電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
COMP 2019-09-02
10:50
岡山 岡山大学 津島キャンパス Shortest Universal Sequences of Adjacent Transpositions
Takehiro ItoTohoku Univ.)・Jun KawaharaShin-ichi MinatoKyoto Univ.)・Yota OtachiKumamoto Univ.)・Toshiki SaitohKyutech)・Akira SuzukiTohoku Univ.)・Ryuhei UeharaJAIST)・Takeaki UnoNII)・○Katsuhisa YamanakaIwate Univ.)・Ryo YoshinakaTohoku Univ.COMP2019-10
$S = {s_1,s_2, ... , s_m}$を$[n] = {1,2,ldots ,n}$の隣接互換の列とする.... [more] COMP2019-10
pp.1-5
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2019-05-11
16:40
熊本 熊本大学 Subgraph Isomorphism on Graph Classes that Exclude a Substructure
Hans L. BodlaenderUtrecht Univ.)・Tesshu HanakaChuo Univ.)・Yasuaki KobayashiYusuke KobayashiKyoto Univ.)・Yoshio OkamotoUEC)・○Yota OtachiKumamoto Univ.)・Tom C. van der ZandenUtrecht Univ.COMP2019-9
 [more] COMP2019-9
pp.103-104
COMP 2018-09-18
16:25
福岡 九州工業大学(飯塚キャンパス) 三角形の個数を最大・最小にする三角分割
江藤 宏九大)・土中哲秀中大)・宮野英次西島歩美九工大)・小野廣隆名大)・大舘陽太熊本大)・斎藤寿樹九工大)・上原隆平北陸先端大)・ヴァンデルザンデン トムユトレヒト大COMP2018-19
 [more] COMP2018-19
pp.69-76
COMP 2018-03-05
13:20
大阪 大阪府立大学 [招待講演]Space-Efficient Algorithms for Longest Increasing Subsequence
Masashi KiyomiYokohama City Univ.)・○Hirotaka OnoNagoya Univ.)・Yota OtachiKumamoto Univ.)・Pascal SchweitzerTU Kaiserslautern)・Jun TaruiUECCOMP2017-48
 [more] COMP2017-48
p.19
COMP 2016-10-21
11:00
宮城 東北大学 A faster parameterized algorithm for Pseudoforest Deletion
Hans BodlaenderUtrecht Univ.)・Hirotaka OnoKyushu Univ.)・○Yota OtachiJAISTCOMP2016-25
 [more] COMP2016-25
pp.17-21
COMP 2014-04-24
10:20
宮城 東北大学 細帯グラフ
大舘陽太北陸先端大)・河村彰星東大)・○篠原英裕東北大)・林 貴史山崎浩一群馬大COMP2014-1
ある単位円グラフがemph{$c$帯グラフ}であるとは,そのグラフのある単位円表現において
全ての円の中心が幅$c... [more]
COMP2014-1
pp.1-4
COMP 2012-10-31
14:05
宮城 東北大学 施設配置ゲームにおける仁・シャープレイ値の計算について
並河雄紀北陸先端大)・岡本吉央電通大)・大舘陽太北陸先端大COMP2012-38
 [more] COMP2012-38
pp.25-32
COMP 2012-06-21
16:45
北海道 北海道大学 Approximation for the Geometric Unique Coverage Problem on Unit Squares
Takehiro ItoTohoku Univ.)・Shin-ichi NakanoGunma Univ.)・Yoshio OkamotoUniv. of Electro-Comm.)・Yota OtachiRyuhei UeharaJAIST)・Takeaki UnoNII)・Yushi UnoOsaka Prefecture Univ.COMP2012-24
 [more] COMP2012-24
pp.95-101
COMP 2012-04-27
14:45
大阪 大阪府立大学 基単調図形に分割可能な最大重み領域を得る基線の配置問題
堀山貴史埼玉大)・伊藤健洋ガオタントン ナスダ東北大)・小野廣隆九大)・○大舘陽太北陸先端大)・徳山 豪東北大)・上原隆平北陸先端大)・宇野毅明NIICOMP2012-6
