お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICTSSL, CAS
(共催)
2022-01-21
10:40
東京 オンライン開催 環境を考慮した製造業に関する検討
周 沛涵JIGYO)・佐藤修一NAIL)・大塚 晃JIGYOCAS2021-63 ICTSSL2021-40
(ご登録済みです.開催日以降に掲載されます) [more] CAS2021-63 ICTSSL2021-40
pp.52-55
CAS, ICTSSL
(共催)
2021-01-28
10:45
ONLINE オンライン開催 ミャンマー経済成長に取組むべき教育の在り方
Nyi Ye Htet大塚 晃事業創造大CAS2020-41 ICTSSL2020-26
 [more] CAS2020-41 ICTSSL2020-26
pp.14-18
ICTSSL, CAS
(共催)
2020-01-31
09:20
東京 機械振興会館 災害予見向けのLPWAを用いた静止画伝送装置の実用化
吉岡良真前田和紀大日電子)・河合 智日本マイクロシステムズ)・大塚 晃事業創造大)・佐方陽一大日電子CAS2019-81 ICTSSL2019-50
近年のIoT技術の進化に伴い、災害予見のための遠隔監視システムが広がりつつある。そのなかでもLPWAを用いた遠隔監視が注... [more] CAS2019-81 ICTSSL2019-50
pp.91-95
ASN
(第二種研究会)
2015-12-04
14:00
海外 Singapore Management University, Singapore 920MHz無線ネットワークの省メモリルーティングプロトコルとその応用
滝田大介大塚 亮大塚 晃曽我部靖志三菱電機
 [more]
CS 2015-07-03
15:20
沖縄 イーフ情報プラザ(久米島) 低消費電力かつ高損失なネットワークにおけるマルチキャストアプリケーションと配信方式に関する検討
滝田大介石橋孝一大塚 晃曽我部靖志三菱電機CS2015-34
低消費電力かつ高損失なセンサーネットワークにおいて、マルチキャストの主なアプリケーションはファームウェアや設定情報の配信... [more] CS2015-34
pp.135-140
CS 2014-07-03
16:30
鹿児島 南種子町商工会会議室(種子島) [招待講演]マルチホップ無線メッシュネットワークにおける高効率データ配信方法の研究
飯島昌平大塚義浩大塚 晃曽我部靖志三菱電機CS2014-29
 [more] CS2014-29
pp.73-78
SRW 2014-06-16
14:50
神奈川 三菱電機(大船) 特定小電力無線通信におけるSINR推定に基づく受信アンテナ選択ダイバーシチ方式の検討
渡辺幸太朗大塚 晃曽我部靖志三菱電機SRW2014-10
 [more] SRW2014-10
pp.53-58
SRW 2014-06-16
15:15
神奈川 三菱電機(大船) 無線LAN高密度設置時におけるアクセスポイント選択方式の提案
石原功之郎横山陽介澤 健太郎大塚 晃曽我部靖志三菱電機SRW2014-11
無線LANアクセスポイント(AP:Access point)の設置台数は,利用者数の増加により高密度化が要求されており,... [more] SRW2014-11
pp.59-64
CS 2013-07-05
10:15
沖縄 複合型公共施設(与那国島) マルチホップ無線メッシュネットワーク環境における高効率データ配信方法
飯島昌平大塚義浩大塚 晃曽我部靖志三菱電機CS2013-25
数百台規模のワイヤレスM2Mシステムにおいて,無線機ソフトウェアの更新等を目的としてネットワーク上の多数のノードに効率的... [more] CS2013-25
pp.93-96
RCS, IN
(併催)
2013-05-16
16:00
東京 機械振興会館 [招待講演]M2Mと通信制御技術
藤江良一大塚 晃曽我部靖志三菱電機IN2013-18 RCS2013-28
モノとモノとの通信(M2M: Machine to Machine)は、従来の近距離通信から、大規模な広域型の通信に発展... [more] IN2013-18 RCS2013-28
pp.37-42(IN), pp.31-36(RCS)
CS, CQ
(併催)
2012-04-20
09:50
沖縄 石垣島官公労八重山会館 複数アクセス制御混在ネットワークにおける干渉回避方式
高塚雄也三好貴弘山内尚久大塚 晃横谷哲也三菱電機CS2012-15
