お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 10件中 1~10件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IA 2018-11-28
16:05
東京 秋葉原コンベンションホール 5階カンファレンスフロア(5B) Scalable ARP Snooping Using Policy Based Mirroring of Core Switches
Motoyuki OhmoriNaoki MiyataTottori Univ.IA2018-39
 [more] IA2018-39
pp.23-27
IA 2018-10-12
17:05
東京 東京大学 武田ホール On an Experiment of a Shared Wide Area Access Network Infrastructure for Japanese Universities regarding Work Style Reforms
Motoyuki OhmoriTottori Univ.)・Koji OkamuraKyushu Univ.IA2018-35
Japanese government has been trying to reform work style in ... [more] IA2018-35
pp.17-19
IA 2018-09-04
15:40
北海道 北海道大学学術交流会館 The Equal Longest Path First Reboot -- Rebooting Network Edge Switches in a Campus Network --
Motoyuki OhmoriMasayuki HigashinoTottori Univ.IA2018-29
Even in the era of Software Defined Network (SDN) or Softwar... [more] IA2018-29
pp.83-89
IA, SITE
(共催)
IPSJ-IOT
(連催) [詳細]
2017-03-03
15:40
沖縄 カルチャーリゾート フェストーネ (沖縄県宜野湾市) Struggling against New-Born Malwares Attached to Mails
Motoyuki OhmoriNaoki MiyataKiyoyuki NakashimaKenichi TakahashiTottori Univ.SITE2016-70 IA2016-100
We, Tottori University, have been experiencing targeted atta... [more] SITE2016-70 IA2016-100
pp.51-56
IA 2014-11-06
14:10
海外 タイ・チェンマイ Stable Renumbering in Link-State Routing Protocol Network
Kenji FujikawaNICT)・Motoyuki OhmoriTottori Univ.)・Hiroaki HaraiNICTIA2014-44
我々は、柔軟で頑強なネットワーク構築を目指し、
ネットワーク自動構築技術を研究開発してきた。
具体的な技術としては、... [more]
IA2014-44
pp.57-62
IA 2013-10-10
17:00
海外 ソウル Konkuk大 Introduction of Keyword Centric Network (KCN)
Koji OkamuraKyushu Univ.)・Motoyuki OhmoriTottori Univ.IA2013-29
ICN (Information Centric Network) は、従来の HCN (Host Centric
N... [more]
IA2013-29
pp.19-23
IA 2013-10-11
14:00
海外 ソウル Konkuk大 On a Prediction Algorithm of Arrivals of Mobile Terminal for a Green Wireless LAN System
Motoyuki OhmoriTottori Univ.)・Koji OkamuraKyushu Univ.IA2013-36
We can reduce unnecessary electric power that unused Access ... [more] IA2013-36
pp.53-56
IA 2012-10-18
14:30
海外 プーケット SLA Aware AP Power off Operations Based upon User Behaviors for Green WLAN
Motoyuki OhmoriChikushi Jogakuen Univ.)・Koji OkamuraKyushu Univ.IA2012-36
In this paper, we propose SLA (Service Level Agreement) awar... [more] IA2012-36
pp.13-18
IA 2011-02-18
10:05
東京 機械振興会館 トラフィックに応じた通信機器の給電制御に関する研究
大森幹之筑紫女学園大)・岡村耕二九大IA2010-71
近年,インターネットにおける通信機器の省電力化が求められている.そして,通信機器同士間を接続するリンクの速度を動的に変更... [more] IA2010-71
pp.1-6
RCS, AP, WBS, SR, MW, MoNA
(併催)
2006-03-02
11:20
神奈川 YRP 無線LAN でのMake-Before-Breakハンドオーバーの他方式比較とフィールド実証
平原正樹NICT)・森岡仁志真野 浩ルート)・太田昌孝東工大)・大森幹之筑紫女学園大)・長谷川幹雄井上真杉NICT)・王 載旭東大
Make-Before-Break ハンドオーバーは,IETF で提案されている方式に比べ,追加の遅延なしにパケット損失... [more] MoMuC2005-86
pp.13-17
 10件中 1~10件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会