お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
お知らせ 5月26日(木) 10:00~13:00(予定),Webサーバ本体のリプレイス作業のため,システムを停止させます.
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
14:15
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 人共存型自律移動ロボットにおけるステレオカメラと機械学習を用いた周辺人物の状態認識および行動予測
林 正晃大谷 淳早大)・大和淳司工学院大)・亀﨑允啓早大/JSTさきがけ)・斎藤恭介濱田太郎櫻井絵梨子菅野重樹早大
近年,主要先進国では人口減少や少子高齢化の対策として人の労働力に代わる自律移動ロボットの開発が進んでいる.自律移動ロボッ... [more] IMQ2021-52 IE2021-114 MVE2021-81
pp.216-221
IMQ, MVE, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2022-03-11
15:05
ONLINE オンライン開催 (Zoom) 人共存型パーソナルモビリティに搭載されたカメラにより獲得される動画像からの深層学習に基づく屋外路面の通行容易性推定
中山瑛介大谷 淳早大)・大和淳司工学院大)・亀﨑允啓早大/JSTさきがけ)・葛西優介菅野重樹早大
本論文では,パーソナルモビリティ(PM)が屋外環境で安心,安全,快適な自律走行を行うために,屋外路面の通行容易性を定義し... [more] IMQ2021-54 IE2021-116 MVE2021-83
pp.228-233
CNR 2021-07-07
13:00
ONLINE オンライン開催 複数台ロボット環境におけるHRI分析のためのユーザ動作計測
増田琢弥大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTTCNR2021-1
 [more] CNR2021-1
pp.1-3
MVE, IMQ, IE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2021-03-03
09:20
ONLINE オンライン開催(崇城大学から変更) 環境モニタリングロボットを用いた夜間森林環境モニタリングにおけるSegNetを用いた環境認識と3次元マップ生成に関する研究
金子丈朗早大)・大和淳司工学院大)・石井裕之大谷 淳高西淳夫早大IMQ2020-29 IE2020-69 MVE2020-61
本稿は, 害獣による農作物の被害やクマによる人的被害が社会的問題となっていることを踏まえ, その原因となっている里山の管... [more] IMQ2020-29 IE2020-69 MVE2020-61
pp.91-96
IE, IMQ, MVE
(共催)
CQ
(併催) [詳細]
2020-03-05
10:45
福岡 九州工業大学 戸畑キャンパス
(開催中止,技報発行あり)
環境モニタリングロボットの自己位置推定法選択のためのRGBカメラ画像に対する深層学習による空認識の検討 ~ GNSSかVisual SLAMの選択 ~
鈴木泰貴金子丈朗林 拓哉森本純矢早大)・大和淳司工学院大)・石井裕之大谷 淳高西淳夫早大IMQ2019-16 IE2019-98 MVE2019-37
日本では近年,野生動物による農作物被害や人的被害が発生している.そのため,森林を自律的に探索するロボットによる定期的なモ... [more] IMQ2019-16 IE2019-98 MVE2019-37
pp.11-16
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2019-12-11
- 2019-12-13
広島 広島県情報プラザ(広島) 複数台対話ロボットとの対話におけるユーザの言語・非言語情報を用いた対話意欲推定
丸山洸太大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTT
対話ロボットとユーザが対話する状況において,ユーザの「話したい」「話したくない」といった対話意欲を考慮することは,ロボッ... [more]
PRMU 2019-10-18
15:05
東京 東京大学 環境モニタリングロボットのためのRGBカメラ及び深度センサを用いた路面状況認識 ~ SegNet-BasicとENetの比較および高さと曲率特徴の比較 ~
林 拓哉金子丈朗森本純矢早大)・大和淳司工学院大)・石井裕之大谷 淳高西淳夫早大PRMU2019-39
本稿では,近年災害や獣害被害により期待が増しているロボットによる環境モニタリングの実現に必要な自律的探索機能を実現するた... [more] PRMU2019-39
pp.41-46
CNR 2019-08-29
09:30
北海道 札幌市資料館 複数台対話ロボットとの対話がユーザストレスに及ぼす影響の分析
丸山洸太大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTTCNR2019-14
人が対話を行うときは言語情報だけでなく非言語情報からもその人の状態や態度をある程度知ることができる.対話参与者... [more] CNR2019-14
pp.13-17
HCGSYMPO
(第二種研究会)

三重 シンフォニアテクノロジー響ホール伊勢(伊勢市) 複数台対話ロボットとの対話におけるユーザの対話意欲の変動要因分析
