の向上
大野博之稲積宏誠青学大ET2007-89
情報教育におけるコミュニケーション能力育成の一環として,文章作成能力の育成のための校正・推敲支援ツールを開発することを目... [more] ET2007-89
pp.31-36
ET 2008-03-08
14:30
徳島 徳島大学 学習履歴データのグラフ構造分析に基づく特徴抽出法の提案
和田貴久大野博之稲積宏誠青学大ET2007-92
情報システムの発展によって,様々な教育機関において学習状況やテストの受験結果の履歴を記録することが多くなってきている.こ... [more] ET2007-92
pp.47-52
ET 2008-03-08
10:20
徳島 徳島大学 周期性とグループ特性に着目した学習履歴データの特徴分析
福田遼平大野博之稲積宏誠青学大ET2007-98
e-Learningシステムの普及により,自身のペースで学習を行う機会が増えている.
学習者は多くの場合,学習達成のた... [more]
ET2007-98
pp.79-84
ET 2007-10-20
13:00
広島 広島大学 自動生成された技術文章の校正向け演習問題の評価
大野博之稲積宏誠青学大ET2007-43
高等教育における日本語教育に関する重要性が高まるなか,技術文章を対象とした校正・推敲支援をベースにした教育支援ツールの開... [more] ET2007-43
pp.19-24
ET 2007-09-01
13:35
大阪 大阪府立工業高等専門学校 技術文章を対象とした校正学習のための演習問題自動生成システム
大野博之稲積宏誠青学大ET2007-31
高等教育での日本語教育に関する重要性が高まるなか,技術文章を対象として校正・推敲支援をベースにした教育支援ツールの開発を... [more] ET2007-31
pp.39-44
AI 2007-05-31
15:50
東京 機械振興会館 時間の階層構造と頻出部分木抽出を用いた系列データ分析
福田遼平大野博之稲積宏誠青学大AI2007-9
本研究では年・週・月などの階層ごとの時間情報を元にした知識発見手法について検討する.カテゴリカル属性をもつ時系列データに... [more] AI2007-9
pp.45-50
AI 2007-05-31
16:15
東京 機械振興会館 部分グラフの分布マッチングによる構造類似性とクラスタリングへの応用
和田貴久大野博之稲積宏誠青学大AI2007-10
データの多様化や複雑な構造を持つデータの増加に伴い,構造データの有効活用のために有用なDBシステムや新しいデータマイニン... [more] AI2007-10
pp.51-56
ET 2007-05-19
16:15
東京 電気通信大学 文の接続関係を利用した論理方向の可視化による技術文章作成支援
大野博之稲積宏誠青学大ET2007-6
理工系の学生や技術的な分野の人間に対して,論文やマニュアルなど,技術文章の作成能力の育成を目指した教育支援ツールを開発し... [more] ET2007-6
pp.27-32
 13件中 1~13件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会