お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 63件中 1~20件目  /  [次ページ]  
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
IN, RCS, NV
(併催)
2020-05-22
11:00
ONLINE オンライン開催 リソース分離型マイクロデータセンターにおけるリモートメモリ活用手法の性能評価と考察
生駒昭繁大下裕一村田正幸阪大IN2020-6
 [more] IN2020-6
pp.25-30
NS, IN
(併催)
2020-03-05
09:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 通信状況が不安定な環境下における予測に基づく複数制御コマンド同時送信によるロボットの遠隔制御
大下裕一阪大)・安田真也熊谷太一吉田裕志金友 大NEC)・村田正幸阪大IN2019-84
 [more] IN2019-84
pp.49-54
NS, IN
(併催)
2020-03-05
09:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 移動ロボットの遠隔制御におけるベイズ推定を用いた環境同定手法の提案と実装
松田拓己大下裕一村田正幸阪大IN2019-85
 [more] IN2019-85
pp.55-60
NS, IN
(併催)
2020-03-06
09:30
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 新たに発生した異常に対応する説明を提示するシステム
大下裕一村田正幸阪大IN2019-113
 [more] IN2019-113
pp.207-212
NS, IN
(併催)
2020-03-06
09:50
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 互いのプライバシ情報を共有せずユーザの行動情報を相互利用するためのフレームワーク
山内雅明大下裕一村田正幸阪大IN2019-114
ネットワーク経由で操作可能なホームIoT機器の普及に伴い、IoT機器を対象としたサイバー攻撃も増加している。特に、攻撃者... [more] IN2019-114
pp.213-218
NS, IN
(併催)
2020-03-06
10:10
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 家庭活動の状況推定を用いたスマートホームネットワークの異常検出手法
田中雅弘山内雅明大下裕一村田正幸阪大)・上田健介加藤嘉明三菱電機IN2019-115
本研究では、家庭活動の状況推定を用いたホームIoTデバイスの不正検知手法を提案する。
本手法では、宅内の状況に関連する... [more]
IN2019-115
pp.219-224
NS, IN
(併催)
2020-03-06
14:00
沖縄 Royal Hotel 沖縄残波岬 脳の認知機能モデルを用いた交通流センシング情報に基づくネットワーク内資源配分制御の評価
安 世民大下裕一村田正幸阪大IN2019-135
各サービスが要求する品質を満たすように、各サービスのトラヒックを収容することがネットワークには求められている。ネットワー... [more] IN2019-135
pp.339-344
RISING
(第二種研究会)
2019-11-27
13:55
東京 東京大学本郷キャンパス 福武ラーニングシアター [ポスター講演]脳の認知機能モデルを用いた複数ネットワークスライスへの実世界情報協調型資源割り当て制御
安 世民大下裕一村田正幸阪大
ネットワークを介して提供される多様なサービスごとの要件に応じてネットワークリソースを効率的に配分する為の手法である、ネッ... [more]
IN, NS
(併催)
2019-03-05
14:30
沖縄 沖縄コンベンションセンター 脳の情報処理機構にもとづく実世界協調予測型ネットワーク資源制御の一考察
佐竹幸大安 世民大下裕一村田正幸阪大IN2018-133
 [more] IN2018-133
pp.295-300
ITS, IE
(共催)
ITE-MMS, ITE-HI, ITE-ME, ITE-AIT
(共催)
(連催) [詳細]
2019-02-20
16:00
北海道 北海道大学 [招待講演]スマートホームにおけるユーザ行動の学習に基づく異常検知手法 ~ ICCE2019報告 ~
山内雅明大下裕一村田正幸阪大)・上田健介加藤嘉明三菱電機
近年、家電のような機器までネットワークに接続されるようになり、それらの機器を対象とした不正操作のリスクが高まっている。し... [more]
CNR
(共催)
MoNA, IN
(併催) [詳細]
2018-11-15
16:05
佐賀 唐津市民交流プラザ [招待講演]通信ネットワークを介した遠隔制御手法と複数ロボットによる協調搬送への応用
