お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 7件中 1~7件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2015-12-02
14:35
長崎 長崎県勤労福祉会館 補間型TDCを用いたSingle Slope ADCの製造ばらつき耐性に関する考察
堀田海平大畠賢一鹿児島大CPM2015-131 ICD2015-56
高速かつ低電力なADCの実現に向けて、我々は補間型TDCを用いたSingle Slope ADCを提案し、500 MS/... [more] CPM2015-131 ICD2015-56
pp.23-27
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2013-11-27
08:50
鹿児島 鹿児島県文化センター 高速・低電力AD変換器における抵抗ラダーの歪自動補正技術
吉村 渉大畠賢一鹿児島大CPM2013-108 ICD2013-85
並列型AD変換器において、抵抗ラダーは参照電位を発生する重要な要素回路である。抵抗ラダーの消費電力を減らすためにバイアス... [more] CPM2013-108 ICD2013-85
pp.1-6
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
15:25
北海道 サン・リフレ函館 1-GHz, 8 bitサブレンジング型AD変換器(1) ~ 低電力化技術 ~
岩元雅太郎吉村 渉下薗 太田平大基大畠賢一鹿児島大ICD2013-40
高速サブレンジング型AD変換器の電力削減を目的に、容量DACとBuilt-in Vth技術を組み合わせたAD変換器アーキ... [more] ICD2013-40
pp.101-106
ICD, ITE-IST
(連催)
2013-07-05
15:50
北海道 サン・リフレ函館 1-GHz, 8-bitサブレンジング型AD変換器(2) ~ 評価結果と不良解析 ~
吉村 渉岩元雅太郎下薗 太田平大基大畠賢一鹿児島大ICD2013-41
抵抗ラダーを使用しない極低電力AD変換器のアーキテクチャ、低電力閾値調整回路、オフセットドリフト補償などの技術を適用した... [more] ICD2013-41
pp.107-112
VLD, DC, IPSJ-SLDM
(連催)
ICD, CPM
(共催)
CPSY, RECONF
(併催) [詳細]
2010-11-30
09:10
福岡 九州大学医学部百年講堂 DPAE技術を用いた17 Gb/s光配線用VCSELドライバ
谷口隆哉山下喜市大畠賢一鹿児島大)・中條徳男矢崎 徹日立CPM2010-131 ICD2010-90
本論文では、DPAE (Double-Pulse Asymmetric Emphasis) 技術を用いたVCSELドライ... [more] CPM2010-131 ICD2010-90
pp.43-47
OCS, PN, CS
(併催)
2007-06-14
13:55
北海道 千歳科学技術大(北海道) 光通信量子暗号Y-00の安全性能力評価装置
広田 修玉川大)・山下喜市鹿児島大)・原澤克嘉日立情報通信エンジニアリング)・布施 優松下電器)・大畠賢一鹿児島大OCS2007-11
通常のレーザの出力光が待つ光子数の重ね合わせの特徴はコヒーレント状態と呼ばれる量子状態で記述される。この量子的特性は光通... [more] OCS2007-11
pp.7-12
OFT 2007-05-25
10:20
鹿児島 鹿児島大学 工学部 FBG光ファイバセンシングシステムにおける高速・高精度計測方式の検討
松迫拓朗渡辺裕司大畠賢一山下喜市鹿児島大)・安井修一東亜エルメスOFT2007-11
近年、電気式システムに代わるものとして、光ファイバセンサを用いたセンシングシステムの研究開発が活発に進められている。本稿... [more] OFT2007-11
pp.51-56
 7件中 1~7件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会