お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
SCE 2021-11-15
16:55
ONLINE オンライン開催 超伝導伝送線路における常伝導伝導度の非線形性を利用したパラメトリック増幅
野口 卓国立天文台/理研)・美馬 覚大谷知行理研SCE2021-11
 [more] SCE2021-11
pp.19-24
SCE 2020-11-25
15:50
ONLINE オンライン開催 極低温での超伝導体中の残留準粒子の非線形伝導と超伝導伝送線路の特性に及ぼす影響
野口 卓国立天文台/理研)・美馬 覚大谷知行理研SCE2020-11
 [more] SCE2020-11
pp.16-21
SCE 2020-01-17
13:15
神奈川 横浜市開港記念会館 [ポスター講演]Development of MKIDs for the CMB polarization experiment GroundBIRD
Hidesato IshidaSatoru MimaChiko OtaniRAPSCE2019-63
 [more] SCE2019-63
pp.135-138
SCE 2020-01-17
16:15
神奈川 横浜市開港記念会館 薄膜超伝導共振器の特性に対する残留準粒子の寄与
野口 卓国立天文台/理研)・美馬 覚大谷知行理研SCE2019-73
 [more] SCE2019-73
pp.173-178
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-24
10:50
宮城 東北大学・電気通信研究所 [招待講演]宇宙マイクロ波背景放射偏光観測実験GroundBIRD
大谷知行理研ED2019-89
 [more] ED2019-89
pp.53-56
ED, THz
(共催) [詳細]
2019-12-24
11:55
宮城 東北大学・電気通信研究所 FMCW方式を用いたテラヘルツボディスキャナの開発
佐々木芳彰碇 智文大谷知行理研ED2019-91
近年,公共交通機関や公共の場における安全・安心な社会の実現に対してセキュリティ強化が世界中で要求されている.テラヘルツ(... [more] ED2019-91
pp.61-64
SCE 2019-10-09
15:25
宮城 東北大学・電気通信研究所 超伝導共振器における非線形電気伝導度
野口 卓理研/国立天文台)・美馬 覚大谷知行理研SCE2019-24
 [more] SCE2019-24
pp.11-16
ICM, LOIS
(共催)
2019-01-24
16:00
鹿児島 鹿児島県文化センター [招待講演]NTTドコモのゼロタッチオペレーション構想
富澤彰之柴田精司古谷雅典春藤義隆諏訪裕一ドコモ・テクノロジ)・大谷知行NTTドコモICM2018-42 LOIS2018-48
今後,5Gをはじめとした移動体通信ネットワークの高度化やB2B2Xのように様々なビジネス連携によるサービスの多様化が必至... [more] ICM2018-42 LOIS2018-48
pp.35-39
ED, THz
(共催)
2018-12-17
17:25
宮城 東北大・通研 有機非線形結晶を用いた高強度テラヘルツ波発生とその偏光制御
吉峯 功山下将嗣保科宏道齋藤美紀子南出泰亜大谷知行理研ED2018-61
DASTやOH1などの有機非線形結晶では2次の非線形光学効果(光整流)を用いた高強度のテラヘルツ波パルス発生が報告されて... [more] ED2018-61
pp.31-34
SCE 2018-10-11
10:25
宮城 東北大学・電気通信研究所 高品質Nb薄膜を用いた超伝導共振器の特性
野口 卓理研/国立天文台)・ドマンジョ アニエスクロウグ マチアス国立天文台)・美馬 覚大谷知行理研SCE2018-22
 [more] SCE2018-22
pp.31-36
ICM 2018-03-09
11:10
沖縄 沖縄青年会館 ネットワークオペレーションへのAI適用に関する一考察
木村竜也柴田精司ドコモ・テクノロジ)・山本浩司諸石隆史NTTドコモ)・古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-70
 [more] ICM2017-70
pp.85-90
ICM 2018-03-09
15:00
沖縄 沖縄青年会館 NFVにおけるVNFの自動設計及び設定の実用化
石居健太郎髙柳和央竹内康裕富澤彰之大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-78
NFVの導入により,ハードウェアとソフトウェアを分離した建設業務が可能となりCAPEX削減効果に加え,NFVIに関するO... [more] ICM2017-78
pp.133-138
ICM 2018-03-09