テレメータリングや工場内のモニタリングなど,特定小電力無線を使用した大規模ネットワークにおけるデータ収集が注目を浴びてい... [more] CS2012-15
pp.83-88
CS, CQ
(併催)
2012-04-20
10:10
沖縄 石垣島官公労八重山会館 時刻同期を用いた間欠送受信制御に関する検討
早馬道也高塚雄也山内尚久大塚 晃横谷哲也三菱電機CS2012-16
センサネットワークやメータリングに無線を適用する場合,装置は,屋内外で長期間バッテリにより自律動作するものが多いため,低... [more] CS2012-16
pp.89-93
IN 2012-04-12
15:20
京都 京都府中小企業会館 [招待講演]M2Mと通信制御技術
大塚 晃相川秀斗永井幸政横谷哲也三菱電機IN2012-4
(事前公開アブストラクト) あらゆるモノをネットワークに接続し、情報を流通させるInternet of Things(I... [more] IN2012-4
p.19
CAS, CS, SIP
(共催)
2012-03-08
14:45
新潟 新潟大学駅南キャンパス「ときめいと」 [特別招待講演]Internet of Thingsを支える無線通信技術
大塚 晃永井幸政相川秀斗横谷哲也三菱電機CAS2011-130 SIP2011-150 CS2011-122
モノとモノとの通信(M2M: Machine to Machine)は、従来の近距離通信から、大規模な広域型の通信に発展... [more] CAS2011-130 SIP2011-150 CS2011-122
p.131
NS, RCS
(併催)
2011-12-16
13:15
山口 山口大学 小電力センサーネットにおける優先制御を考慮したコンテンションウィンドウ制御
相川秀斗角 武憲秋原正弥大塚 晃三菱電機RCS2011-265
消費電力の見える化やガス等の自動検針を目的として、あらゆるものに無線センサ端末を設置するセンサーネットワークが注目されて... [more] RCS2011-265
pp.191-194
RCS, AN, MoNA, SR, WBS
(併催)
2008-03-06
16:20
神奈川 YRP [特別講演]コグニティブ無線通信技術の研究開発報告
野原光夫KDDI研)・花岡誠之日立)・大塚 晃三菱電機)・竹内和則KDDI研)・山口 明ATRSR2007-96
逼迫した移動通信用周波数の一層の有効利用を目的として、コグニティブ無線に関する検討が各所で進められている。筆者らもこの一... [more] SR2007-96
pp.75-82
SR 2007-07-26
14:00
神奈川 YRP [技術展示]コグニティブ無線通信技術に関する研究開発 ~ コグニティブ無線チャネル創造技術 ~
久世俊之内田 繁澤 健太郎大塚 晃石津文雄三菱電機SR2007-20
本稿では、総務省委託研究「コグニティブ無線通信技術の研究開発」の研究課題である「コグニティブ無線チャネル創造技術」におけ... [more] SR2007-20
pp.5-8
RCS, MoNA, WBS, SR, MW
(併催)
2007-03-07
09:40
神奈川 YRP コグニティブ無線通信を適用した災害対策用基地局間無線ネットワーク設計
野原光夫樫木勘四郎KDDI)・竹内和則KDDI研)・内海義則大塚 晃三菱電機SR2006-68
コグニティブ無線の一応用として災害時の無線基地局間ネットワーク構築への適用が考えられる。災害時には被災地域に緊急通信代替... [more] SR2006-68
pp.13-18
SR 2006-11-29
16:20
北海道 北海道大学 コグニティブ無線通信における高信頼伝送制御方式の検討
内田 繁澤 健太郎久世俊之大塚 晃石津文雄三菱電機SR2006-47
同一,または複数無線システムの2以上の無線チャネルを適応的に選択し,同時利用,或いは時間的に切り替え利用する「コグニティ... [more] SR2006-47
pp.41-46
SR 2006-11-29
16:45
北海道 北海道大学 高信頼伝送制御の無線通信システム適用に関する検討
澤 健太郎内田 繁久世俊之大塚 晃石津文雄三菱電機SR2006-48
コグニティブ無線通信では、高い周波数効率を実現するために再送制御技術が重要な役割を果たす。しかし、従来ARQ(Autom... [more] SR2006-48
pp.47-52
 23件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会