吉田裕志安田真也熊谷太一NEC)・大下裕一阪大)・里田浩三NEC)・村田正幸阪大IN2018-55 MoNA2018-32 CNR2018-29
通信ネットワークを介して外部のセンサやコンピュータを活用してロボットを遠隔制御することで,ロボットの機能や性能の大幅な向... [more] IN2018-55 MoNA2018-32 CNR2018-29
pp.19-24(IN), pp.61-66(MoNA), pp.67-72(CNR)
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
16:00
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御のアーキテクチャの検討
大下裕一阪大)・安田真也熊谷太一吉田裕志里田浩三NEC)・村田正幸阪大IN2018-14
本稿では、ロボットが動作する環境におけるロボットの状態を監視するセンサーが配置されている状況下において、無線ネットワーク... [more] IN2018-14
pp.9-14
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
16:25
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御の実機実験
安田真也NEC)・大下裕一阪大)・熊谷太一吉田裕志里田浩三NEC)・村田正幸阪大IN2018-15
本稿では,環境センサーを用いたロボットの無線遠隔制御を実際の移動ロボットを用いて実験を行った結果を報告する.環境センサー... [more] IN2018-15
pp.15-20
IN, CCS
(併催)
2018-08-01
16:50
北海道 きたゆざわ 森のソラニワ 無線ネットワークを経由した移動ロボットの遠隔操作におけるベイズ推定を用いた環境同定手法
松田拓己大下裕一村田正幸阪大IN2018-16
 [more] IN2018-16
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 人の脳情報処理プロセスに着想を得た動的な予測形トラヒックエンジニアリング手法
佐竹幸大大下裕一村田正幸阪大IN2017-93
インターネットを流れるトラヒックは、量・時間変動ともに増大しており、時間変動の大きなトラヒックを効率的に収容する技術が求... [more] IN2017-93
pp.21-26
NS, IN
(併催)
2018-03-01
09:20
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート 災害時のセルラーネットワークにおける不確実な観測情報に基づくトラヒックエンジニアリング
佐竹幸大・○大下裕一阪大)・石橋圭介星合擁湖NTT)・村田正幸阪大IN2017-94
災害時には、安否状態の確認、災害状況、避難情報等による通信トラヒック需要が急増するとともに、通常
との異なる人流発生が... [more]
IN2017-94
pp.27-32
NS, IN
(併催)
2018-03-02
09:00
宮崎 フェニックス・シーガイア・リゾート パレート最適制御に基づく進化的ネットワーク省電力化手法
秋下耀介大下裕一村田正幸阪大IN2017-113
近年,ネットワークにおける消費電力の増加は大きな課題となっており,不要なネットワークの機器やサーバをスリープさせ,ネット... [more] IN2017-113
pp.141-146
IA, IN
(併催)
2017-12-14
16:20
広島 広島市立大学 特徴量写像関数の学習による類似インシデント検索
大下裕一村田正幸阪大IN2017-57
 [more] IN2017-57
pp.67-72
IA, IN
(併催)
2017-12-14
16:45
広島 広島市立大学 スマートホームIoTにおけるユーザ行動の学習に基づく異常検知手法
山内雅明大下裕一村田正幸阪大)・上田健介加藤嘉明三菱電機IN2017-58
近年、家電のような機器までネットワークに接続されるようになり、それらの機器を対象としたサイバー攻撃も発生するようになった... [more] IN2017-58
pp.73-78
NS, IN
(併催)
2017-03-02
09:10
沖縄 沖縄残波岬ロイヤルホテル 予測型トラヒックエンジニアリングのためのソーシャルメディアデータからトラヒック変動に関する情報の抽出
河島滉太大下裕一村田正幸阪大IN2016-98
モバイル端末の普及に伴い、通信ネットワークに流れるトラヒック量は、量・変動ともに増大している。これに対し、変動するトラヒ... [more] IN2016-98
pp.7-12
 63件中 1~20件目  /  [次ページ]  
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会