15:20
沖縄 沖縄青年会館 トラヒック分析データの利用拡大に向けたデータ基盤の検討
上野史紀小野塚康浩春藤義隆大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-79
ネットワークに流通するトラヒック量は年々増大している中で,モバイル通信サービスに対するユーザ体感品質を把握するために,ト... [more] ICM2017-79
pp.139-143
LOIS, ICM
(共催)
2018-01-18
10:25
熊本 崇城大学 池田キャンパス 大規模災害を想定したIP系ネットワークオペレーションサポートシステムの復旧方式について
北濱秀基辻 匠紀後藤嘉郎前田充洋中村 修大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-34 LOIS2017-50
移動体通信網のIP系ネットワークオペレーションサポートシステム(IP系OSS)は,ネットワークを構成する様々なIPネット... [more] ICM2017-34 LOIS2017-50
pp.7-12
LOIS, ICM
(共催)
2018-01-18
10:50
熊本 崇城大学 池田キャンパス OpenStackを利用した大規模システムの構築・運用
野村恵司吉村一寿大島弘樹中村 修大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-35 LOIS2017-51
移動体通信網のネットワークオペレーションサポートシステム(OSS)は,ネットワークを構成する様々なネットワーク機器を監視... [more] ICM2017-35 LOIS2017-51
pp.13-18
MWP, OPE, EMT, MW, EST
(共催)
IEE-EMT
(連催) [詳細]
2017-07-20
10:40
北海道 帯広商工会議所 [招待講演]テラヘルツ時間領域分光システムを用いた誘電率測定の精度調査とその活用方法
水野麻弥NICT)・飯田仁志木下 基産総研)・福永 香NICT)・島田洋蔵産総研)・大谷知行理研EMT2017-8 MW2017-33 OPE2017-13 EST2017-10 MWP2017-10
近年,ミリ波やテラヘルツ波を利用した通信や非破壊検査技術などの研究が進み、それらに関連する様々な材料や試料の複素誘電率を... [more] EMT2017-8 MW2017-33 OPE2017-13 EST2017-10 MWP2017-10
pp.11-16
ICM 2017-07-06
13:25
北海道 函館商工会議所 仮想化・AI技術を活用したオペレーション自動化及び高度化に関する一考察
三品陽太木村竜也竹内康裕藤部秀樹富澤彰之古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジICM2017-5
移動体通信のネットワークでは,仮想化技術の導入や5Gに向けた発展が進んでおり,ネットワークの運営に関わる各種業務も多様化... [more] ICM2017-5
pp.7-11
SCE 2016-08-08
10:05
埼玉 埼玉大(大宮ソニックシティ) 位置分解能を有する基板吸収型STJによるTHz波検出
曽根雅彦五十嵐直樹成瀬雅人明連広昭埼玉大)・佐々木芳彰大谷知行理研)・田井野 徹埼玉大SCE2016-11
本研究では基板吸収型STJ 検出器に着目し、THzイメージングの実現を目指している。この検出器はSTJ が形成されている... [more] SCE2016-11
pp.1-4
SCE 2016-08-08
11:45
埼玉 埼玉大(大宮ソニックシティ) ホーン結合型超伝導力学的インダクタンス検出器の大アレイ化技術の開発
木内健司大谷知行理研)・小栗秀悟高エネルギー加速器研究機構)・古谷野 凌埼玉大)・鈴木惇也高エネルギー加速器研究機構)・瀬元宗久田井野 徹埼玉大)・田島 治長崎岳人高エネルギー加速器研究機構)・美馬 覚理研)・富田 望東大SCE2016-15
我々は宇宙背景放射の偏光を観測するためにミリ波検出機として、
ホーン結合型の超伝導力学的インダクタンス検出器(MKID... [more]
SCE2016-15
pp.19-24
ICM 2016-07-08
09:55
北海道 小樽市観光物産プラザ OpenStackプライベートクラウドによる大規模OSSの商用展開
岸川雄紀石居健太郎吉村一寿中村 修古谷雅典大谷知行ドコモ・テクノロジICM2016-20
筆者らが開発する大規模OSSは自社設備・物理環境で運用されており,ハードウェアのEOLに伴い支出される設備更改コストの削... [more] ICM2016-20
pp.69-74
 42件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会