お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2022年6月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
研究会 開催スケジュール
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
    [Japanese] / [English] 
研究会名/開催地/テーマ  )→
 
講演検索  検索語:  /  範囲:題目 著者 所属 抄録 キーワード )→

すべての研究会開催スケジュール  (すべての年度)

講演検索結果
 登録講演(開催プログラムが公開されているもの)  (日付・降順)
 6件中 1~6件目  /   
研究会 発表日時 開催地 タイトル・著者 抄録 資料番号
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2022-03-08
14:00
ONLINE オンライン開催 ソフトウェア差分に着目したIoT機器サプライチェーンセキュリティ上の課題発見と大規模実態調査
白石周碁吉元亮太岡山大)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・山内利宏岡山大/JSTさきがけICSS2021-76
IoT機器の普及に伴ってIoT機器を標的とした攻撃によるセキュリティインシデントの発生が増加しているにも関わらず,既存の... [more] ICSS2021-76
pp.105-110
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2021-03-01
14:55
ONLINE オンライン開催(ハイブリッド開催から変更) 適応的サンドボックスによる持続感染型IoTマルウェアの動的解析
井上貴弘横浜国大)・原 悟史横浜国大/富士ソフト)・榊 博史岡田晃市郎横浜国大/レインフォレスト)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・佐々木貴之田辺瑠偉吉岡克成中尾康二松本 勉横浜国大ICSS2020-41
脆弱なIoT機器に感染するマルウェアの高度化が進みつつある.従来のIoTマルウェアとは異なり,機器の再起動後も永続的に感... [more] ICSS2020-41
pp.90-95
ICSS, IPSJ-SPT
(連催)
2020-03-02
13:30
沖縄 沖縄県青年会館
(開催中止,技報発行あり)
ファームウェアに着目したIoT機器のセキュリティ機能の調査
白石周碁福本淳文岡山大)・塩治榮太朗秋山満昭NTT)・山内利宏岡山大/JSTさきがけICSS2019-74
IoT機器の利用の広まりに伴い,IoT機器を標的とした攻撃が増加している.ここ数年では,脆弱なパスワードを狙った攻撃が多... [more] ICSS2019-74
pp.37-42
EMM, ISEC, SITE, ICSS
(共催)
IPSJ-CSEC, IPSJ-SPT
(併催)
(連催) [詳細]
2012-07-19
15:25
北海道 北海道工業大学 プログラムコードの擬似分散による不正制御フローの検知
塩治榮太朗川古谷裕平岩村 誠針生剛男NTTISEC2012-24 SITE2012-20 ICSS2012-26 EMM2012-16
コード再利用攻撃などに見られる、メモリ領域を破壊しポインタを書き換えることにより実行中のプログラムの制御フローを不正に変... [more] ISEC2012-24 SITE2012-20 ICSS2012-26 EMM2012-16
pp.103-108
ICSS 2011-03-25
15:10
東京 開催中止 メモリアクセス値のエントロピーに基づく自動アンパッキング
塩治榮太朗川古谷裕平岩村 誠伊藤光恭NTTICSS2010-63
マルウェアにはパッキングと呼ばれる難読化処理によって圧縮や暗号化が施されていることが多い.そのため,その静的解析を行うた... [more] ICSS2010-63
pp.41-46
IT, ISEC, WBS
(共催)
2010-03-05
16:10
長野 信州大学長野(工学)キャンパス より強力な盗聴者に対するMRD符号に基づくユニバーサルセキュアネットワーク符号化の脆弱性
塩治榮太朗松本隆太郎植松友彦東工大IT2009-143 ISEC2009-151 WBS2009-122
任意の構成済みのネットワーク符号に適用可能であるような、MRD符号に基づいたユニバーサルセキュアネットワーク符号化方式が... [more] IT2009-143 ISEC2009-151 WBS2009-122
pp.455-460
 6件中 1~6件目  /   
ダウンロード書式の初期値を指定してください NEW!!
テキスト形式 pLaTeX形式 CSV形式 BibTeX形式
著作権について : 以上の論文すべての著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会