丸山洸太大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTT
本稿では,ユーザと対話ロボットが対話するときのユーザの対話意欲が変動する要因について分析した.特に対話ロボ... [more]
CNR 2018-08-21
14:10
北海道 札幌市資料館 複数の対話ロボットによる対話破綻回避戦略に関する評価実験
丸山洸太・○大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTTCNR2018-13
 [more] CNR2018-13
pp.13-14
PRMU, BioX
(共催)
2018-03-19
13:30
東京 青山学院大学 青山キャンパス [フェロー記念講演]画像認識とコミュニケーション分析
大和淳司工学院大BioX2017-65 PRMU2017-201
標記分野における筆者の研究を概観し、関連分野のこれまでの技術発展と応用の動向について述べる.動作認識、マルチモーダル多人... [more] BioX2017-65 PRMU2017-201
p.177
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2017-12-13
- 2017-12-15
石川 金沢歌劇座(金沢) 対話破綻における複数メディアによる一人称視点での評価変動の分析
北條駿伸前澤瑠星大和淳司工学院大)・杉山弘晃NTT
対話ロボットとの対話において2台目のロボットを介入させることによる対話破綻の緩和可能性について検討を行った. 白石ら[1... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2016-12-07
- 2016-12-09
高知 高知市文化プラザかるぽーと グループディスカッションにおける言語/非言語行動の表出と評価者評価の関係の分析
中山知大徳永弘子東京電機大)・大和淳司工学院大)・武川直樹東京電機大
本発表では,就職活動のグループディスカッションにおける話者の発言を評価者が評価する際の,発言内容,発話行動,非言語行動の... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 集団的一人称視点映像解析に基づく複数人対話の自動視線分析
熊野史朗大塚和弘石井 亮大和淳司NTT
本稿では,全員が内向き・外向きの双方向を撮影するウェアラブルカメラを装着した 複数人対話を対象として, 個人の特性や内部... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2015-12-16
- 2015-12-18
富山 富山国際会議場 グループディスカッションの参加者の議論力向上のための論理的/非論理的発言の考察
中山知大徳永弘子東京電機大)・大和淳司NTT)・武川直樹東京電機大
本発表では就職活動のグループディスカッション(GD)における,発言の論理構造,内容,評価の関係を検討する.GDにおいて参... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 沈黙時にロボットが表出する音声/動作フィラーが会話の場に与える効果
君島啓太武川直樹東京電機大)・大和淳司NTT
人は会話沈黙時に気まずさを感じ「ウーン」などの音声フィラーや,「口元に触れる」などの動作フィラーを無意識に表出する.これ... [more]
HCGSYMPO
(第二種研究会)
2014-12-17
- 2014-12-19
山口 海峡メッセ下関 複数人対話での話者交替に関する頭部動作の分析 ~ 次話者と発話開始タイミングの予測モデルの構築に向けて ~
石井 亮大塚和弘熊野史朗大和淳司NTT
複数人対話において,参加者の頭部動作と話者交替および次話者との関連性を分析し,頭部動作を用いて次に誰が次話者になるかを予... [more]
HCS 2014-08-23
10:30
京都 立命館大学朱雀キャンパス 複数人対話での話者交替に関する呼吸動作の分析 ~ 次話者と発話開始タイミングの予測モデルの構築に向けて ~
石井 亮大塚和弘熊野史朗大和淳司NTTHCS2014-49
複数人対話において,次話者と発話開始タイミングを予測可能なモデルの構築を目指して,本研究では参加者の呼吸動作に着目し,発... [more] HCS2014-49
pp.35-40
HCS 2013-03-05
15:15
静岡 ホテルウェルシーズン浜名湖 視線一致範囲測定に関する探索的検討 ~ 疎らな実験データの解析 ~
松田昌史NTT)・本間元康国立精神・神経医療研究センター)・石井 亮熊野史朗大塚和弘大和淳司NTTHCS2012-108
人は他者が自分の顔面方向に視線を向けている時,必ずしも目と目が合っていなくても視線一致していると知覚する.人がアイコンタ... [more] HCS2012-108
pp.173-178
HCS 2013-01-25
10:45
高知 高知市文化プラザ かるぽーと アイコンタクト知覚範囲の性差に関する探索的検討 ~ 社交性不安およびアイコンタクト相手の性別の影響 ~
松田昌史NTT)・本間元康国立精神・神経医療研究センター)・石井 亮熊野史朗大塚和弘大和淳司NTTHCS2012-67
人は他者が自分の顔面方向に視線を向けている時,必ずしも目と目が合っていなくてもアイコンタクト(視線一致)していると知覚す... [more] HCS2012-67
pp.77-82
 36件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会