 [more] COMP2012-6
pp.37-43
COMP 2011-04-22
14:30
京都 京都大学 Reconstructing sets from distances given by graphs
Meng LiYota OtachiTakeshi TokuyamaTohoku Univ.COMP2011-7
 [more] COMP2011-7
pp.49-54
COMP 2011-03-09
13:35
東京 中央大学 全域木混雑度に対するメタヒューリスティックアルゴリズムの評価
丸田大樹群馬大)・大舘陽太東北大)・山崎浩一群馬大COMP2010-50
組み合わせ最適化問題の一つに全域木混雑度問題がある。
全域木混雑度問題はNP完全であることが知られており、
高速に最... [more]
COMP2010-50
pp.25-28
COMP 2010-10-15
14:40
宮城 東北大学 Bipartite powers of interval bigraphs
Yoshio OkamotoTokyo Inst. of Tech.)・○Yota OtachiTohoku Univ.)・Ryuhei UeharaJAISTCOMP2010-36
 [more] COMP2010-36
pp.35-39
COMP, IPSJ-AL
(連催)
2010-05-19
16:30
石川 北陸先端科学技術大学院大学 Spanning tree congestion of k-outerplanar graphs
Hans L. BodlaenderUtrecht Univ.)・Kyohei KozawaJ-POWER)・Takayoshi MatsushimaGunma Univ.)・○Yota OtachiTohoku Univ.COMP2010-14
 [more] COMP2010-14
pp.43-46
COMP 2010-01-25
10:05
福岡 九州大学西新プラザ 全域木混雑度問題の計算複雑性
大舘陽太群馬大)・Hans L. BodlaenderUtrecht Univ.COMP2009-40
本論文では,グラフの\emph{全域木混雑度}について研究する.初めに,与えられた次数制限されたグラフが,$k$以下の全... [more] COMP2009-40
pp.9-16
COMP 2009-10-16
11:10
宮城 東北大学 木幅と最小フィルイン問題を求めるスキームの再考
古瀬雅信大舘陽太山崎浩一群馬大COMP2009-34
グラフとそのグラフの極小セパレータ全体からなるリストを入力としたとき、木幅と最小フィルインを求めるスキーム(極小セパレー... [more] COMP2009-34
pp.17-24
COMP 2009-09-14
15:05
鳥取 鳥取環境大学 Bipartite Permutation Graphのランダム生成と列挙
斎藤寿樹北陸先端大)・大舘陽太群馬大)・山中克久電通大)・上原隆平北陸先端大COMP2009-30
本研究では,頂点にラベルのない連結bipartite permutation graph に関していくつかの結果を報告す... [more] COMP2009-30
pp.35-42
COMP 2009-04-17
10:55
京都 京都大学 3次元格子グラフのパス幅
須田亮平大舘陽太山崎浩一群馬大COMP2009-3
グラフのパス幅とは,Robertson と Seymourによって導入されたグラフのパラメータである.パス幅はバンド幅,... [more] COMP2009-3
pp.15-19
COMP 2008-12-03
09:30
群馬 群馬大学 A lower bound for tree-width of Cartesian product graphs
Kyohei Kozawa・○Yota OtachiKoichi YamazakiGunma Univ.COMP2008-46
本論文では,2つのグラフ$G_1$と$G_2$のデカルト積として表わされる
グラフ$G_1 \cp G_2$のtree... [more]
COMP2008-46
pp.1-5
COMP 2008-10-10
15:45
宮城 東北大学 偶グリッドのカービング幅
古瀬雅信小澤恭平大舘陽太山崎浩一群馬大COMP2008-43
グラフのカービング幅の概念が,SeymourとThomas [Call routing and the ratcatch... [more] COMP2008-43
pp.71-75
COMP 2008-03-10
15:55
神奈川 日本アイ・ビー・エム(株)大和事業所 外平面グラフに対するsecurity number
小澤恭平大舘陽太山崎浩一群馬大COMP2007-64
$G=(V,E)$をグラフとし,$S = \{s_1,s_2,\ldots,s_k\}$を$V$の部分集合とする.
$... [more]
COMP2007-64
pp.63-65
 24件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.
(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会